鹿児島 天文館 洋酒 カクテル バー サムサーラ BAR SAMSARA

鹿児島 天文館 照国表参道交差点近く 東千石町5-14 テンパーク通り入り口 2階 TEL 099-227-1667 pm7:30~am3:00 年中無休

街外れの洋酒バー。大通りに面した2階、シックでロマンテックな雰囲気とロケーション、ブラックコンテンポラリーな音楽。大人の隠れ家としてのバー。ワイドな窓、赤いネオンサイン、ブラックライト、個性的な照明、仄暗く、時にFunkyに普段は静かな落ち着く空間です。鹿児島中央駅から5分。天文館電停から3分。 1988年開業。何も変わらない空間。シングルモルトやカルヴァドス、その他世界の洋酒全般、無限のカクテル、プライベートヒュミドール。アナタの極上の時間と刹那と非日常をお約束。BARはサンクチュアリ。ディ-プな夜に・・・ウェットな夜に・・・。  
洋酒のギャラリー 洋酒カクテルバー ロマンティックレッドを基調の美しい艶やかな洗練された都会的雰囲気のエクセレントバー。数千種の洋酒のワンショットと世界のカクテルと銘酒のみをご提供。BGMはメロウなソウルバラードやときにはFunkyにソウルフルなダンスナンバー、JAZZなど。全国から様々なお客様、接待、ご出張、ご旅行、などで。オーセンティックバーでのデートのカップルも多数。ヨーロッパ各地アメリカなどからの観光の方々も多数。喧騒を離れた大通り沿いの全面窓ガラス張りの2階のバー。近くに照国神社、西郷隆盛銅像、温泉ホテルや美術館、博物館、などが点在する鹿児島天文館の文教地区。背景に城山、前面に桜島錦江湾を控えた稀有なロケーション。天文館東千石町はお洒落地区、昼は各種セレクトショップが点在、夜はイタリアン、フレンチ、その他個性的なグルメ店の街。裏には七味小路、グルメ通り。テンパーク通りなど。眼前には中央公園。感性に溢れた大人の地区です。鹿児島中央駅からはタクシーで5分。天文館電停からは徒歩3分。旅の記念と思い出作りにも是非お立ち寄りを。鹿児島の観光地は仙厳園、知覧特攻記念会館、桜島、指宿砂蒸し温泉、霧島神宮、黒豚料理、屋久島などです。当店BAR SAMSARAサムサーラ天文館店を中継基点として是非楽しい旅を完成させて下さい。週末やピークのお時間には男女の相席もご了承下さい。男性は20代半ばから40代前半、女性は20代前半から30代半ばを中心に、連日素敵な男女で賑わう大人の空間です。此処は大人の社交場、様々な出会いや癒しやトキメキや密やかに洗練された濃密な空間です。心の隙間を埋めたい時、素敵なひと時に触れたい時、出会いや悦びを求めたい時、アナタのプライベートバーとしてご利用ください。

