采配が、一部でMYMフリーダムって言われてるみたいだけど。

斬新な采配は良い。
前任者の踏襲をする必要などない。
ただ、そこに必要なのは明確なビジョンであり、信念だ。

それが感じられない真弓の采配は当初から嫌いだ。
俺的にはフリーダムどころか、行き当たりばったりでしかない。

今年優勝を逃せば、監督を退くだろうか?
2008年はゲーム差が大きかったから?
今年は混戦だから、9月になって首位を奪われても関係ない?

まあ、やってもやらないでもいいや。

何が言いたいかというと、
もし仮に今年で身を引いたとして、
2008年の大阪ドームのように、真弓コールは起こるだろうか?
選手達はあんな表情で、送り出すだろうか?

優勝して欲しい。
選手はよくやっている。
赤星や、矢野や、ジェフ達の思いを受け止めて
精一杯にやっていると思う。
伝わって来るものは確かにある。

無駄にしないでほしい、と本当に思う。

だから、最後まで必死で応援するよ、選手をね。





神様がくれた背番号神様がくれた背番号
著者:松浦 儀実
販売元:楓出版
発売日:2010-06
おすすめ度:5.0
クチコミを見る