2018年02月

気分転換にaに基板を注文。ほかも注文。
整流器に気になるモノがあった。
問題は音なのですが、聴いてみないと何とも。
ショットキー11EQSの3パラが好みなのですが
一発で音の良いモノがあれば実装が楽になるので。

あら?こんなのがあったんですね。出遅れ。売り切れ。
ここも見にくいサイトですね。
いっぱいありすぎ。

GHz真空管が届いたので見てみる。
なんかスケルトン。デリケートそう。
どんな音がするのだろう。
添付のソケットも立派なモノだ。
これはオモシロイ。
好かんけど、カップリングコンを入れて出力してみよう。
低電圧動作させるのでPMLCコンが使えるかも。

あと832Aとかも気になる。


気分転換に。
スッチングではナニなので、Non-NFBで。
部品集め。

PROSTさんのLED電源基板をKAIして使う。
パスTrを銘石のπMOS-FETにする。これをやるのはイマしか無いでしょ。
LEDはアキシャルタイプを使う。
ぼお~っと点灯するので眩しくない。
元気よく光らないから、よいのです。ガラス封入ですし。
昔、P社などのアンプのバイアス回路の基準とかによくみかけた。

ノイズフィルターは某の@300箱入をアモコアにKAIする。
箱はHENの放熱ケース。
トランスは某のトロイダル。電圧が微妙な感じ。
某のしっかりしたコスパ抜群の放熱パワーアンプケース602の扱いが
無くなってしまったので仕方ない。残念。よいものは無くなる。

ついでに、5102の中◯DAC完成基板を注文。PPSコンが使われている@1280で爆売れみたい。
TIの石の音は好きじゃないけど。ラズパイI2Sで繋がるらしいし試しに。
しかし、わかりにくい通販サイトですね。発送は速いようだけど。

例のGHz増幅真空管の発送連絡が来た。楽しみ!
1543球DACに繋いでみよう。

某の、たか◯◯さんの基板。よいですね。
なかなか、こうなっているのが無いです。
さらに120μとかの銅箔だと完璧だと思うのですが。
ベアボードなので何枚か買っておくこくことにしょう。

確定申告が済んだら、いろいろとやりたいことがあります。
音の良い整流-平滑基板は必須です。
こんなところで音悪いとかになりたくないので。

RC5Bのラインアンプとか、RC5Bの真空管I/Vとか、作りたいですね。
なんぜGHz増幅用ですから、超絶サウンドになるかも?かもですが。
あと832Aのラインアンプとかも。

ハイオクを入れても殆ど燃費は変わらないような?変化なし。誤差の範囲でしょう。
瞬時?パワーが出るせいか、乗り心地が荒っぽくなりますね。

でもね。音が。変わり?ました。プラシボ?
たんにエージングが進んだだけ?温度が上がったから?

いゃ~この変化は。。。確実に変わってる。良い方に。
空気感が出てきましたよ。まさか。アタックも感じるように。いや~まさか。。。
耳が慣らされただけ?

ちょっとしたことで、引っかかて先に進めない。
知っている人は、相手は知っていると誤解しているから。

この行を追加してね。と店員さんに言われても。
と言われても、いざ、やろうとしても、できませんのですわ(笑
と言うか、言ってる店員さんも実はできないのでは?と。勘ぐり(爆

こういうときは某で聞く(笑 走る。某は相談しやすいのです。
で某で教えてもらった。サンクス!

なんでもそうだと思うが。。。
勝手に自動でやってくれるモノ(Win-PC)に慣らせれているから。

で。本を買ってきた。CQ出版のなんたらオーディオ。
けっこう、読める。あっという間に斜め読み完了。

と言うか、共立あたりでせっかくのスペースがあるのだから
ラズパイオーディオのセミナーをやってほしい。
これも売り方の一つではないのだろうか。




↑このページのトップヘ