非日常の隠れ家バー5

SAMK
AAAAAAAAAAGFHJjkk
img_597501_4200173_48
IMG_20160906_211543

img_597501_4200173_52
15338525_344988342547639_2826044328504197120_a

img_597501_4200173_116

SAMFSAMC

1988年以来何も変わらぬ稀有な空間。

雑踏から離れた閑静な立地に在る 仄暗くシックな大人のバーです。

なんとなく感性がお合いしそうな直感のされた方

上質な酒や雰囲気や音楽に関して鼻の効く方は

少しばかりの勇気をだして

細いエントランスへ続く階段を

期待を込めて上がってきてくださいませ。



ドアを開ければ そこは人生と人生の出会いの幕開けでございます。

此処は2階に或る赤いネオンサインに囲まれた大きな窓フルオープンの

小さなカクテル洋酒バーです。

世界の銘酒の数々で埋め尽くされている特殊な空間。

仏像 仏画 ARTで壁も天井もデザイン。

SAMSARAとはサンスクリットで転生輪廻とゆう意味。

音楽はブラックのバラードやJAZZ Funkyな曲を

でかいJBLで流してます。




酒ではシングルモルトウィスキーやカルバドスのビンテージ物も粋。

ビンテージのポートワインやシェリーもシガーに合います。

此処は禁煙ではございません。

葉巻 各種シガーも持ち込み可です。

ヒュミドールも完備してます。

どちらかとゆうと男性メインの硬派なバーです。

内装 照明は艶っぽく女性受けしますが、

必然的にカップル様が多い空間です。



眼下は大通りに面していますので

車のヘッドライトや人々が一晩じゅう大河のように流れています。

雨の日には車のヘッドライトが

路面に反射して綺麗

そんな時のBGMはSADE。



私の母校 鶴丸高校や青山学院のOBの方々も是非。



この空間は永年の大切なお客様方の想い出バンク。


皆さまの深き思い出のワンシーンの詰まった空間。


大切に維持しお守りするのが仕事。



此処はこの店を愛してくださっているお客様総ての方々のために

存在しています。

それ以上でも以下でもございません。



此処はは素敵な方々がお集まりになる場所です。



BARとはヒトそれぞれの人々の魂の置き場。


バーテンダーとはホスピタリティと粋。











理想とするカクテル

 香り高く美しく心地よい刺激も交えトロリとさらリと艶のある液体。


身体の粘膜全体が美味しさに酔いしれる、そして幸せに満たされる。



そのような感覚は時にエロティック。

そこには優しさと厳しさと際どい愛が。


飲み込んだあとには残り香の余韻。


身体と精神をを駆け巡る悦びと生命エネルギーに満たされます。




バーとは粋な心得の大人の場所。


無粋に騒いだりするための場所ではございません。





品格のある艶やかな美しさやダンディズムを放つかなり素適なお客様方。



 
人間的個性と魅力と深み、酒の熟成と深みは似てます。



群れから離れ独り訪ねる隠れ家バーはエルミタージュ。



人生の悦びとは流動、耀きとは交感、それはもっとも深い感動。


万物は流動し交感し合っている。


バーとは日常と非日常の境目。


その特殊な空間では男と女の生き様が垣間見えます。




扉の外では互いの名も知らぬまま

ただ擦れ違うだけだった人生が

扉を開けた瞬間から

人生と人生が交差し始める。

此処では出会いも別れも数限りなく。

カウンターには約30年間の様々な疵がそのままです。


人生は綺麗事や偽善では済まされない時もあります。

だからバーは必要なのです。

ただ酒を飲むだけではない何かが

存在します。




時を超えて結ばれる者たちは いにしえよりこだまする

神々のお召しに導かれて・・・


そんな巡り合わせのカップル様のお手伝いをするのも仕事。







ご自分を振り返りたい時。

人生にワンクッションを置きたい時。

何らかの静かな決意をした時などには

是非ふらりとお立寄りください。


心から深く優しくお迎えします。




ディ-プな夜に、ウエットな夜に、まどろみの夜に。


アナタの卓越したバーになりたいと願ってます。





此処は一期一会の小宇宙的空間。



夜毎全国から様々な業界や分野の方々がお見えになります。




皆様を幸せに導き生きる勇気やエネルギーの光を発する


希有な空間でありたいと日々精進。









It is not length of life, but depth of life.










image


14719354_168481373606079_9021963063087071232_n
13741268_1818354561742704_966696533_n
14676783_1788906894723013_8745540569939312640_n
AAAAAgdjc;
image008
img_209822_889171_3
img_209822_1681331_0
img20031226205722
image
15284869_1262004987207741_3518204858280821391_n
img_209822_889171_1
14134789_1359775204040171_825222591_n
14240553_517498698460714_1129404628_n
14240482_1655558041426815_1239212015_n
12822461_1569020963415044_1257335378_n
12383471_908712019250550_1937875523_n
BBBAAAACCCAA
samsara japan best bar
img_597501_4200173_116

381809_224565740951676_100001947545629_494801_972189832_n
AAAAArui13
545746_286899171384999_1000019475456
AAAAAAAAAGhjzklxcv
img_597501_4200173_72
BLACK
AAAAAAFGHJzkxc
MMMMMMATINI
MALT
AAAAAAAAAAGFHJjkk
シェーカー
sam-info-sys
SAMSAMssss
ABA
samsamsamryuk



MAP BAR SAMSARA
SAMA

SAMD

SAMB

 SAME
SAMI
SAMG
SAMH
SAMJ
SAMK
SAML
シェーカー
AAAAAAAAAAGFHJjkk
img_597501_4200173_116
AAAAAAFGHJzkxc
BLACK
MAP BAR SAMSARA
img_597501_4200173_48
SAMC

