RYUKOU'S

能満寺住職のとりとめない話

2018年07月

山門大施餓鬼会 支度

午後から役員さんが集まって支度をして頂けました。本堂がないので、屋外にシートを張っております。

お祭り気分満載です。

2間3間の防火シートで、現場から頂きました。

先日のウレタンの火事も、このようなシートで覆っていたら違ったんでしょうね。

ブルーシートより白くて、とても感じがいいです。


IMG_5612

IMG_5613
IMG_5614
IMG_5615
IMG_5616

雨は降らなそうで一安心!

本堂を建設していると、施餓鬼を簡略化する傾向にありますが、出来るなら普段と同じ規模でと願っていました。

建長寺の参暇日記にも、普段の行事は大飢饉でも出来るように質素な食事にすべしとあります。

簡素にして毎年同じように行うことが大事と受け止めました。呼ぶお坊さんを絞ったりしない。それが寺の年中行事です。

阪神大震災の時、祥福寺さんは、被災しながらも日常の勤行や鐘の音は普段通りに響いていた。
そのことがどれだけ市井の人を勇気付けたか知れません。祥福寺さんでは今日も普段どうりに鐘がなっている、と。
そのように、普段どうり行う事を大事にしたいと思います。










初参加、大学の同窓会 神奈川支部総会

先日、役員の方が能満寺までお越しになって、お誘いいただいたので、やって参りました。中華街にあるローズホテル。

全国でも大きな支部のようです。

今日も100名以上席が用意されてます。

IMG_5604

来年の登壇を打診されてましたが、どうなることやら。










豪雨災害 禅堂の泥 宇和島市大乗寺

大乗寺さまの禅堂に堆積した泥を出すのですが、乾くと陶器の粘土のようにカチコチになってしまいます。

かと言って、水をまた撒いて、泥を寄せるには、それを掻き出す手段が思い当たりません。

IMG_5579

結局、ヘラのようなもので引っ掻く事にしました。

まずは、チリトリ。
座ってやるしかないし、結構、力がいる。
次に長い棒で立って削る事に。
細かいところができないと断念。

その頃、雲水さんが少し濡らすと削りやすいですと言うではないですか。

モップで適度に湿らせて、作業能率アップ。

午前中で手前のところだけ綺麗になりました。

IMG_5580



















宇和島市の大乗寺様

スジャータプロジェクト

床上浸水にあった大乗寺さんへ到着。
僧堂もある伊達家の菩提寺です。

全面に10センチの泥が固まっていて、苔も埋まってしまいました。

これから、禅堂の泥かきです。

IMG_5578

IMG_5574

IMG_5575

IMG_5573

IMG_5577

スジャータプロジェクト

IMG_5563














松山空港に到着

明日の大乗寺様でのお手伝いに向けて、松山空港に到着しました。

レンタカーをピックアップして早朝に向かいます。

IMG_5572

スジャータプロジェクトとして義援金を直接お渡しします。
駒澤大学の小川隆先生にご支援いただきましたこと感謝申し上げます。

IMG_5563

















人気ブログランキングへ
楽天市場
記事検索
プロフィール

りゅうこう

タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