2018年03月

なんと、バシにRETだったかのパワーアンプが出ている。
と言うか置いてあると言った方があってるかも。
RETはもちろん、メタCAN。
いくら? 80kだと。高杉。売木ナシとみた。


サンヨーの耐圧の高い石が届いたので視聴。高精細度CRTディスプレイビデオ出力用とのこと。
これ、超HiFiですね。銅合金?の足かな?カット面が銅の色をしている。
凄い。
聴かせてくれる三菱の方が好きだけど、このサンヨー石、ケチのつけようがない。

情報量は問題ナシ。良い。凄いですね。
同じサンヨーでも@8石とは次元が違う。@8の石は普通@50だからこの石@100は抜群に安いと思う。
それに本物間違いなし。
Vcbo300Vの石で、fT150MHz、cob3.1PFは伊達じゃない。
RC5BアンプのB電源用ハイブリッドLED電源の定電流石はこれに決定。
パスTrがNECなので合うと思う。

光ケーブルの工事あったので速度を測ってみた。

下り、上がりとも400Mくらい。TYOのサーバーだと100Mくらい。
なんか遅くなってる。。。気のせい?かな?上がりだと900とか出てたような。
1Gに変更した当時はもっと速かったような?
ベストなんたら、なのでこんなもん?

ADSL当時から比べると夢のスピードなのですがねぇー。。。

某の端子台は現行品のようで。オプションの端子カバーも端子番号も付いてますぜ。
お値段がお値段のモッテケなんとか、なので追加保護しておこう。

JP金具も入手可能とのこと。よかった!
ググる、はすごいですね。これ無かったら何もできないです(笑

AC100Vを各トランスに分配するので端子台にJPが必要。
あと、整流基板からのDC出力を一旦、受け、アンプへのケーブル接続に使う。

ピッチ8.4ミリで場所を取らない。小型なのがよい。
下駄(カードエッジコネクタ基板)が入手できれば、使い道はもっとある。

ウルトラファーストなんたらダイオードも来た。
AKIさんでアモビースを買わなくっちゃ。ついでにシフト8パラのパーツも。
ファインメットビーズとかアモビーズを某Dさんとかで扱ってくれれば助かるのだが。
デルの抵抗器もW数の大きいものがほしい。バシでは無いのでよね。単価安いし需要が無いのかな?

トランスと整流基板の間に、トランスカバーを兼ねて電磁波吸収シート付きのセパレータを入れよう。

ちょっとしたものの加工とかで位置を罫書くのに、定盤にハイトゲージにを出すのが面倒。
なので安物のノギスでケガいていたが、ノギスを斜めにしてケガくので微妙にズレる。
ケガキノギスとやら、があるそうな。こりゃ便利そう。

残り少なくなりました。
その後どうかと三協、東海に行ってみたが閉まったまま。

残っているのは、東京真空管、テクニカルサンヨー、あと趣味系の豊中オーディオ、大阪無線、日本橋
パーツのメインは共立、デジット、東京からのマルツ、千石だけに。

自作オーディオ人口の減少で、売れないから儲からないのでしょうね。
売れないから部品が無い、無いから・・・の悪循環 部品の単価安いし。
安い海外生産も大きいでしょう。
あと、通販の普及で店まで行かなくなったこともあるかも。
石のフェイクを掴まないためには店頭で見るのが一番よいのですが。

私の場合はどうかと言うと部品入手先は、通販(TYO)、デジット、オクです。
オクにもフェイク石が出ているので注意。

まだ届かないな。早く発送してちょいうだいね。
暑くなると木が痛むのでは?

届きました。
ボレロをシンボルツリーとして直植え(花壇)に。見た目おいしくなさそうだから、たぶんカラスにやられにくい?
メイちゃんは鉢植えに。赤いから目立ってカラスにやられるだろうから移動できるように鉢植え。

花壇の土を一旦全部取り出しにかかる。
終わらない。暗くなったので明日に。筋肉痛。

花壇の土の調合は真砂土(元にあった土)4:赤玉土小粒3:腐葉土3で行こう。
花壇の底はコンクリで水抜きパイプを作った筈。
底には鉢底石を敷く。
離して肥料を入れておこう。

鉢植えは赤玉土小粒4、川砂2、腐葉土3、鉢底石かな?テキトウ。

↑このページのトップヘ