球が届いたので試聴
これは最初からザワザワ感は無い。

エージングが済んで無いので、なんとも。
でも時間とともに良くなってきた。

369に戻して試聴。
ぜんぜん違う。うるるん。。。弱っても396(笑 
鳥肌の連続。音楽に乗れる。指揮してしまう。歌ってしまう。
気合、ハートで感動する。

今のところ396と勝負できるロシア球は6n3pのなんちゃらだけ。

エージングを続けよう。

絶好調な球を追加保護しようと、さまよう。
おいおい、なんか高いじゃないの?
型番さらしてよいよいとか書こうものならナニですね。

ふと。よく似た球が。
ためしに捕獲。

やっすぅー!なのです。
外観は絶好調のロシア球と同じように見える。がサテ?
聴いてみないとわからない。

バシの超ジャンク屋。ことぶきなんちゃらさん。
行ってみたけど、張り紙が外されて、もう閉めたみたい。
残念。
球マニアなら目利きができて貴重な球があったかも知れない。
しかし、あの莫大な量の球はどこへ?

ますます絶好調。さっきまで聴いていました。
CDP-701ESの現代版って感じ。音楽に乗れるので感動する。
力強いから音楽のハートがしみる。
押し切ってくれるのでストレスがたまらない。

これで十分ですね。これだけ再生できれば。
もうこれ以上いじりたくないです。悪くなるのが怖いです。
もちろんS/PDIFのLH0033同軸ドライバーの使用は必須です。
これをやんないと気の抜け音楽になるのです。
あと弄るとすればアパチャー効果による超高域の低下をネグるため
ASRCでアップサンプリングしてみるくらいです。

球の型番は教えてくれた人に了解を得ないと書けません。


↑このページのトップヘ