RYUKOU'S

能満寺住職のとりとめない話

2018年03月

地鎮式 

本堂の地鎮式が執り行われました。
天気にも恵まれて、暑いくらいでした。

地鎮式は、施主、施工者、様々な方の安心のための行事です。

これより先、長い時間の安泰をお祈りいたしました。


IMG_5054

駅まで宮大工の金田さんを送って行く時、道草をしました。

IMG_5058
IMG_5059
IMG_5060
IMG_5061
ふじやま公園、伊勢原の桜の名所です。











本堂地鎮式支度

本堂の跡地は更地になって、新たな一歩を踏み出します。

金剛組さんが、今日は朝から地鎮式の支度をしてくれてます。

IMG_5051

ただの平地とは思えない、爽快さがあります。

29日10時から地鎮式です。












春彼岸も終わって、春到来

すっかり暖かくなりました。
裏の農道を上がって行くと、キジの親子が散歩してました。

綺麗なキジと茶色のキジx2。

IMG_5038
子供たちは先に林の中に逃げてしまって、親鳥は警戒しながら、後をついていきます。

「鳥は飛ばねばならぬ、人は生きねばならぬ」坂村真民

鳥もまた生きねばならぬのですね〜。












お彼岸前に文字もクッキリ

門柱の字がハッキリしないので、どうしたものかと思っていました。

増田石材店さんに相談して、黒い石を貼るのは、とアドバイスを頂いて、その手があったか!と思いました。なるほどそうすればシックな感じになるなと。

いずれそのようにするとして、とりあえず筆の上手な、たけしょうさんに紺色に塗ってもらうことに。

たけしょうさんの本業は墓石クリーニング。
文字が浮き上がりました。

昭和34年の建立です。

IMG_4998
IMG_4992
IMG_4991

ここに貼る黒石のスポンサー引き続き募集しております。












雲水さんが古材を

建長僧堂の雲水さんが先日、古材を引き取りに来てくれました。

IMG_4986

旧本堂の材料で古いものは、江戸時代のいつ頃切り出したかわかりません。毎日の竃やお風呂の薪になります。














人気ブログランキングへ
楽天市場
記事検索
プロフィール

りゅうこう

タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