最高のバー空間5



img_597501_4200173_48






或る口コミから

超個性的&独創的な濃密なバー空間




通い続けてるバーのひとつです。

お酒は洋酒のみ数千種類くらいあるらしいのですが

ほんと狭い空間にお酒のベッドに囲まれて生活しているような

そんな錯覚に一瞬おそわれたりもします。

酒とお客様がどちらが主役なのか

もちろんお酒なんでしょうね

スペース的に。

世界中の様々な美酒,美しいデザインのボトル,ラベル,味覚,香り

そして美しい凝った世界中のグラスの数々

新しい出会いと驚きと悦びにいつも感嘆します。

どれをとってもバーの魅力が尽きることはありません。

心地よい酔いとリラックス感に満たされたひとときに私には最高の空間です。

ここは昭和にオープンのワンオーナーのバーです。

マスターは大学時代東京都心に在住されていて

鹿児島ではいきなり此処をオープンさせたらしいです。




一期一会の仕事   人生は旅   仕事も旅の途中でまだ修行中です  なんて

意味不明な気取ったような謙虚なような話もたまに聴きます。

旅とは独りで行くもの  旅行とは徒党を組んで行くもの ですって

私も帰ってきてからはずっとお世話になってますが

東京が懐かしくなると都心のマニアックなローカルな話にも造詣がやたら深く

懐かしい話にも華が咲きます。

地元トップ進学校T高校から都心A学院大学を卒業して大会社に入社、でもすぐそちらをやめて此処を

オープンさせたマスターは

だいぶ変わり者で個性的かもしれません。だいぶ実年齢より若く見えますけど。

色が白くて不健康で怪しいってのが夜のお仕事の方のイメージでしたが

ここのマスターは正反対

知的だけどバカみたいにユニークで冗談好きで昼は海で一年中潜ってばかりいて肌も真っ黒。

でも心底優しい。そして気が利く。

他人の家庭の相談にも親身になって乗ってくださる奥深さ。

非常に奥の深い慈悲深い方です。

夜の世界に咲く蓮の花のような凛とした輝きを放つ店です。

良くも悪くもいろんな相談に乗ってもらったり

話を何時間も聴いてもらったり

いろんな思い出がこの変わらぬスペースには沢山あります。

たまに深酒して深夜に立ち寄ると寂しいことにすぐ帰されます。

悔しい想いをしますが後になって感謝。

そんな店です。

クールなようで人情に厚い店です。そしておしゃべりの癖に口が堅い。

厳しくて優しいマスターの永年やってる独特な空間。

たぶん私生活も事業もいろんな顔を持ってらっしゃる方。

仕事中には勧めても酒は絶対に1滴も飲みません。

そこがおもしろくありません。

飲むとただでさえ強い霊感が冴え過ぎるらしいです。

冗談でしょうけれど~

カクテルだとドライ過ぎない程度のマティー二や

ブランデーベースが好きかな

どれを飲んでもその時の体調や気分に合わせて

絶妙な味覚のレシピの魅惑の美しい液体がでてきます。

コンビネーションと洞察が最高なんだと思います。

さすが35年のキャリアなんだなと

シングルモルトではアイラ系が大好きだったのですが

もう卒業ぎみで今はオールドビンテージのアルマニャックブランデーあたりを

ストレートで・・・とゆうのが落ち着きます。

お食事の帰りに2,3杯

寝る前に2,3杯ってゆうのが私のスタイルかな

ここのカクテルは皆ドライで切れがいいです

そして度数が強くてみずっぽくない  でもトロリとまろやか

余計なシェイクは極力しないみたいです。

極力甘みを抑えてる通向けの味かも

低糖質専門のオーダーも可みたいです。

ここでは知り合いと偶然会いたい夜と逢いたくない夜と

いつも気分が交錯する不思議な空間です。

なにかを求めて此処に来てる自分をいつも再確認します。

ここには思い出が沢山。

なにも変わらぬカウンターに歓びも涙も沁み込んでます。

常連さんが集まってるとゆう雰囲気は皆無の店

いつ寄っても初めての県外からのお客さまがみえてらしゃいます。

知らない方とのさりげない会話も

また自分磨きのひとつです。

酒と仄暗い落ち着く空間と身体の芯にまで響くブラック系やJAZZの音楽しかない

至ってシンプルな空間です。


私個人的には好きなお酒と美しいグラスの数々、

そして癒される音楽に包まれながらの 最高の極上のひとときに浸れる

かけがえのない空間。


誠実さと包容力と安心感に満たされる空間。





 a23
MAP BAR SAMSARA

AAAAAAFGHJzkxcBLACKMARTINI


MMMMMMATINI
MALT
img_597501_4200173_84
img_597501_4200173_116
img_597501_4200173_117fdc

img_597501_4200173_72

AAAAAAAAAAGFHJjkk
390695_140136436099423_100003092034271_178022_2023011700_n

img00005222458381809_224565740951676_100001947545629_494801_972189832_n

LIVET50201112281957000

シェーカー
SAMSAMssssAAAAAAAAAGhjzklxcv

sam-info-sysimg_597501_4200173_52

ABA
saaaaaaakkk545746_286899171384999_1000019475456
1422515_529543600467279_313097983_n


DonAAAAAAAAfghjuk
AAAAArui13201311201904000


img_597501_4200173_86

Bar Samsara Kagoshima Japan

ff71e1ce-s
cf897a79
2aec4553
14052198_142106299573373_132198036_n
b736a25f-s
bfac112d
FB_IMG_1504037069275
f3a02362-s (1)
21e3cd96
2609791b
893cecbb-s
90f7b329-s
068c3293
20f797e8 (1)
7f8ab206-s (1)
1b77609d-s (1)
s_1001
ff0dfd15-s (1)
cd458265
cbdf8755 (1)
07029e8a (1)
38266a6d-s
91d26d54
317dceef
8fc279f2-s (1)
31db0762 (1)
d62e3499 (2)
dc5cf448
a9f964e6-s
2e42c986

eb1ae762
21e3cd96
2ee23daf-s
画像1 158
514b75c9
d6c022e8 (1)
8064c37b
P027486153
img_597501_4200173_86
img_597501_4200173_72
SAMSARAGRANT
a23
AAAAAAAAAGhjzklxcv
10632124_919218811530649_1325409493_n
93a8ab40-s
8f098f5f-s

image
image
image

13696562_1152117954851881_1473621762_n
BARSAMSARA2017
image
12822337_980490878701783_1378776157_n(1)
13745130_1671535753169059_919751561_n
samsara japan best bar
SAMB
381809_224565724285011_100001947545629_494800_1030813295_n
img_597501_4200173_48
MALT
シェーカー

