登りはよかったんだけどね。下りは死んだ。
  ●
日曜日は雨予報だったので、土曜日に山行。

今日の山は先日、BS朝日だったか、
「そこに山があるから」で本上まなみさんが登ったのと
同じルートでリトル比良へ。

一般コースの近江高島駅→縦走→北小松駅ではなく、
近江高島駅→やや縦走→近江高島駅をピストンではなくぐるっと回るコース。

具体的には、
近江高島駅→白坂→岳山→オーム岩→鳥越峰→見張山→近江高島駅


ちょうどハイカットの登山靴を買い替えたこともあり、

試し履きを短いコースで歩くことにした。
  ●
このコース、登りは楽しいんだけど、
鳥越峰→見張山→駅が、同じ滋賀の「蓬莱山からの下山」よりも
つまらなかった。そして道は悪くないのに歩きづらくしんどかった。
  ●
JR近江高島駅に隣接する駐車場に車を停め(24時間300円)、
すぐそばのローソンで買い物をして出発。

最初は20分ほど舗装道路。
DSC02072
案内標識もしっかりしてる。
DSC02073
長谷寺のわきの道を通って登山口へ。
DSC02074
自然林のなかを登っていく。このルートはほとんどが自然林。
DSC02075
古い石碑。昔から使われていたんだろうね。
DSC02076

「賽の河原」の立て札がある場所。古くから登られていたんだろうね。
DSC02078
この登りのコースは歩きよい。
DSC02079

DSC02081
草深いながらもシダだったので特に歩行の邪魔されることなく進む。
DSC02083
で、石灯籠のある中腹。
ここからの見晴らしはいい。
高度は低いものの琵琶湖と近江高島の街が望める。

DSC02086
その先にある白坂にもコースを外れ寄ってみた。
DSC02092
冬山のアイゼン練習にも使う場所だけに足場が切れるともう登れずw
DSC02091
今日はもう暑い。夏山。
時折良い風が通るものの、暑いものは暑いのだ。
DSC02080
こちら側のルートは時折視界が開ける。
ヘリ救難もしやすいんだろうな。
DSC02071
岳山山頂に行く手前にある像。
ここから結構急坂。
DSC02098
山頂。何も見えず・・・。
DSC02099
ただ、時折、花。
DSC02106

DSC02107

DSC02100
そしてごはんにする。
DSC02102
その先にあるのが、オウム岩。
ちょうど分岐のすぐわきにこんな見晴らしが待っていた。
DSC02113
登山口から抜いたり抜かれたりしていた人にこの場所を教えてもらったのだが、
その人はもと来たルートを戻っていった。
「ピストン?なぜ同じルートを通るんだろう?」と思っていた理由が
後から思い知ることになる。

ここからはオウム岩から鳥越峰まで登ったらあとは下り。
  ●
ずっと下りで楽だと思っていたら、ちっとも楽ではない。
道が細いのはよくあることだが、
両脇から木の枝と葉がせり出して細い道を塞ぐので、
トレッキングポールが引っかかる。
また道の凹凸が見えないので、何度も躓いた。

一瞬道をロスト
(ヤマレコをみると同じこの場所で迷っている人が多いみたいw)。

途中、中継点になるような場所がないので、
ずっと同じ景色が続く。楽しいはずの自然林の道が退屈に思えてくる。

そりゃ、この道を下山道にしないわけだ。

で、何も見えない見張山を経由して、駅へ。
DSC02117
約2時間の下山道。

早く着いてくれと思っていたので、写真もなし。
途中一か所だけ見晴らしの良いところもあったけど、特に印象なし。
  ●
やっぱりテレビ番組は、いい場所だけ選んで、
「上手に編集するわ」と思った山行でした。

約11km、約6時間。