2011年07月

6mのじゃんくリグを捕獲してみた。

受信はOKのもようー。送信はダメ。出力しない。

トランシーバーなので送信がどこまで生きているかわからない。

別の受信機がほしくなる(笑

ベランダにワイヤーを張ってみた。受信できた。なつかしいAM。

しかしノイズが凄いなあー。たぶんPC類のノイズのような?

昔と比べると電波環境悪すぎかも。

すこしマシなANTでも揚げてみようかな。

こんなモノを弄ってました。

密封に近い状態なので内部はピカピカです。

注意しないといけないのは、コネクター。必ず抜き差しを行なってワイピング効果で接点をリフレッシュしてから試聴すること。

これをやらないと電解コンを通したような、障壁で音楽信号が減衰したような、なんじゃこれ?の音がします(笑

このあたりはリード線を直付けの自作品が有利ですね。

音は!!!LH0032を最上級に自然にした音に感じました。

凄すぎ。。。

1984年生まれ、27年も前のモノ。当時の技術者はどうされているのでしょう。

こと、アンプに関しては現在のモノは退化してる。確実にそう思います。

Dscf0323

P-ONして1曲目でかすかなノイズ(ばっ。ばつ。て感じ)がAFでもSPDIFでも。

2曲ほどの時間経過で治る。

こりゃーたぶん、感では電解か?X-TAL発振回路の異常発振かも?

コンデンサーチェッカーの出番かな。

エージングで治まりそうだけど。。。

タクトSW交換。A/D変換したデータでどのキーが押された見ているみたい。マイコン暴走みたいな動作をしたので交換。

MUTリレーを2個とも交換。片方のリレーが焼損していたのは、たぶんDC漏れした機器を接続したのだろう。

試聴:けっこう、いい音が出る。プレミア価格になるものうなずける。でも、コイツをトラポにして1541-KAIDAC(1541差動DC結合)で鳴らした方がもっとよい(好み)

接木されてるけどジャンク。とかで投売りされていたスイカの苗を試しに1本植えておいたら

ナンと。スイカが2コなってるじゃありませんか!現在、直径7cmくらい。

ヘタが焼けそうなのでスペーサーを敷いておいた(笑

スイカってけっこうラクに栽培できるのかも?

鳥に食べられないのかな?カゴでも被せておこうかな。

Dscf0322

↑このページのトップヘ