Merci de me partager les couleurs de ta vie.1988~2018

永くやっているバーとゆう形態の空間は

そのポテンシャルは様々で奥深くて千変万化です


あらゆるポテンシャルを引き出すのは

お客様次第

酒や洋酒や味覚や経験や知識や薀蓄や様々な会話ですらも

お客様次第です


お客様に応じて

お客様がその夜

引き出したいものに

それぞれのレベルで

応えます


意識しようとしまいとも

お客様の潜在意識に光と満足感と安らぎを与えるのが

使命です。

カクテル専門の方 リキュール専門の方 モルト専門の方

ワイン専門の方 バーボン専門の方 オードヴィー専門の方

様々な方々の味覚や経験に応じて

一瞬で感じ取った深い洞察により

謙虚に謙虚に満面の笑顔で

ご対応します。


実際 大バカですがバカなふりをして盛り立てることも

プロのバーテンダーにおいては

得意技です。

志は高く インテリジェンスは低くの精神


難しいのは

酒云々よりも

様々な方々の様々な御事情、人生劇場に対して

日々、夜毎、応対するのが

至難の業

なかなか満点は頂けませんが

70点を日々目標にしてます




薩摩藩 示現流の精神


真摯な気持ちで

ご対応します。




バーの魅力に

今だ魅せられて惹かれ続けます



様々な感性を満たして下さるバーが昔好きでした



神宮前の東郷女子学生会館前を渡った歩道橋の裏通りとか


青山墓地の崖下の狭いガードレールへりを千鳥足でやっと辿り着く

地下の素敵なバー空間とか


地上55階に或る美しい稀有な夜景の

思い出深きバーとか


すべては旨いジントニックやマティーニを求めるためだけの


個人的な感度





久々に観た映画

グランド・マスター

実在したカンフーの達人の映画


ラスト近くで

主演の観音菩薩のように美しいチャン・ツィイーが




自分を知り


世間を知り


人生を知る




深い言葉



そんな行間の隙間に


バーで過ごす時間を知る



是非入れてみてください



興味のある方

ご縁のある方

好奇心のある方

何かが心の琴線に触れる方


秘密の空間

自分だけの隠れ家

真夜中の駆け込み寺

心と魂の置き場

思い出の空間


自分自身をみつめなおす時



自分自身へのささやかなご褒美



佳きご縁と人生


手に持つ

煌めく液体


バカラクリスタルの閃光が

指先から

手首を伝って

喉元

首筋

背中


その麓のチャクラまで


一瞬で駆け抜ける


感度の高い夜に












BIG SAMSARA
803c1f18-s
0ad09b91
image
image
image
image
ecc7c99a

f13c67ed-s
e1a64cc4
d907c0ca
8580a83c
b50a06f5-s
a23af4cf
21e3cd96
41682944-s
2ee23daf-s
e83db3d8
image
画像1 158
403659_104516219673507_184964788_n
514b75c9
09d3d45c
8064c37b
893cecbb-s

P027486171
P027486014 (1)
P027486004 (1)
AAAAAAAAAAAFGzhxjc
img_597501_4200173_86
img_597501_4200173_72
SAMSARAGRANT
AAAAAAAAAGhjzklxcv
13597588_206985249697588_253515593_n
10632124_919218811530649_1325409493_n
13744093_596646520515331_143208865_n
13696562_1152117954851881_1473621762_n
13713973_312836275728608_1064576470_n
13686899_1078750465542077_1080916082_n
13423605_904014299727040_1383631489_n
b5e6331b-s
image
8f098f5f-s
image
image
image
image
image

warewarenosummu
14240553_517498698460714_1129404628_n
13696820_1170333802988960_1866991430_n
13722040_135613356880032_250467323_n
km2
a23
img_209822_1681331_0
14240899_1229638003724497_1264282362_n
14262669_303865056647558_1102848315_n
bc0fea14bbf7889971c60a72856ad732

