2014年11月

海外調達の石が届いた。

ぱちもん、じゃないかと心配しましたがTPFだしどう見ても本物。

送料とか全部込みで@50程度なので安いと思う。

関心したのはシュリンク処理され、乾燥剤も入れてあったこと。

もう一つの見積の石は注記に中〇と書いてあったので注文しなかった。

おなじ型番の中〇製、セカンドソースだろう。(ようするにぱちもん)

音がよければ買うけど、そこまで好奇心は無かった(笑

なんとかコンプリで石を捕獲できる予定。3番以降の候補で我慢するしかありません。

しかしナニです。探している間にどんどん消えて行きました。タッチの差ですね。

本物がどうか?怪しいもんですけど。結局、海外から。

○○松からの石も届きました。

これもナニですね。

N石と菱石の音は記憶に焼きついているので視聴すればわかるかも。

C1400本物とC1???の視聴をやってみましょうか。なんか臭うような予感、あくまで勘(笑

100 -5 -200 >50* <50 PNP

100 5 200 80* 17 NPN

石の規格から抜粋。この数値にピンと来た人は(笑

某売れ残りのコンプリは↓ ぎょギョ・・・こいつは演技がよいかも。ですよ。

1300 6 500 130* 17

そしてPNPは↓

700 -6 -500 90* 30

http://prod.kyohritsu.com/WP-601CASE.html

Dに寄るとこんなのが出ていました。

なんちゅーか。本中華。めちゃおいしそう。T社負けそう。ぜんぜんちゃっちくない。本物。

おもわず即衝動買いしました。

梨地の白とかほしいです。カラーを増やしてほしいです。天板とフロントパネルの着せ替えですね。オネガイ(笑

きっと自作熱上がりますよ。

↑このページのトップヘ