中性脂肪の取り方

中性脂肪が高いとか低いとか言いますが、皆さんはこの中性脂肪ってなんだかご存知ですか? 実は中性脂肪そのものは別に悪くないのです。コレステロールとの関係でどうしても勘違いされてしまうんですね。中性脂肪の性格を知るとともに、どうしたらうまく中性脂肪と付き合っていけるか見ていきましょう。

ブログネタ
美容なんでも情報 に参加中!


最近よく取り上げられている中性脂肪。中性脂肪が溜まると肥満や成人病になりやすくなります。中性脂肪を減らす為にこんな料理はいかが?普段の料理にちょっとした中性脂肪対策料理を加えてみるのはいかがでしょうか?

料理1:野菜鍋
食物繊維は余分な中性脂肪を排出してくれる働きがあります。料理にするのなら野菜鍋がおすすめです。野菜を沢山入れれば出汁に野菜のうまみがしみ込んで美味しく食べられます。
料理2:茶ふりかけ
お茶にはカテキンが含まれていますが、食事中に摂ると中性脂肪の上昇を抑えてくれます。飲物はもちろん、料理にも。茶葉をごまやわかめ、海苔などと合わせてふりかけにすれば美味しく簡単に摂る事が出来ます。
料理3:大根のステーキ
野菜の中でも大根は中性脂肪を減らす働きが強いです。輪切りにした大根をフライパンで焦げ目がつくまで両面焼き、醤油と酒を人煮立ちさせた和風ソースをかければ、美味しい大根ステーキになります。
料理4:梅干混ぜご飯
梅にはクエン酸が含まれています。これが中性脂肪の上昇を抑えてくれます。梅干を細かく叩いてごま、ちりめんじゃこ、醤油と混ぜて最後にきざみのりを乗せます。
料理5:鯖のつみれ
魚に含まれるDHAは中性脂肪を軽減する効果があります。その中でも中性脂肪を下げる効果が高い鯖を細かく叩いてつみれにし、鍋やスープに入れてみましょう。

ブログネタ
美と健康生活 に参加中!
肌を出す事が多いこの季節、お腹に付いたお肉が凄く気になる…。よくいう中性脂肪ってヤツはこれなのか??というわけで最近出ている「中性脂肪を減らすお茶」って効果の程はどうなの?と思い、色々買ってみました。
そもそも中性脂肪っていうのは何なのか?皮下脂肪とか内臓脂肪とか言われるのは全部この中性脂肪の事なんだとか。食事を制限するのは厳しいけど、中性脂肪を抑制するお茶なら気軽に取れそうだもんね。
まずはウーロン茶ポリフェノールが含まれている烏龍茶。食事の時に飲めば効果的に中性脂肪が増えるのを抑えてくれるのだとか。味は普通の烏龍茶と殆ど変わらないので、いつものお茶感覚で飲めますよね。
次にカテキンの入った緑茶。緑茶もコンビニなどでよく売られているので気軽に買えます。カテキンは中性脂肪が上がるのを防いでくれるのだとか。一口にカテキンと言っても緑茶には数種類のカテキンが入っているので、中性脂肪のみならずコレステロールも低くしてくれるんだとか。まさに一石二鳥!ですね。
最後はフラバンジェノールの入ったお茶。ポリフェノールの一種だそうで、松の樹皮から取れたモノ。これが中性脂肪が増えるのを防いでくれるのだそうです。割と飲みやすく、味は緑茶に近い感じです。
これらを飲んで、中性脂肪ダイエットが成功したら、カワイイ水着を買っちゃいます!

ブログネタ
ビリーズブートキャンプ に参加中!

最近、中性脂肪という言葉を目にします。中性脂肪とは体の脂部分の事を言います。この中性脂肪が増えると肥満や成人病になりやすくなります。中性脂肪を減らす方法は色々ありますが、身近なのは食事療法です。一番メジャーな療法ですが、この療法を加えるだけでもかなりの効果です。この食事療法、簡単なようでいて挫折する人は多いのではないでしょうか?急激に食べることを減らしたりするとリバウンドしかねません。ではどういう食事療法がいいのでしょうか?ここでは療法を正しく学んで中性脂肪を無理なく減らしていくお手伝いをしましょう。

中性脂肪が増えない様、食事のときに摂り過ぎてはいけないものは何でしょう?まずは糖質。中性脂肪が増える原因のひとつです。甘いものが好きな人又はお酒が好きな人はなるべく控えるようにしましょう。お酒ならビールだと一日中ビン1本が目安です。
次に炭水化物。カーボカウンティングという食事療法がありますが、炭水化物をコントロールする食事療法のことです。炭水化物はエネルギーの源ですが、摂り過ぎると中性脂肪を増やす事になります。
また、食事する時間帯も重要なポイントです。深夜に食事すると中性脂肪が貯蓄しやすいのでご注意を。
食事療法で大切なのは、様々な栄養分をバランス良く摂ることです。正しい食事療法を実行すれば、着々と確実に中性脂肪は減少していくのです。