ワインレッドの心 30周年5

30ani
30zni2
30abi3
30abi4
30b8db14 (1)
e3edd8f6
4dc41b02
971e2273 (1)
2aec4553
4ed70437
856ed5aa
a1177031
s_1001
d51c0a78 (1)
P027486893
2609791b
21e3cd96
20f797e8 (1)
068c3293
90f7b329-s
07029e8a (1)
38266a6d-s
a23af4cf
31db0762 (1)
803c1f18-s
8064c37b
SAMSARALIVET
SAMSARASSSSSS
AAAAAgdjc;
140917_0108~01
13694913_1027744793999923_201377290_n
image
km2
img_59
13181228_1137792552939519_461624092_n
saaaaaaakkk
13713973_312836275728608_1064576470_n

夏椿 沙羅双樹の花

平家物語
祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり
沙羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらわす
奢れる者も久しからず ただ春の夜の夢の如し
猛き人もついには滅びぬ ひとえに風の前の塵に同じ

沙羅の木は菩提樹とならんで仏教では聖木
syara

雨 紫陽花

yhjm

夏 開始

12994299_1032445363497039_1889211481093121641_n
12961496_1030841206990788_5182098323528409614_n
21719
fdcd4d01-s
803c1f18
351c7762-s (1)
07029e8a (1)
31d1f2bd-s
d62e3499 (2)
6eb0d61d-s
14624815_1837684076461411_7107904969159737344_n
!cid_CEF39DB03BF048FE8625971589A26DB5@RKF
39315a4c-s
e3937f9c-s
kasasa
13713973_312836275728608_1064576470_n
14677470_1713826925607583_7637397574021808128_n
13696562_1152117954851881_1473621762_n
12751585_588839751292660_1687207535_n
image
src_26588270
kkkkkkkkkkkkrtfgy
NOMAIKE
img_600590_17552811_6
NNNNOMAAAA
a0142901_2311269
!cid_CEF39DB03BF048FE8625971589A26DB5@RKF
AAAAArui13
saaaaaaakkk

You realize that you control your own destiny.

There’s no evidence whatsoever that men are more rational than women.
Both sexes seem to be equally ir-rational.

The art of love is largely the art of persistence.

Life is full of misery, loneliness, and suffering
and it’s all over much too soon.

We accept the love we think we deserve.

Where there is great love, there are always miracles.



These are the few ways we can practice humility
To speak as little as possible of one’s self.
To mind one’s own business.
Not to want to manage other people’s affairs.
To avoid curiosity.
To accept contradictions and correction cheerfully.
To pass over the mistakes of others.
To accept insults and injuries.
To accept being slighted, forgotten and disliked.
To be kind and gentle even under provocation.
Never to stand on one’s dignity.
To choose always the hardest.


4ed70437

洋酒のギャラリー 貴女のPRIVATE BAR

ディ-プな夜に、ウエットな夜に、まどろみの夜に、

アナタを癒やす媚薬のようなバーでありたいと願ってます。

眼下には大通りに面していますので

車のヘッドライトや人々が一晩じゅう大河のように流れています。

群れから離れ 1人訪ねる此処はエルミタージュ。

心と身体 に貫かれ感のある特別な夜のArt Cocktail。

品格のある艶やかな美しさやダンディズムを放つお客様方。

バーとは日常と非日常の境目。

その特殊な空間では 男と女の生き様が垣間見えます。

時を超えて結ばれる者たちは いにしえよりこだまする

神々のお召しに導かれて・・・




21719

It is not length of life, but depth of life.

d51c0a78 (1)


2018年

35年もこの稼業してますと
毎年いろんな方々のご報告をお受けます

1991年当時の当店に凛々しい若武者なバーテンダーが居ました

彼は貴公子のような美しい顔をした
よくきびきび動く有能なバーテンダーでした
そして

明けて今日は彼の命日・・・

当時自分も若かったので
だいぶ厳しくハードに叩きこみました
同じ釜の飯を食わせて
家族弟同然でした

海にもよく連れていきました
美しい大海原
釣り ダイビング ドライブ
夏の思い出深き色んな場所


当店で彼と当時お話を交わした方々も多いでしょう

そう あのこです

蝶ネクタイとバーべストのよく似合う
オールバックにした美しいお顔をしたあのこ
もし少しでも当時の片鱗を思い出した方がいらっしゃいましたら
是非彼を思い出してやってくださいませ 彼のために


その後
彼はある大企業でバリバリ働いてました
ほんとに立派になっていて嬉しかった

でも彼は言ってました
ここに居たときが 自分が一番輝いていたと
なにも変わらぬこの空間
ずっとしていてくださいね なんて


今BGMにマルワルドロンのピアノ ジャッキーマクレーンのアルトサックスのレフトアローン

久々 胸の奥に染み入ります たまらなく

昔セルマーのアルトサックスでよく吹いてました。


この曲はビリーホリデーの死を偲んだもの
気持ちが伝わります
当時もよく営業中にもかけていました
リクエストも多くて


ヒトは生きていてあたりまえじゃないんですね
ヒトは元気でいてあたりまえでもないんですね
つくづくそう感じます


もう一度彼と酒を交わしたかったです
彼の好きな酒はオールドセントニックと
ビンテージのカルバドス

海外に出張の際にも飲んでたらしいです

ひととなりの垣間見える話です

根っからのオシャレでダンディズムを生まれつき兼ね備えた謙虚な男でした

あの、お互い若かりし頃

週末の満員の店内で彼とシェイカーの音を呼応させながら

ダブルシェーキングをしていた華やかな光景を
自分は一生忘れません

心に刻み込んでます

その銀のシェイカーは今も目の前に・・・
涙が溢れでますね



これをもしお読みになられた関係者縁者の方々は
是非なんなりとコメントでもメールでも
お電話でも気兼ねなくしてくださいませ

店主

It is not length of life, but depth of life.

