RYUKOU'S

能満寺住職のとりとめない話

2014年05月

てらでコンする

寺でお見合いを企画しようという意気込みで昨日ちっちゃな企画会議をしました。

名前は「寺でコンパして結婚しよう」をコンセプトに「寺でコンする」に決まる予定「 Tela de comsule」

第1回は8月24日(日)で男子はお坊さん限定で開催。
2回目は11月22日で制限なしで開催されます。

どうぞ応募のお問い合わせをお待ちしています。

社会奉仕委員会

本山で社会奉仕委員会がありました。

社会奉仕の重要性を訴えるということで講演会などを住職研修会に開くことを目標にすることになりました。

先代、20世 明也和尚 命日

31年前に亡くなった先代の命日です。
私は10歳の小学生でした。

2014-05-26-12-36-47


父親でもあるのですが面影くらいしか覚えていません。

その当時、中学教師も兼職していたので夜も遅く、朝は早く出て行っていたため一緒に何かした記憶が殆どありません。

それでも、背中に乗って足踏みしたことや映画に1度連れて行ってくれたことなど断片的に思い出すことはあります。

葬儀は、その記憶の最後の場面です。
境内はそれほど広くなかったですが、1000人以上の方が焼香に来て頂きました。

小学校のクラスからも何人もの友達が来てくれました。
その時は子供達用の返礼はキャラメルだったように思います。

教え子の中学生代表の弔辞が読まれました。
この子達は、父親が転任して2ヶ月目の生徒さんで、新しく来た学年主任の先生が、陸上記録会でリレーを走り、そのまま亡くなるという場面を間近で目撃していたということです。

新しく作ったテニス部の生徒も来ていたことでしょう。

葬儀に集まってくれたのはそれだけではありませんでした。
近くの駐車場で60人くらいの改造した制服を着た高校生がたむろしていたそうです。
見かけた従兄弟が「何しているのか。」と声を掛けると「松本先生が死んじまったから挨拶しなきゃならないと思って集まった。」と答えたそうです。
「なら、こんな所に居てはダメだろ。」と促すと婦人用のツッカケに染めた髪の
彼らは焼香をしに寺に来て列に並んでくれました。
私が見たのは焼香しているところだけでしたが、そんないきさつを聞くと涙が出そうになります。

今日のミーちゃん

大あくび!!

2014-05-24-19-51-04

2014-05-24-19-51-07

坐禅会

今朝の坐禅会は、手話の話と居合の話など皆さんの得意とする話題で盛り上がりました。

手話では名前を表す時歴史上の人物で表すそうです。
背中の刀を抜いたら佐々木さんとか、槍を刺すのは加藤さんなど。(佐々木小次郎と加藤清正)

いろいろ表すには歴史も勉強になりますね。

人気ブログランキングへ
楽天市場
記事検索
プロフィール

りゅうこう

タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