寒い人生で悪かったな

トラキチバンドマンのサブ〜い毎日

真央

ある意味、メダルを取るよりも強烈な印象を残した浅田真央。 昨夜はガチで泣かされたなあ。 巷では、採点がおかしいという意見が多く出ているようやね。 キム・ヨナの点数に対しても韓国は大騒ぎのようで…… 俺、個人的にはこういう議論は、彼女たちの演技に水を差すだけで、 何のプラスにもならんと思うねんけど…… 問題になってるのはどうやら出来栄え点。 その名の通り、それぞれの技の出来栄えが良かった時に、 加点されるというルール。 それに対して演技構成点というのは、 事前に申請した演技内容の難度に対して与えられる得点。 浅田の演技構成66.34はもちろん、出場選手中ダントツ。 そりゃ、世界で一人しか出来ないトリプルアクセル飛んで、 なおかつ、全てのジャンプで3回転なんてこと、 他の選手に出来るはずがない。 もし、出来栄え点なんてモンがなければどうか? 浅田136.02 ソトニコワ135.84 キム・ヨナ134.99 浅田が一位である。しかも演技開始前にほぼ金が確定してしまう。 だってSPでコケてなかったら、恐ろしい点差になってた訳だから…… つまり競技としての魅力は大きくスポイルされてしまう恐れがあるということ。 そうなると、技の出来栄えの要素を増やし、 ただコケたコケなかった、だけの競技にならないようにしなければならない。 それが、今のフィギュアの採点方法な訳である。 しかもその採点基準は明確にされているから、 そこに不公平はないと思う。 金メダルのソトニコワと15歳のリプニツカヤ。 ロシアの二選手は自国開催のオリンピックに向けて、 恐らく現行採点制度で最も効率よく高得点が取れる演技を 時間をかけてじっくり準備してきたに違いない。 どうしても日本ではディスられることの多いキム・ヨナだが、 長い手足を存分に活かした演技の精度、見栄えはやっぱりスゴイ。 そしてそれは、現行の採点制度では高く評価される。 逆に、より難度の高い技に挑戦し、成功させることで 今の地位を築いた浅田にとって、 この採点基準は不利なこと間違いない。 浅田真央のスケート人生は、自らの技術を高めれば高めるほど、 フィギュアという競技をつまらなくしてしまい、 それを回避する為にルールが改正されるという ジレンマとの戦いの連続だった訳だ。 じゃあ、浅田はアホなのか? キム・ヨナみたいに、難度の低いジャンプにして、 確実性を上げればよかった?? 違う。 高い山を目指す者と、美しい山を目指す者。 ジュニアの時代から、二人の目指すスケートは違っていて、 にも関わらず、誰も追いつかない高みで 二人は孤独な、二人だけの戦いを 十年以上も続けて来た訳だ。 ルールという、かすかな風が、 それぞれ追い風と逆風になってしまったけれど、 ただ、それだけのこと。 浅田が演技を終えた瞬間の表情を見て、 キム・ヨナは胸にこみ上げるものがあったという。 常に世間の耳目に晒され、必要以上に煽られ、 二人だけの孤独な戦いを続けて来た二人。 結果だけ見れば、ふたりとも満足のいく結果では無かったかもしれんけど、 採点方法にケチをつけてみたって、彼女たちの価値は見えて来ないと思う。 奇しくも二人共最後の五輪を匂わせる発言をしている。 素晴らしいフィナーレやったと思うなあ。

マジで??!

矢野さんが、今度はラジオで紹介してくれたってホンマ??

聞いた人おったら、内容教えて!!

無言

逝くべきはお前じゃない
逝くべきは俺だった

なぜ奪う
俺なんかがここにいる意味など塵ほどもないのに
なぜ奪う
なぜ生きるべき人を奪う
なぜより多くの人に悲しみを与える生命を奪う

もう奪われるのは嫌だ
逝くべきはきっと
俺だったはずだ

虎要

優勝を目指すこの時期、個人のことを言ってられないって言うのなら
戦力として考えられない選手を登録なんかするべきではなかった。

誰が見ても今の阪神を作り上げた貢献者の一人
長い野球生活の最後を、きちんとした形で送り出してやりたい。
ただ勝ち負けよりも大事なものがそこにある。
というのなら、9回は頭から出すべきだった。

登録せずに、勝負に徹する。
選手やファンからの批判は一手に受ける。
たとえ悪い結果になったとしても、信念を持って送りだす。
結果に対する責任は全て負う。

昨日はどうであったか?
展開によってふらふら。目の前に見える状況だけで考えが変わる。
そこには選手の気持ちなどどこにも考慮されていない。
二死走者なしの状況にしなくてはならなかった球児の気持ちはどうだったろう?
ランナーを一人出した時の焦燥感はいかばかりだったろう?
その思いをミットで受ける城島の胸のざわめきはどれほどだったろう?
何も出来ずに、球児の背中を見つめ続けた選手は?
ベンチで声を枯らす選手たちは?
そして当の本人は?

「今日だけは勝ち負けよりも、彼を良い形で送り出したかった」
「彼には申し訳ないけれど、今は勝負に徹するべきと考え、
申し訳ないけれど、今の彼では力不足と判断しました」

どちらかのコメントが聞けたなら、俺は納得だった。
負けても納得できた。

選手の心を弄び、最高のメンタルでグランドに送り出せない首脳陣に何の価値がある?
自らのビジョンも愛情も持たないから、何度同じようなことを繰り返す?
星野の「嫁はんにエエとこ見せて来い!」や、
岡田の「メチャクチャ投げたれ」とは、
真逆のことをやってるんだよ。


俺は、今の首脳陣を絶対に支持しない。
外様の星野や野村より、タイガースに対する愛情を感じられないのは俺だけ?

