編集者のつぶやき

龍鳳書房の日々の出来事。 ホームページはこちら→ http://www.ryuhoshobo.co.jp/

『安曇族と住吉の神』が刊行されました!

安曇族と住吉の神カラー

大好評の『安曇族と徐福』に続く第2弾!
『安曇族と住吉の神』が刊行となりました。

綿津見神と同時に誕生した筒之男神とは何か?
その神は古代日本においてどんな役割を担ったのか。
そして安曇族とはどんな関係にあったのか。

日本各地の住吉神社に足を運び、丹念な調査の結果、
日本国の防衛策を解明し、信州安曇野への都づくり(天武構想)に到達。
科学的論拠に基づいて考察する亀山古代ワールドを展開します。

詳しくは、Webへ!
龍鳳書房 http://www.ryuhoshobo.co.jp/

長野県からの金環日食。

P1060121


今日は金環日食が見られましたね!
会社のある長野市からは部分日食しか見られないため
金環日食のエリアに入る、佐久市までドライブ。

佐久勤労者福祉センターにおいて、
観察会を実施していましたので参加してきました。
金環日食は時間にしてわずか1〜2分程度でしたが、大感動!

2035年の皆既日食は長野市でも観測されるようなので
これを楽しみに、長生きしたいです(笑)

P1060140
 P1060093

長野市街地からの槍ヶ岳。

今日は快晴!
会社の前からは槍ヶ岳がきれいに見えていますよ。
ちなみに左へ大天井岳、常念岳と続いています。

槍ヶ岳


龍鳳書房 http://www.ryuhoshobo.co.jp/

戸隠遊行塾 講演会のおしらせ。

『玄冬の戸隠』の著者、宮澤和穂先生の講演会が
下記の日程で開催されます。

11月26日(土) 13時30分〜16時30分予定
会 場 チェンバロ(戸隠一の鳥居近く)          
参加費 1,000円

◇戸隠玄冬考―Togakusi交叉する聖なる時空 
講師:宮澤和穂 『玄冬の戸隠』著者
聖なる時空の交叉する聖地戸隠。自然の妙、戸隠の不思議、五行の知恵をもって、そのパワーの根源を探り、知られざる真実に迫る。


もうひとつの文献古代文字
◇『ホツマツタヱ』から読み解くオモイカネ命
講師:中川幸三 『ホツマツタヱ』研究者

詳しくは、戸隠遊行塾のWebをご覧ください↓
http://togakushiyugyou.if.land.to/

アマゾン、年内にも日本で電子書籍。

アマゾン、年内にも日本で電子書籍(日本経済新聞)
http://goo.gl/0n3C3

いよいよアマゾンが進出してくるようです。
格安のキンドルが販売されれば、日本の電子書籍市場は一変するかも!?
1年前、第3世代を米国から取り寄せたときの金額が13000円くらいでしたから
半額以下になることになりますね。円高の影響もありますが、これは安い。

ちなみに米国でのお値段は・・・
■kindle(第4世代・電子ペーパー)
広告付き約6000円($79)、広告なし約8400円($109)

■Kindle Touch(電子ペーパー&タッチパネル)
7600円($99)、3G付き11500円($149)

■Kindle Fire(液晶タブレット)
約15300円($199)

↓詳しくは、このあたりを参照してください。
http://www.cnn.co.jp/tech/30004166.html
龍鳳書房のtwitter
  • ライブドアブログ