転生輪廻とゆう意味の名のバー

bfac112d
鹿児島の中心地の文京地区。天文館の街外れ。桜島、錦江湾を前面に島津斉彬公を祀る城山下の照国神社。その表参道大交差点近くに懐かしき昭和より佇む大人の隠れ家バーです。洋酒オンリーのCocktail BAR。狭い階段を上がった2階に在る秘密の小空間。真夜中に煌めく小さな老舗のバー空間です。全国津々浦々より、また海外より訪れる旅やビジネスのお客様も多数。大通り沿い全面ガラス張りのワイドな窓、それをとり囲む赤いネオンサインが目印です。シックな仄暗い落ち着いた間接照明のみの大人の雰囲気を醸し出します。カップル様御用達。非日常空間の美学や音楽そして酒。一献のグラスのなかの酒は想いと情熱の凝縮の塊~。美しきカクテルと世界の銘酒のワンショット、光を浴びて~バカラクリスタルや薩摩切子の輝きに酔いしれて~。シェーカーの金属音、注がれる雫の気配~最後の一滴までもが Elixir ~ 身体に響く大JBLから流れる低音大音量のブラックミュージックやJAZZのBGM、レコード針音源の繊細さ、シックでエキサィティングな大人の空間と動く光のハーモニーに身を委ねて極上の酔いを。たまにはExciting Crazy Night~。酸いも甘いも噛み分けるバーテンダーと共に~一夜を~。シングルモルトウィスキー、オードヴィー、カルバドス、オールドラム、シャンパン、葉巻、・・・此処にはダンディズムに溢れる男の空間と、そんな男達にエスコートされる、そしてされるべき女の空間が展開されます。刺激、癒し、慰み、快楽、心ときめく瞬間、思いやり、優しさ、気遣い、知的会話、笑顔、眼差し、エレガンス、香り、嗜み、感性、知性、感受性、美学、人生観。心と喉の渇きを潤し、心の隙間を埋める、そんな希有な空間。Solitude、孤高をEnjoyする時間も大切。Lonelinessな心の隙間をもお埋めしたい願い。人生の誤謬と業の穴埋め作業が、飲むとゆうこと。SAMSARAとはサンスクリット語で輪廻転生とゆう深遠な意味をも含みます。皆さまの人生に諸天善神のご加護が常に降り注ぎますようにとの願いを込めてお待ちしております。そして、ご自分へのご褒美としての最高の夜の演出にもご利用ください。シュールでセンチメンタルな夜にも似合う稀有な空間です。人生と人生が交差するバーと言う名のサンクチュアリが好き。身体じゅうを突き抜けて悦びに震えるようなひとときと心が噎び泣く夜にもアナタノ味方として存在したいのです。 
4f175be8 (1)
56466e32-s


The SAMSARA Short Story(25年前ある雑誌に連載)