そして俺は忘れない。
矢野という名捕手を。
マウンドにかけよる笑顔を、
胸を叩いてピッチャーを鼓舞する姿を

阪神の選手でいてくれてありがとう。
あなたが阪神の選手で、本当に幸せでした。



神様がくれた背番号神様がくれた背番号
著者:松浦 儀実
販売元:楓出版
発売日:2010-06
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

吐露

一言だけ言わせてくれ……














納得いかん。
今年の首脳陣、俺は絶対認めん。

混戦

パはソフバンが優勝。
やっぱり天王山の3連戦で3タテしたのが大きかったね。(ちくしょう)
けど影の勝因はなんといっても
あの、多村がコンスタントに働いたこと。
この事実に比べたら3.5ひっくり返したなんざ奇跡でもなんでもない
スペランカー多村の軌跡


わが軍はマジック8が点灯
とりあえず、いっこは負けてもええっちゅうこっちゃな。
9連勝みせてくれ。

それと矢野、泣かせすぎ(TーT)


あと、拙著のポスターが阪神甲子園駅に貼り出されてます。
よかったら見てね。




神様がくれた背番号神様がくれた背番号
著者:松浦 儀実
楓出版(2010-06)
おすすめ度:5.0
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


失望

あえて言いたい、今年はもう終わった、と。

今日のスタメンを期待してたんだ。
一試合だけならいいよ、カンフル剤で。
今日出さないイコ−ル彼の力を理解していない
彼がこの球団にもたらしているものを理解していない

出なきゃ批判出来ないよ
批判したかった、投げられないのになんで出てるんだ
スタメンに居座って、何若手の芽を摘んでるんだ

ファンの立場から、そういった苦言を衒いなく受け取ってくれる人だと
そう信じられる稀有な存在だったのに
その機会すら奪われた

ずっと言い続けてきたヴィジョンなき首脳陣

金本さん、今年は今までになく優勝したいって
そう言ってくれましたよね?



神様がくれた背番号神様がくれた背番号
著者:松浦 儀実
販売元:楓出版
発売日:2010-06
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

采配

采配が、一部でMYMフリーダムって言われてるみたいだけど。

斬新な采配は良い。
前任者の踏襲をする必要などない。
ただ、そこに必要なのは明確なビジョンであり、信念だ。

それが感じられない真弓の采配は当初から嫌いだ。
俺的にはフリーダムどころか、行き当たりばったりでしかない。

今年優勝を逃せば、監督を退くだろうか?
2008年はゲーム差が大きかったから?
今年は混戦だから、9月になって首位を奪われても関係ない?

まあ、やってもやらないでもいいや。

何が言いたいかというと、
もし仮に今年で身を引いたとして、
2008年の大阪ドームのように、真弓コールは起こるだろうか?
選手達はあんな表情で、送り出すだろうか?

優勝して欲しい。
選手はよくやっている。
赤星や、矢野や、ジェフ達の思いを受け止めて
精一杯にやっていると思う。
伝わって来るものは確かにある。

無駄にしないでほしい、と本当に思う。

だから、最後まで必死で応援するよ、選手をね。





神様がくれた背番号神様がくれた背番号
著者:松浦 儀実
販売元:楓出版
発売日:2010-06
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

苦言

9−3の快勝にも苦言か……

優勝経験があり、勝負所の厳しさを知ってるだけに
発言に重みがあるわなあ。

岡田はんと落合の勝負って面白かったよな、改めて思うけど。
忘れられへんのが、我が虎の追い上げに優勝監督インタビューで見せた涙。
岡田はんは監督退いた翌年、中日スポーツにコラム連載してたっけ。

中日よりもウチの方が緊張感が必要だと思う。
鳥谷、平野の二遊間以外は守備に難があるわけだし。
一線級のピッチャーだと打てないことが多いわけだし。

優勝に向けて、十分有利な位置にいるのはわかるけど、
緊張感なく、ノリノリだけで行けるほどペナントは甘くない。
2008年で学んだはずだよな。



神様がくれた背番号神様がくれた背番号
著者:松浦 儀実
販売元:楓出版
発売日:2010-06
おすすめ度:5.0
クチコミを見る

兄貴

まあ、えげつない勝ち方だわな。

火をつけたのは明らかに金本。
良きにつけ悪しきにつけ、彼がチームのムードを支配していることが証明されたね。

これから優勝を勝ち取るためには
彼の力が必要だということ
レフト前ヒットで二塁ランナーがETC状態にも関わらず
スタメンに出し続ける理由も納得させられた。

はっきり言ってレギュラー以下の力しか出せてなかった
我らが兄貴。

ここから反撃してくれるから
あれほどまでに愛される選手なんだろう。

信じたいと思う。



PS
野村さん。野球なめないで欲しいな






神様がくれた背番号神様がくれた背番号
著者:松浦 儀実
販売元:楓出版
発売日:2010-06
おすすめ度:5.0
クチコミを見る
自己紹介
Ryuhey
中年トラキチボーカリスト
みなさんのご意見
訪問者数

記事検索
Blog Ranking
携帯からはこちら
QRコード
おすすめ
Amazonライブリンク
  • ライブドアブログ