空を見上げて

バケツ稲(土作り〜田植え)年長



お米の苗が育ち始めたので、田植えに向けて、土の準備をしました。

*土作り*
まずは、黒土、赤玉土、鹿沼土という3種類の土を、6.3.1の割合で混ぜ、お米作りに適した土を作りました。
土づくり (4)
土づくり (1)
土づくり (2)
土づくり (3)

*田んぼ作り*
続いて、ジョウロで少しずつ水を入れながら、ドロドロの田んぼの土にしていきます。グループごとに役割を分担したり、順番交代をしたりしながら、協力して取り組んでくれました。出来たドロドロの土は、バケツに移しました。
田作り (1)
田作り (2)
田作り (3)
田作り (4)

*田植え*
そして、葉が2.3枚に増えた苗を、一旦1本ずつにほぐし、よりしっかりとした丈夫な苗を選んで束ね、バケツの田んぼに植えました。
田植え (1)
田植え (2)
田植え (3)

これからは田んぼの土が乾かないように、毎日水の管理をしていきます。元気いっぱいに育ちますように!

ryukoku52ryukoku52  at 05:55  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 

食育☆赤黄緑のメニュー!年長


食べ物は、赤(体をつくるもとになる)、黄(エネルギーになる)、緑(体の調子を整える)、と、大きく3つに分類することができます。子どもたちに伝えてみると、「へぇ〜そうやったんや!!」「わたし知ってる!なんか聞いたことある!!」と反応はさまざま。そんな食べ物のチーム分けの中から、自分たちで使う食材を考えてみることに!
分類分けの表をみながら、赤チームから2種類、緑チームから2種類の食べ物をグループで相談して選びました。結果、赤の食べ物は、わかめと牛乳に。緑の食べ物は、にんじんと玉ねぎに。黄は先生でご飯とじゃがいもに決定!
「メニューはどうする?」とみんなで考えていると、子どもたちから、「人参と玉ねぎとじゃがいもでカレーがいいんちゃう?」との案が!以前カレーを作ったことがあったので、今回はカレースープに決定!残るわかめとご飯でわかめふりかけご飯に。牛乳にみかん(緑)を追加してデザートにすることに♡

5月20日、待ちに待った、自分たちで考えたメニューの食育の日です♪

エプロン、三角巾とマスクをつけ、手洗い、消毒もしっかりした上で、まずはデザート作り♡牛乳にカルピスとゼラチンを入れ、みかんを飾ってゼリーにしました🍊
1
6

続いてはわかめふりかけ作り!調味料を計量したり、火の扱いも約束した上で炒めることも手伝ってもらいました。「なんだか海っぽいにおいがする!」と香りも楽しんでいました。

そして、スープ作り!玉ねぎは先生が切り、子どもたちには人参とじゃがいもを切ってもらいました🥕🥔包丁の扱いも大分上手になり、先生で形の調整もせず、子どもたちが切ったままのサイズでスープにすることに。煮込んでいると、漂う香りに「お腹すいてきた〜」、コンソメとカレー粉で味付けをすると、一気に部屋中がカレーの香りでいっぱいになり、「もぅたべたいなぁ(o^^o)」「おいしそうな匂い♡」と待ちきれない様子!
2
3
4

スープも完成し、お待ちかねのお昼ごはんです!
ご飯にわかめふりかけをかけ、スープを配っていただきます!もちろん「おいしい!!」の大合唱で、「これ僕の切ったじゃがいもや!」「わたしが切った人参は絶対これ!」「これは〇〇くんの切ったやつかなぁ?」と自分たちで切った野菜を見つけながら(⁉︎)、喜んで食べていました(๑˃̵ᴗ˂̵)
スープは完食!ふりかけもたくさんお代わりし、デザートのゼリーも美味しくペロリと平らげました♡
5
7

自分で、みんなで考えたから、よりおいしさも増し、メニューとしてもバランス良く、そして楽しい食育となりました!

ryukoku52ryukoku52  at 05:15  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 

バケツ稲作りに挑戦!年長


年中組のときに、夏野菜やじゃがいも、ブロッコリーなど、いろんな野菜を育てて、収穫して、味わってきた子どもたち。年長組となった今年は、なんと!!バケツを使って、お米作りに挑戦することに⭐︎

◎4月30日 芽出し
バケツ稲は、苗からではなく、種から育てます。お米の種となる、『種もみ』から芽を出すため、水に浸しました。
イネ (1)

◎5月7日 種まき
ゴールデンウィークが明けた頃、水に浸しておいた種もみから、白い芽がぴょこんと飛び出しているのを発見!子どもたちは、「なんか出てきてる!!」と大喜びです♡ポットがわりの紙皿に、土を入れ、種もみをまきました。ここからは、苗として植えられるくらい大きく育つまで、水やりをしながら見守ります(*°-°*)
イネ (2)
イネ (3)

後日談として、、。種まきから数日が経ったある日、ようやく土から出てきた数ミリくらいの稲の赤ちゃんを見つけて、「生えてきたー!」「みんな!見て見てーーー!!!」と大はしゃぎでした^ ^♡
イネ (4)

お米を育てるのは、年中時の野菜の栽培よりも、もっと時間がかかり、手間がかかり、難しいこと、上手くいかないこともたくさんあります。その分、たくさんの発見があったり、成長がより嬉しく感じたり、と色々な経験、きもちにも繋がることでしょう。
これから収穫の日まで、子どもたちと大切に育てて行きたいと思います♡




ryukoku52ryukoku52  at 23:33  | コメント(0)  |  この記事をクリップ!