14052198_142106299573373_132198036_n

第1話 酒


酒は ARTである。


ボトルの様々な形態、ラベルの美しい色彩、独特の味・・・
全てにおいて芸術的「美」に値する。

酒により喜びは倍になり、
悲しみは半減する。


酒には 人の心を操るバッカスが
宿っているのだろう。

バックカウンターに並ぶ700本のボトル・・・
それらは数百,数千、数え切れないほどの人生を
眺めてきたのだろう~。


人の個性と同じく、
酒も 個性の塊である。酒は人類の英知・・・
人生の伴侶として
一生いい関係で 付き合いたいものだ。


彼らが舞台に上がる時間・・・・・


午後 7時 。


今夜もまた 赤いネオンサインに照らされ、
いっせいに スポットライトの光に浮かびあがる。






第2話  バーテンダー




バーテンダーとは 感性の職業・・・
酒と飲む人との橋渡し役である。
酒をより美味しく、より美しくと願い、
クリスタルのグラスに注ぐ毎日・・・。

背には700本のボトル、
それぞれの個性をうまく引き出すのが 仕事。

この仕事で大切なのは
『優しさ』 である。
酒に対して、 人に対して、 
すべてに対しての 優しさ。

美味しいカクテルを創り出すには、
ある種の 「気」が必要である。
自分の精神状態が 不思議な気となって、
手から シェーカーのなかへと伝わる・・・・・

背には 無数の ボトル・・・
様々な 人生・・・

その 生き様が 酒の味。

毎日 、多くの人生に 直接触れている職業
バーテンダー・・・。
これまで幾千,幾万の人生を眺めてきたのだろう~。


カウンター越しの・・人生・・・
甘い夜
苦い夜
喜びの酒・・・・
つらい酒・・・・

私は酒を愛し、人間が好きだ。
そして、この職業に恋してる。

カウンターの内側~
そこが 私の人生~。

アイ・アム・バーテンダー





第3話  ビトウイーン・ザ・シーツの女



かつて 来る度に同じカクテルを頼む女がいた。
彼女は いつも ひとり・・・
そのカクテルの名は、
「ビトウイーン・ザ・シーツ」
ブランデーとラムがベースの ほんのりと甘い
ナイトキャップ・・・。

端正な顔立ち、ロングヘアー、細い指先には赤いマニキュア・・・

その狭間に揺れる カクテルグラス~。

「ビトウイーン・ザ・シーツを ひとりで ヤルなんて~変わったヒトだ」
と、思っていた。

その彼女が 3年ぶりに訪れた。
随分落ち着いた感じになっていた。
初めて見る アップのヘアースタイル・・・。
彼女は 微笑みながら言った、、、
「あのカクテルは、・・・寝たい~・・・のサインだったの~・・・」
と、

私は 多少の動揺を 隠しきれなかった。

彼女のために 久しぶりにシェイクしたカクテルは
『ホワイトレデイー』

「いつからジンが好きになったんですか~?」

「結婚してから・・・・・」

今の 彼女は、・・・『ホワイトレデイー』


その名の通り・・・「貴婦人」と呼ぶに

ふさわしい女性だと思った。


BARには、様々な人生が 交差する~





第4話  雨の日のBAR



午前 2時 ・ ・ ・
外は 雨 ・ ・ ・
赤いネオンサインが ショートしてパチリ、パチリと
点滅している~。

カウンターの上にはストレートグラスが一個。
グラスの中には 琥珀色の液体、マッカランの1964年物、
至高のスコッチウイスキー。


今日の仕事を終えてからの一杯・・・
バーテンダーの至福の時である。

この静寂、かすかな雨音、
その囁きとBGMのJAZZが
微妙に交差する。

私は雨の日が好きだ。
空気に潤いがある。
酒の味もまろやかだ。

雨に濡れた窓・・・
眼下には 車のヘッドライトの煌メキ・・・
濡れた~路面に反射して、
今夜は いちだんと ロマンティック・・・・・。

雨の日の BAR 


その空間は 外界とは 切り離されたもの・・・
一人のとき、
愛する人と二人だけのトキを
より 濃密に 感じさせてくれる。

その静寂の空間は  サンクチュアリ・・・

人々にとっての、聖域である。


雨の夜は、潤いのある人生を、
可能性のある未知の人生を
感じさせてくれる~

心が濡れる夜・・・

BARは、サンクチュアリ~





第5話  ドライマティーニの掟



初夏の夕暮れ時~
ドライマティー二の 最も美味しい季節・・・。
毎年 、この時期になると 決まって毎日のように、
マティー二を飲みに来る男がいる。
午後7時、


赤いネオンサインに酒がライトアップされる時間・・・、
と、同時にドアを開ける男。
「ミスターマティー二」。

ドライマティー二は カクテルの王者。


旨いマティー二を創るには、
様々な技術、感性が必要である。


それは、バーテンダーの掟。


でも、彼は飲み手の掟を主張する。


彼の言う掟とは・・・

1.夏の夕暮れ時、昼と夜がクロスオーバーする時間に
  夕陽を眺めながら飲むこと。


2.食前であること。


3.三口以内で飲むこと。
  ひとくちめは、香りを・・・
  ふたくちめは、キリッとした喉ごしを・・・
  みくちめは、胃に染みわたるその余韻を・・・楽しむべし。


4.五分以内に飲み干すこと。
  五分以上放置したマティー二は、
  例え世界最高のマティー二といえども、
  ただのまずい液体へと化する。


5.例え2杯目が欲しくとも、1杯で我慢すべし・・・。
  最高のマティー二は
  その1杯に真価がある。。。
以上。。。

P.S
  この掟はジンの銘柄、ベルモットの使用法、
  グラスの温度等、その他 最高の条件のもとに
  創りだされた、最もドライなマティー二を
  前提としている。
  それ以外のマティー二には、この掟は必要としない。


