2009年01月

石が届いた。

おとしだま基板に使う、超高速な74LVCU04も捕獲。うまく作ると200MHzくらいでも増幅できるらしい。デカイ発振器のデジタルレベルへの変換器にも使える。どんな音になるか楽しみ?

お年玉基板のデジタルICをぜ~んぶLVCにしようと思ったら153が無い。ここは高周波リレーで切替でしょう。153はACでもSOPが入手できなかったので、とりあえずVHC153でも入れておこう。

ふと仕入れた石を久しぶり?に1541エピKAIで聴いてみる。

ふつうのCDを聴いてるぶんには、エピKAIの方がいい(笑

@10えん石にチェンジ。へぇ~。。。イケル。情報量は問題無い。聴こえるべきものは聴こえる。聴こえるべきものが聴こえない石がほとんど。抜群のC/P。40倍の音の差は無い(笑 でも、これを常用するか?といえばそれはしない。もっといいのが手持ちにあるから。

エポキシ石なのでそれ以上のものを求める方が間違い。バシへ出撃して100個くらい買っておこう。

耳が馴れたので元のメタキャン石に戻して試聴。なんちゅーか。情報量はたいして変らないけどハートが開放された。つーのか、なんちゅーか。音楽に乗れる銘石。もちろんこれはK石じゃないです。なんだって自分に合えばいいのです。石選びは自分でやってみるしか無いと思います。

耳のエージングも出来た。LH0032が楽しみ。

LH0032というメタキャンのOPアンプ。さてどんな音がするのだろう?聴いてみたい衝動で発注した。石試しにいつも使っている1541エピKAIに実装してみたい。

たぶん、最終バージョンの168KAIを越えることはないだろうと思う。同じような音だろうチャンチャンと、なると思っているのだけれど(笑

でも負けたらショック(笑

で。関係ないけど、X501KAIでCDを聴いていた。リモコンで切り替えて本体からSACDでもCDでもSPDIF出力できるので楽。

某ヒロさんところにある、製作例。写真館PAGE41

最強のレビン村だっく。もっくに吹き込んだ生命って感じ。すごっ。美しい!!!

それにあの表示装置。やるねぇ~。やられた(笑

謎はあるけどね(笑

Dscf0069 バランス,アンバランス(正、逆相)

Dscf0065 チューナーシンセ

Dscf0067NFなど

Dscf0070 無垢のフットにボトム

Dscf0066電源トランスとトランスベース。

Dscf0068 デジフィル以降

Dscf0072基板の裏。

筐体の補強と接地ブスバーを兼ねているもよう。銅バーにすると音は変わるだろうなあ~。

Dscf0073 デコーダー

Dscf0075DAC~IV~差動合成、LPF

DCアンプ構成。オフセット調整のVRに定電流用FETが見える。

Dscf0076 出力CN 貫通するのでアルミ板に取り付けになってる。

↑このページのトップヘ