ブログネタ
健康ダイエット運動 に参加中!
最近テレビや雑誌のダイエット特集でよく上げられている中性脂肪。中性脂肪は体の脂肪分です。皮下脂肪とか内臓脂肪とかありますが、これらは全て中性脂肪が増えて出来たものです。これが多すぎると肥満になったり成人病を引き起こす事になります。そうならないためにも正しい食事療法や運動で中性脂肪を減らすダイエットをしましょう。

中性脂肪を減らすダイエットで必要なのが食事の栄養バランス。これはどんなダイエットでも重要ですが、糖分と脂質の多い食物は摂り過ぎないこと。摂りすぎると貯蓄していき肥満に繋がりますので、一日の量をコントロールしましょう。無理な食事制限ダイエットは、リバウンドも起こしかねません。ダイエットには必ず停滞期があります。停滞期とは、初期段階では着々と減っていく体重が、それ以降になると体重の減りが悪くなる時期の事です。この時期は食事量が減った事により体が反応し、消費エネルギーを維持しようとするからです。なのでこの時期に入っても諦めないでダイエットを続けていきましょう。最近は中性脂肪が上がるのを防ぐ飲物やサプリも販売しています。
中性脂肪を減らすための運動によるダイエットですが、運動=中性脂肪を減らすダイエットという事ではありません。これらを習慣づけることで中性脂肪がつきにくくなるのは事実です。
中性脂肪ダイエットは、無理なく正しく続ける事が大事です。

ブログネタ
失敗しないダイエット法って知ってる? に参加中!
今巷で話題になってる中性脂肪。中性脂肪を抑える為に不可欠なのが食事制限。でも忙しい毎日を送っている人には難しい事ですよね。では普段の食事にサプリメントを加えてみるのはいかがでしょう?サプリメントを上手に使用して、中性脂肪をコントロールしましょう。
一口にサプリメントと言っても種類は豊富です。
黒酢系:中性脂肪を下げる働きのある黒酢は、普通では飲みにくいのですが、サプリメントなら手軽に摂取できます。
グロビン蛋白分解物系:最近注目されている成分のサプリメント。中性脂肪を燃焼する働きを持っています。
キトサン系:キトサンダイエット、よく耳にしますよね。食べ物の油分を吸収してくれるサプリメントです。食べ過ぎてしまった時にこれを飲んで中性脂肪が増えるのを抑制出来ます。
L-カルニチン系:中性脂肪の燃焼を促すサプリメントです。スポーツなどで燃焼する際に助けになるサプリメントです。
クロム系:血糖値が上がるのを防いだり、中性脂肪を減少させ、正常にさせるサプリメント。糖尿病予防にも。ただし摂り過ぎは禁物。一日の摂取量をよく守って下さい。
アミノ酸系:中性脂肪の燃焼を促します。サプリメントのみならず、スポーツドリンクにもよくアミノ酸配合は多いです。
カテキン系:緑茶に多く含まれている成分です。中性脂肪を減らしていく働きがあります。

ブログネタ
ダンス に参加中!
中性脂肪は誰にでもあるものです。では,なぜ中性脂肪の量に差があるのでしょうか。人はみなそれぞれ体質が異なりますので,もともと太りやすい,つまりコレステロールがたまりやすい人もいます。ですが中性脂肪に関係しているのは,主に食事を含めた生活習慣にあると言えます。

中性脂肪の少ない人の食事はどのようなものでしょうか。一般的に言って,バランスの取れた食事を摂っている人がほとんどです。肉類などの脂っこい食事が原因だと言われることもありますが,こうした食事が全く駄目というわけではありません。中性脂肪の少ない人でも,脂っこい食事が好きな人もいます。要は,一回の食事のメニューではなく,三回(一日)の食事のメニューが重要なのです。三回の食事のうち,一回は肉類中心だとしましょう。しかし残りの二回の食事を野菜中心にするなら,一日の食事のバランスを十分に保つことができているので,中性脂肪が多くなるということはないのです。

またどのタイミングで食事を摂るかも,コレステロールには関係しています。普通は,お腹がすいたときに食事を摂ります。しかし,お腹があまりすいていないのに食事を摂ってしまうと,中性脂肪が増える要因になってしまうのです。これはつまり,間食が多い人ほど中性脂肪が高くなりやすいということでもあります。中性脂肪を減らしたいと思うなら,まず食事を見直してみると良いかもしれません。

ブログネタ
フラメンコ教室情報 に参加中!
中性脂肪が注目されるようになって久しくなりますが,大抵の場合,悪者扱いされています。それが原因で生活習慣病になり,寿命を縮める原因になるとも言われています。しかしそれらの病気は,中性脂肪だけに原因があるわけではありません。中性脂肪は体に必要なエネルギーが蓄えられている証拠でもあるからです。もちろん,中性脂肪が多いと体に悪影響が生じやすくなりますが,そのときに関係してくるのが悪玉コレステロールです。

悪玉コレステロールは中性脂肪と大の仲良しと言っても過言ではありません。悪玉コレステロールが増えてくると,血管内で悪さをするようになります。血管に小さな傷ができたときに,悪玉コレステロールは血管の傷に付着する傾向があります。いったん付着すると,次から次へと悪玉コレステロールが付着し,ついには動脈硬化になってしまうのです。

