2012年08月

某○で出ている。

もしかしタカチの放熱ケースに入るのでは?とか妄想して捕獲してしまった。

しまった。。。高い。倍でネットブックがカエル。

でもDACと同じ箱でPCが揃えば美しいじゃないですか。と申そう。

某F通のジャンクマザーがここんとこいろいろと出だした。

新品引き抜きらしい。ホンマかいな?デモで使った機体なのでは?

新品をぶっ壊すってWHY?もしかして分解して部品で売った方が儲かるとか(笑

次期モデルのキーボードを組み込んだけど、よろしくない。(前モデルのキーボードだった)

(改善されたんですね)

このあたり、同じシリーズのマザーで基本部分は共通なので入れ替えできる。

若い人向けでしょうか?デザイン優先で打ちにくい。

カーソルキーなんてミニすぎて幼児じゃなと打てないと思うのですが(笑

分解してオリジナルのキーボードを組み込もう。念のため捕獲しておいて正解だった。

バッテリーを外して銀ねじ3本、深い位置の黒ねじ4本を外しツメを外すと

電源SWのあるベゼルを外せる。で、キーボード交換。

フィルムケーブルのロックは跳ね上げタイプ。取り扱い注意。壊さないようにね(笑

そんで使ってみた。

これなら使える。

ついでなので無線LAN基板を換装した。

デバマネでビックリマークも出ていないので、たぶん大丈夫でしょう。

802.11b/g/n もブルーツゥース4.0も使えるもよう。試してないけど。

ついに故障したもよう~。ネットに接続できない。

これ、ノートからの書き込みだけどメチャキーボード打ちにくい(笑

マザーがいかれたみたいな?

HDDが壊れる前に新しいPCに移行しようと思って準備を進めていたけど

HDDが壊れなくてよかった。

LANが使えないと新しいPCにデータを写すのが面倒なので同じPCのジャンクを

捕獲してマザーを頂くことに。

じゃんくなのでたぶんマザーの電解コン吹いてる?

面倒だけどやらないと仕方ない。

Dscf0544

変更(メモ)

電流LPFのLはDの682をパラ。

パスTrをビシ石からF通石に変更。

出力カップリングの薄膜積層高分子に104PPSをパラ。

ACアダプターをKENWOODの定電圧電源0-18V/3Aに。これ、必須。次元がワープ。

F通石をさらに黒CANのF通に変更。これは凄い!捜して捕獲しておかないと。でも今どき無いだろうなあ。

設計者に聴いてもらいたい。と思う音楽が再生されている。

TDA1543球DACのカソードのカップリングコンを秋月にある薄膜高分子の10μFに換装した。

なんじゃこれ! ES9018が真っ青じゃないですか!!!

こんなシンプルでローコストなDACが。。。

薄膜高分子@200えん。これやらないと一生の損でっせ(爆

NOS、デジフィルレスはジッタに無敵なのかも?

アパチャー効果の高域低下なんてホンマかいな?と言いたくなる。

DCアンプじゃないかと思うくらい、しっかり制動されている。

静か。生みたい。気配を感じる。鳥肌。鳥肌。

これはTDA1543球DACのためのコンデンサーですよ。

TDA1543球DACは銘機やなあー。。。

↑このページのトップヘ