2008年04月

某、メタキャン石が消えた。高いから残っていたのだけれど。。。まさか、あんなの。誰も思っていたけど。
保護しておいて正解だった。

もうー入手できないだろう。音はおなじような型番とは当方の環境ではワープするくらいの差でした。

某BSチューナーに電解コンRJ3が使われている。
コイツがえらいことに。たぶん4級塩。
電解液もれもれ、つゆだくで基板からシャーシまで腐食。
持ってる人。確認しておいたほうが。。。
保管しておくにしてもこのままじゃー問題なので不良の電解を削除して洗浄しておいた。

KAIトラポのCPUのパワー不足の時のために捕獲したじゃんくノートを修理。
DCジャックのハンダ不良。ポインティングデバイスの不良。
ハンダ不良は端子のメッキごと剥がれるよくある不良。
この機種は光学ドライブのモジュール取付けビスが5角?のトルクスだった。これより前は普通のバインドネジ。そんな工具持ってない。仕方ないので壊して逆タップで外す。一発で外れた。
しかし代わりのトルクスネジが無いな。ナベビスでやろう。

低価格品を捕獲。
ダンボールを開てみる。木箱に入ってる。へぇー。
どこの何が問題なの?というレベルですね。
関係ないけどこのダンボール箱いいです。
収納小さく。組み立てると2種類?の大きさになる。
モノの良し悪しはタワシでんきやなのでわかりません。というか素人が使う分には十分すぎます。
これで特価総額7Kちょい。いい買い物しました。
行かないけど○チン△なんかしたら7Kなんて10分も持たなくて消滅かもですよ。

修理してやろうと弄る。
マルのオレンジベルト?バンコート?バンテック?ベルトを
溶着して何本か作る。

上手くいかんです
マルベルトじゃー用途が違うからスリップしてダメ。

カンシャク起こして伸びたベルトをはさみでプッチン。
短くして貼って使おう、としたけど無理。こまつた。
ピックが原点までこないと何も始まらないのです。
ベルトの手配を考えよう。千石に期待かな?

とりあえずFCLが生きてるか試しておこう。
CD読むけど片チャンだめよの機体に入れてみた。
と言うかCD読めるのはたった1台だけ。

おおおつ!いけそう。
5代目にしてFCLの完動品にあたったみたい。
これで当時のままのCD-Pに復活できる。
このCD-Pのデザインはなんか自分に波長が合うのです。
これになんとか?というメーカーみたいにP社の中身を
組み込むとか?おおおつ!

↑このページのトップヘ