しかし人間の体は良くできているものです。血管に付着した悪玉コレステロールを取り除く役割を果たすのが,善玉コレステロールです。それで健康番組などでも,善玉コレステロールを増やす食事を摂るように勧めているのです。ところがこの善玉コレステロールの働きを妨害するものがあります。それが中性脂肪です。これが血液中に増えてくると,善玉コレステロールをどんどん追い払ってしまうのです。それだけでなく,中性脂肪は悪玉コレステロールと一緒になって血管に付着してしまい,動脈硬化をより早めてしまうこともあります。このように考えると,中性脂肪と悪玉コレステロールが一緒になったときに,体への害が大きくなると言えるでしょう。

ブログネタ
健康マニア に参加中!
健康診断で,中性脂肪の数値が危険と言われたとき,同時にコレステロールの数値も高いと言われたことはないでしょうか。基本的に言って,中性脂肪とコレステロールには深い関係があります。中性脂肪が高い場合は,コレステロールも高くなることが多くあります。しかし中性脂肪は問題ないのに,コレステロールが高いこともあるので,それらとコレステロールの関係を一概に言うことはできません。

コレステロールには善玉コレステロールと悪玉コレステロールがあり,中性脂肪が高いときには悪玉コレステロールの数値も高い場合があります。中性脂肪と悪玉コレステロールが高いままにしておくと,高脂血症という生活習慣病に陥る危険があり,さらには動脈硬化へとつながる恐れもあるので,早急に中性脂肪と悪玉コレステロールを下げることが必要です。

中性脂肪と悪玉コレステロールが増える要因の一つが,食生活の欧米化にあると言われています。日本の食文化は米や魚を中心としたものでしたが,最近では欧米の食文化である肉類中心の食生活になりつつあります。もちろん,肉類も体にとって必要な栄養源を含んでいますが,食べ過ぎてしまうと,中性脂肪と悪玉コレステロールを増やす要因となってしまいます。これらのコレステロールが気になるのであれば,まず食生活から見直すことが,改善への近道と言えるでしょう。

ブログネタ
失敗しないダイエット法って知ってる? に参加中!
中性脂肪が高いのと低いのではどちらが良いのでしょうか。健康診断などで再検診に該当するのは,たいてい中性脂肪が高い場合だと思われる人が多いと思います。確かに中性脂肪が高いと,高脂血症と言われる生活習慣病になりやすく,動脈硬化を引き起こす危険が高まります。また他の様々な病気にも影響を及ぼすと言われていますので,それが高いと体にとって良くないことはすぐに分かります。

では低い場合は,どんな場合でも良いのでしょうか。中性脂肪が低いと,それによって誘発される病気の心配は少なくなります。しかし中性脂肪があまりにも低い場合は,再検診に該当することがあります。とはいえ,この再検診は低いからというわけではなく,コレステロールなどの他の数値との関連を調べるために行なうことが多いようです。一般的に,中性脂肪だけが低い場合は,特に気にする必要はないと言われています。中性脂肪が低いために病気に影響することも考えにくいとされています。しかしあまりにも低い場合は,食生活の改善を進められることがほとんどです。

中性脂肪が低いと,動脈硬化につながるとの見解もあります。ですから,高いよりは低いほうが良いと言えますが,中性脂肪が低い状態を目指すのではなく,適度な状態を維持できるようにすることが大切なのかもしれません。

ブログネタ
綺麗のきっかけ に参加中!
最近,中性脂肪に関する様々な情報が飛び交うようになりました。健康診断などでも,中性脂肪の数値を気にすること人が増えています。ではそれが高いとどんな影響があるのでしょうか。一般的に中性脂肪は,体内に蓄えられているエネルギー源のことで,中性脂肪は本来,人間にとって必要不可欠なものです。しかし中性脂肪が多くなりすぎると肥満体型となり,様々な生活習慣病を引き起こす原因になってしまうのです。

では数値が低い人は,いったいどんな人なのでしょうか。基本的に,中性脂肪が低い人は肥満体型ではありません。また数値が低いと生活習慣病にかかる危険も低いものとなります。もちろん,それが低いほど良いというわけではありません。中性脂肪は人間にとって必要なものであり,エネルギー源ともなるものです。そのが低いということは,体内に蓄えられているエネルギー値が低いということになってしまいます。

とは言っても,中性脂肪は高いよりも低いほうが気分的にも安心できることでしょう。ではどうすればそれを低い状態に保てるのでしょうか。病院で診察してもらうと,高カロリーのものや,酒・タバコを控えるように言われることでしょう。もちろんそうしたことは,中性脂肪を低い状態に保つのに大切なことです。しかしもっと重要なのは,きちんとした食生活・食習慣を保つということです。決まった時間に食事を摂るようにすることが大切なのです。低い人の中にも,酒やタバコや肉が大好きな人もいます。しかしそうした人は,食事の習慣をきちんと守っているゆえに,中性脂肪が低い状態を保てていることを忘れないようにしましょう。

このページのトップヘ