2012年02月

ZDが届いたのでIV-DSCのZDを換装して試聴。

エージングは済んでいない。

電源ON。音がバラバラで耳がねじれる。

しばらくするとまとまってきた。試聴開始。

ザ東芝の音はしないけど、なんかMIDIカラオケの演奏みたいで(笑

ボーカルだけがでしゃばる。演奏が平坦で。ボーカルを盛り上げてくれないというか乗らない。

悪くはないけど、感動しない。

元のZDが好み。やはりビシ石が好みです。

コイツ温度補償タイプみたいでメタキャンなのでおしいなあ~♪

デジタル部の電源にでも使うかな。

もう少しエージングしてみよう。

あまり変らないような。。。この用途にはダメ。使えない。

これが9018Sの音、と勘違いすると、えらいそんです(笑

ビシのZD//PPSコンをお勧め。

PPSコンの数μFを試してみないと。

Ksさんのご厚意でモトローラの2N2905Aが入手できた。

なんと、某海外から、とのこと。

国内に無いような。書かなきゃよかったと後悔したり。

後日、STマイクロ製と比較してみよう。

ここんとこは接触不良による破壊が怖いのでソケットにはしていない。

なので、換装するには、ちと。

その前におもしろそうなメタCANのZDを捕獲したので、それを試聴してみようかと。大量にあるようだから、まずなくならない。たぶん。

OSのアップデートとかも完了したので内蔵のDVDマルチドライブから

SDカードスロットに挿したSDカードに書き込んでみた。

リッピングソフトはCD2WAV32とか言うもの。

そして、QAにSDカードを挿して試聴!

音はPCによって変わるのじゃないかな?とか思ったけど、変らない。

実に堂々としたハイエンドの音が再生された。

DDCの場合はPCによって凄く変る。

SDカードに落とせば音は変らない。(気づかない、感じないが正しいのかも)

リカバリーやりだしてしまって、こんな時間。。。

だいたい動くようになったけど、ドライバーがわからなくて

?が4つほど残っている。ハテ?

まぁーいいかな。停止しておこう。

↑このページのトップヘ