2009年04月

よーわからん回路は間違いの図面だった。どうも間違いくさいので純正?取り寄せで解決。

PCが増殖しすぎてどうにも。。。ついに処分開始決定。で①セットは嫁ぎ先が決まった。モニターも1台減るしこれで床に隙間ができる(笑

なんとか時間を取って整備開始。内部清掃。コンデンサーも大丈夫みたい。ところが光学ドライブが綿埃で汚染されている。分解。掃除。グリス除去。注油。セラミックグリス塗布。

時間を考えるとドライブの新品買った方が安い。しかし売却価格は決定済みなので投資はできない。水平置きではトレーが出るが垂直にすると出ない。しぶいところもないしモーターの音からして、こりゃーベルト。こう言うときにバシにできた千石さんはありがたい。@150えんドンピシャのベルトが入手できた。あれっ以前は100えんだったような?まぁーそれでも安い。早速組み込んでテスト。動作OK!やはりベルトのすべりだった。あたり。

あとはリカバリーすればOKかな?やっと1台減少。

そしてまた。。。ふと店に立ち寄ると小さいジャンクノートが目に入った。とっさに抱え込む(笑 そしてさっさとレジへ(爆 条件反射ですなぁー ぁ~あっ。また増えた。

このノートPCええですよ~♪。ミニでワイヤレスで。AV-PCをコントロールするのにバッチシ。でもバックライトが切れてるんです(笑 ランプ交換にチャレンジしてみよっと。でも時間あるのか?

LH0032で決まりで、もう石は使うことはないかも知れないけど、電源にでも使えるだろうということでパナの石を少し捕獲。この石は昔の山はのアンプとかに使われている。

Xバランス回路を見ているとよくわからないところがある。フローティングGNDがややこしい。±2電源に馴れているのでGND?処理がややこしい。でも電圧増幅段は±2電源で動いているっぽい。抵抗器で中点を作ってシャーシに接地なんだろうなぁ~。

それに4Ω以下の負荷までドライブしようとすると、たぶんファイナル石が壊れる。電源電圧を下げればいいけどそうなると電源トランスを特注しないといけなくなる。かと言って、ファイナル石をパラにすることも大変。アクシデントに備えてASO保護回路で持たすしかないみたい。ASO保護回路は省けないなぁ~

なんか、Xバランスってよーわからん回路で。。。バラックで電源を組んでみて動作させて弄ってみるしかないかも?

密かに進行せず(笑

フロントパネルにするコーリアン樹脂をカットしようと思ったら鋸の歯が行方不明。どこにしましいこんだのやら?

トランスの下にファイナル用の整流器とドライバー段のトランス・整流回路を組み込む。そのためのトランスベースの厚さは最大で40ミリに納めないといけない。

3ミリと1.5ミリのアルミ板に12ミリ角のアルミを柱と梁にして、高さ35ミリ程度の空間を作る。

アルミより板よりコーリアン樹脂板を使いたいところだけど厚さ6ミリあるので合計12ミリの厚さを占有してしまうので採用できない。

バシへアルミ材を捕獲しに走る。しかしアルミ板は高い。銅よりかなり安いけど。それに売っているところが少ない。なんでこんなものが1.5K円もするの?金属材料屋から買った方が安いような。

それに重量からすると計算が合わないような気がする。

やはりコーリアンの端材は安い。もってけなんとかの感がする。

↑このページのトップヘ