本堂建設では、とても不思議な縁を感じざるを得ません。

熊本の大地震の時お見舞いに行った見性寺さん。
新築の本堂の瓦屋根は1枚もずれることなく、壁もクラックなしでした。

それにひきかえ、庫裡は古かったので大掛かりな修理が必要なほど被害があったのです。

本堂の建設の際も、庫裡の修理の際もアドバイスをしてくれたのが、金剛組で仕事をしている住職のお兄さんだったと言う話をその時していました。

その中野さんとおっしゃる宮大工さんの話は、金剛組の営業の方とも話をしていたのですが、現場監督は知らなかったようです。

昨日トイレの脇に「中野」と書かれた道具箱がありました。
監督に聞くと「来られてますよ、お知り合いですか?」
たまたま2日だけ空いたので手伝いに来てくれていたようです。

見性寺さん(熊本地震後すぐの頃)
庫裡は被害があったけど、本堂は無傷!

IMG_0305
IMG_0306
IMG_0308
IMG_0303
IMG_0304

昨日お会いした、中野さん。
見性寺住職のお兄さん

IMG_5503

本当にご縁は、繋がって、広いものですね。