2017年02月

配線は済んだので、一晩ヒーターを通電しておいた。

動作確認をしてみよう。って言うか、遊びすぎ。

残念。時間切れ。しばらくの間、お休みします。

ダメ元で繋いでみた。D級アンプになってる(爆

定数を直さないといけない。

たぶん、元I-V抵抗値の問題。

P1000301

穴あき基板なので、あいてんどーのシングルインラインに変換する基板を使う。

B電源はLED電源にしたいけど、時間がかかるので実験用電源の20Vから

ヒーターと共用にする。

B電源はアモルファスコアのLPFを通して供給する。

電流出力は1543球DACからいただく。これが手っ取り早いでしょう。

20V球が届いたのでエージングしておく

即、真空管I-Vの音を聴きたいので、部品捕獲にバシへ。

ユニバーサル基板で組んでみよう。

出遅れましたよ(笑 

hfeの低いのしか残っていない。数千個あったような?

たこ足の金メッキ、どこに眠っていたのだろう?こんな石。

音いいんだろうか?@26円 ft140M Cob4PF いいかんじ。とりあえず少量保護。

銘石っぽい。

たこ足の金メッキ石、C15XX を入手した。RF MiXらしい。ftが250MHzもある

hfeが10000 ダーリントンらしい。@100えんもしやがるぞ。

パスTrによいのではと思い試しに保護。

1543球DACのパスTrに入れて試聴。

ダメ。使い物にならん。銘器1543球DACがクソDACになった。

即、パナな石に戻した。定電流もパナがよい。

これこれ、これでなくちゃ。これならSonicaDACとはり合える。

しかし恐ろしいことだ。。。

皆さんはどんな音で聴いているのだろう?石を指定しないとダメですね。

C15XXも他の用途なら銘石になるかも(笑

追伸:

運良く、ひょんなことからC693たこ金、の全hfeランクが入手できた。

この石、昔オーディオに多用された石。

さて、音は?

WEの20Vヒーターの球を使う。これならプレミアは付いていないので安い。

この20V系からB電源を作り、プレート電圧も上げる。もちろんLED電源使用。

------------------------------------------------------------------------------------

じんそんさんのページを見ると、なんと、なんと真空管I-V回路でアートワークされた

1543DACがUPされているじゃないですか!!!

早く聴いてみたい。

イベント進めなきゃいけないけど、集中できるかな(笑

↑このページのトップヘ