L-Rが逆になるって!まさか?
確認しなくては。ジャック色が逆なのは中華ではよくある。(JPNでは赤がRch)
もしかして駄耳。。。そんなこたあー無い。低音楽器は左から聴こえていた。

大丈夫。RはRから出力される。P板なのにそんことになる筈がない。
もしかして試作品が流れているのかも?
200円安いシルバーの方をポチった。やばいかも?

入力オープンでVRノブに触れるとハム音が少し出る。
VRとノブを交換してアースを接続していないからだろう。
ナットで落ちると思っていたが。
銅箔を共締して元のVRのアースランドに接続しておこう。
ということは、今、箱は浮いているのか?
確認しなくては。

ついでに電磁波吸収シートも貼っておこう。

上手くできた。ネジ穴とかの塗装も剥がした。これで接続はOK。
吸収シートも貼った。

逆接保護ダイオードを削除し、Dの茶コア小に1T//22Ωを入れた。
視聴:低音出過ぎ。DFが低い。ゆるい電解の音。それにコアのキャラの音が+。
イマイチ。駄目だ。
コアを外してFRDを入れておこう。真空管ハーモナイザーの音がよい!
電解をOSコンに替えようかな?
50V耐圧は無いので入力の16V部分だけになるが。やめておこう。

コアは難しい。。。

そうかと思えば、スイッチングACアダプターには抜群の効果がある。
添付のアダプターのDCコードにDの茶コアに2T巻き。
トランス式ではコアのキャラが目立って逆効果。だ。が。

スイッチングACアダプター使いの人はぜひ、やってみてほしい。

なんたら1T//22Ωのコアは削除して100V5AのSBDを入れた。
銀線でGNDを補強した。

ゆるい低音は消え去った。GNDですね、GND。
波動砲からぶっ飛んできますよ。凄い!クリアーな秋の空に抜けきります。振り切ります。凄い!凄い!
凄まじい情報量に洗脳されてしまう。

6AK5の三結って、こんなに音がよいとは。
というか、この真空管って音良すぎ。石のメタ缶だとなんだとか言ってるのが、あふぉらしくなります。

完成です。 聴いてると用事ができない(笑
凄いコスパです。コレ、お勧めします。本体3k+球3k+CRパーツ1K程度ですよ。

あとはWEの球で聴いてみよう。

予告なくトッピングの10kUSBDACのD10が届いた。おっ!