2回目の復興支援に入っています。
愛媛 宇和島の大乗寺さん。

さて、今朝の新聞にその「宇和島吉田町の断水解消へ」との記事がありました。

数日前の読売新聞によると、厚労省が浄水施設を探していたところ、この規模のものは、在庫がなく特注なのでかなり時間がかかるとメーカーに言われました。

そこで、オリンピック、カヌーのスラロームの施設に設置予定の浄水施設を東京都と協議して持っていくことに。
もちろんオリンピックの為に、もう一つ作るのが間に合う事が条件でした。

カヌーをやる人に万が一飲んでも問題のない水を供給するって、凄いおもてなし。

その浄水施設を運ぶのに、高さ5メートルは道交法の壁で運べない。

そこで自衛隊の物資として運ぶことになったのです。

厚労省、東京都、メーカー、自衛隊の連携でこの記事が生まれました。

IMG_5629

実際に現地では、警察の先導に浄水器を乗せた自衛隊車両、自衛隊の後方支援車両と続いていたそうです。