2012年07月

トラポをSDTRANS384に替えて試聴を続ける。

LH0032ACGのAはオーディオユースのAじゃないかと思ってしまうくらいよい音だ。歪み率もオリジナルよりかなりよいように聴こえる。

エネルギー感、加速度感もたまらなくよい。

ウーハーのエッジがすっ飛ばないか。ダイアフラムが飛ばないか

そんな感じまでする。

関ハムに出撃して、ひさしぶりにはむさんとミーティング。

あのLH0032を頂いた。

さっそく試聴!

同じNSなのに。。。これは別物です。

これLH0032のアクが無い。うるちめいとさうんどとでも言えばいいのだろうか。

電源を25VAから100VAに替えたような感じ。

メチャ情報量が多い。まだあったのか。。。

こりゃSPがへたれのがバレバレだ。

雄大で底なしの低域が出る。おいしい中域。シンバルもよりいっそう分解され暖かみすら?感じられる。

音量がアップしたように感じる。

たぶんゲイン配分が変ってる。これは初段でゲインを稼いだ音。

軍用?なので?MTBFを稼ぐため?各段の電流配分も変っていると思う。

参った。これはお宝です。はむさん。おかわり(爆

まず試しにSSDを接続してWin7の32ビット版を入れてみた。

途中で再起動が掛かってダメ。さいごまで行かない。

また最初からDVDを読みはじめる。

ハテ?あれまぁ。マザーがダメなのか?そんなこたあーないだろう?

SSDをHDDに換えて再挑戦!

今度はインスト成功。

もしかしてマザーとSSDとの相性があるのかも?

某サイトに行ってドライバーを捜す。64ビット版しかないなあ~。

そりゃそうですよね。今時なんですね。

OSを64ビット版に換えようかな?

ディスプレイドライバーのHDMIとかのサポートは64ビット版になるのかな?もしそうなら64ビット版に決まり。

ノートマザーのCNを調べてみた、忘れないうちに書いておこう。

*****************************

マザー側JP7(USB増設)←→USB-CN基板CON6

シルクのドットマークを1ピンと仮定

1ピン:GND --- USB-A 4ピン

2ピン:GND ---    〃

3ピン:D+  --- USB-A 3ピン

4ピン:D-  --- USB-A 2ピン

5ピン:+VCC ---USB-A 1ピン

6ピン:+VCC ---   〃

*****************************

マザー側CON2----SW/LED基板CON1

シルクのドットマークを1ピンと仮定

1ピン:100Ωを介してLED-A

1ピン:セラコン87nFを介して4ピンに接続(4ピンはGNDかも?)

2ピン:LED-K

3ピン:タクトSW-NO(電源SW)

4ピン:タクトSW-COM(電源SW)

3ピン:4ピン間にセラコン87nFが接続されている。

*****************************

マザー側ACON1(内蔵SP:4Ω/1.5W)

シルクのドットマークを1ピンと仮定

1ピン:Rch SPマイナス

2ピン:RLch SPプラス

3ピン:Lch SPプラス

4ピン:Lch SPマイナス

*****************************

マザー側PJ2(電源)

PJ2とシルクで記載されている側がマイナス電源(2端子パラ接続)

バッテリーCN側がプラス電源(2端子パラ接続)

*****************************

これで組みたてができる。

マザーはE350からB950の2.1GHzに変更した。

これなら十分なパワーがあるだろう。

取り付けピッチはE350マザーと同じなのでラク。

JP7(USB増設)はHTPC機内でエレアトさんのUDA基板と接続するのに使用する。

*****************************

↑このページのトップヘ