2016年07月

時間が取れなくて放置していたけど、今日までなので、スレートPCをあわててアップグレード。

このスレートPCの現行品はすでにWin10なので、問題なく動くようになる筈。

ダウンロードはあっと言うまに終了。

インストールしていますが今80%なので、早い。

ST125Eのお遊び用PCもアップグレードしたらよかったかも。

謎のコモンモードチョークを前回バシに行ったときに保護。

何者なのかと? もしかしてパート3?(笑 

そんでDACの平滑コンの前に入れているFMチョークと換装して試聴。

日立金属製コモンモードチョーク
「F1AR0816」
CIMG6711 (640x479)

← Dの7/13 Blogより

なんか臭いませんか?これにベークの台を付けたら(笑

仕事帰りにバシに寄って追加保護しておいた。@500えん

某千〇で何やら、SATAケーブルの投売り。@10えん

チップ抵抗器もリールが捨て値で出ていたので保護。@100えん

関ハムで保護した石のコンプリを探す。

困ったね。。。こんな石、オーディオアンプの何にでもと言ってよいくらい使われていた

高性能で安い石で当時はどこにでもあったのだが。。。

今となっては無い。あってもhfeランクが合わないetc etc

あきらめるしか無いか?と思ったところに、ふとひらめき!

念のため検索してみると、ありましたよ。C310を買ったところで.

しかも安い。某の1/3くらい、早速注文しました。

でも、まだ喜ぶのはまだ早い。

在庫切れの恐怖。

やはり、在庫切れだった。。。

よい石が無い、恐怖。

ガレージメーカーが採用している石を参考にするしか無いような。

仕方ないのでhfeランクの異なるものを注文した@100

当時は@100以下が普通だった。

よい石が入手できなくなっているので、自作はデジアンで頑張るか

LM3886にお願いするしか無いような。

海外からの、なんだか知れない物に@400はもったいないです。

サンヨーの石が比較的マシなので、入手できる間に。。。が吉なのかも。

PROSTさんのLH0033をDiPに変換する基板と

http://www.telnet.or.jp/~prost/DAC/LH0033ADAPT/LH0033ADAPUT.html#20160709

オーディオワークスのOPアンプ基板(ベアボード)を使ってLH0033同軸ドライバーを作りました。

と言っても穴あき基板じゃないので、半田付けするだけ、メチャ楽!

LH0033同軸ドライバー大正解!S/PDIFも捨てたもんじゃありませんよ。

さっきまで試聴していました。鳥肌、うるるん。アタック、空間、分離、引っ張られて潰されない

生の雰囲気抜群!!!

脳が共鳴するんですね、たぶん。

時間がじかんなので、もっともっと聴きたいのですが。。。明日が極超楽しみ!

ぜひお試しあれ!!!

7月17日

次から次と聴きたくなって15時くらまで聴いていました。

間違い無いですね!

プラスマイナス12V動作で動かしています。できれば放熱器を付けた方が安心でしょう。

放射温度計では42℃程度でした。

LH0033も音がよいことが判明したので本命の用途はLM3886―DCアンプの入力バッファーです。ゲインいらないのでLH0032より適していると思います。

ドリフトはどんなもんか?見ておいた方がよいでしょう。

f特、歪み率は持っている測定器ではたぶん測定限界以下でしょうけど。

あまりにも広帯域なので入力にフィルター(FMB)を入れておいた方がよいかも知れません。

昼食をとったのも15時過ぎてから。寝ちゃいました(笑

行ってきました。

いつも道を迷うのですが。なんとかナビ任せで到着しました。

道を迷った分、出遅れの感ありです。

使えるかどうか?だけど石を捕獲しました。

これからLH0033変換基板のテストです。

問題無いと思いますが念のため。

↑このページのトップヘ