  口にしないのが 掟である~。

以上が ミスターマティー二の掟。


本当に旨い1杯のマティー二は、
その日のビジネスの疲れを サッ、と流し、食欲を駆りたて、
明日への活力を蘇らせる~。

生きている喜びを 1杯の酒に感じとることができる瞬間・・・・・・

今宵も 1杯のドライマティー二を皮切りに
夜の幕開け~である~。






第6話 真夜中のドンペリ



ドン・ぺリ二ヨン・・・・・
世界的に有名なシャンパン。
シャンパンは 祝い酒。
クリスマスばかりに飲むものでもない。
夏のシャンパンは また格別~。

昔、ある女とよくシャンパンを空けたものだ・・・・・


何か ことあるごとにシャンパン、、、
彼女の好きな銘柄は、
「ドン・ぺリ二ヨン」

その当時は、高価なシャンパンの為に
働いているようなものであった。・・・・・
細長いフルートシャンパングラス・・・・・・
立ち昇る細かい泡の数々~~~~~
その美しさに彼女はよく見とれていた~。


細い喉元に流し込まれるシャンパン~

そして、細く可憐で華麗な美しい指・・・

その様子を見ているだけで満足だった。

杯を重ねるごとに、彼女はうっとりと、
そして、恍惚感に 浸っていた~。



この季節になると想い出す、あの日の頃。



午前2時。


今日の仕事も終わり・・・
私は カウンターに冷えたドンペリと
アンティークなバカラのシャンパングラスを2本取り出した。

「シュポッ!」と空く、あの懐かしい音


今日は、真夜中にひとりでドンペリを空けよう~。
しかし、グラスは 2本。
私は 2本のグラスに立ち昇る美しい泡の煌めきを
見つめていた~。


一年のうちで、彼女とシャンパンを交わすのは
今日だけ・・・

なぜならば、今日が彼女の命日なのだから・・・






第7話  恋のX・Y・Z




秋は 別れの季節。。。
外の銀杏並木が色付く頃、
BARにも 秋の気配が漂う~。

午前2時~。
店のネオンサインを消そうとしていた。
と、突然ひとりの女がドアを開けた・・・。

「1杯だけよろしいですか~」


『ええ,』   『何に致しましょう~』



「X・Y・Z・・・」



シェイカーの金属音、
BGMには・・・・レフト・アローン・・・
そして、
ひとりの女~。
それ以外には 何もなかった。


静寂の夜 ・ ・ ・


ひとくちで飲み乾されたカクテルグラス・・・。

1分間の 沈黙。

彼女は 長い髪を掻きあげた~。
そして、ポツリと、
「今日、別れたんです。彼と~・・・」


彼女は軽く微笑み、
サッ、とカウンターを立った。

今日の ラストシェ-キングは 「X・Y・Z」
一日の・・終わりに・・・ふさわしいカクテル~

彼女にとって あの1杯は、


『恋のX・Y・Z』。


BARで始まる恋もあれば、

BARで終わる恋もある~。


 
          1993年 秋。







第8話  黒いラベルのシャンパン




LANSON BLACK LABEL BRUT ・ ・ ・

スタンダードだが 正統派の 辛口フランスシャンパン~

1760年からの歴史をもつ~ 黒いラベルの シャンパン。

このシャンパンにまつわる 思い出。


このシャンパンを 手にとる度に 彼女のことを 思い出す~。


それは ある 寒い夜の 深夜だった、

独りのオンナが BARの扉を開けた、・・・

端整な 美しい顔立ち~ 細くて長身のスタイル~

髪は アップに束ねていた・・・


物憂げな表情、 虚ろなオーラを カラダ中から~ 発していた。

手首には 包帯。

血が じっとりと 滲んでいた。

『ランソンを フルボトルでください・・・』


『かしこまりました』

『苺をいただけますかぁ~』

『はい』

彼女は、フルートシャンパングラスのなかに、

生の 赤い苺をつぶして落とした・・・

シャンパンを注ぐごとに

彼女は ごくごくと 細い喉元に

流し込んでいた~

どうやら のどが渇いてた様子。

あっとゆうまに、一本のシャンパンは 空けられた。

聞くところによると、

彼女は 恋に悩んだ末、

何時間か前に ザックリと、

手首を 剃刀で 切ったらしい~

その悲しみを 血止めの包帯が 物語っていた。

彼女にとって、そのシャンパンは、

想い出の銘柄だった。

彼との 刹那な幸せのひとときの・・・

彼女は シャンパンと苺の赤い色で~

新しい血を 補給したのであろうか~


それから 月日は流れた、、、

そのアイダ 彼女は 様々なアタラシイ愛を 遍歴した~、

手首の疵も 目立たなくなった頃から~

彼女は パッタリと 姿を見せなくなった。

どうしているのだろう~? と、想っていたとき、

風の便りに 聞いた~



やはり 縁が切れなかった、、と、、

肉体は 切り刻む、勇気があっても、

男と女のシガラミを 断ち切るには、

及ばなかったらしい。

その代わり、そのオトコの家庭は、


破滅したらしい~。

恐ろしい、風の便りであった。


そう言えば 、彼女は あの時のシャンパンの 空瓶を、

記念に~とか言って、 持って帰った~


空のシャンパンの空き瓶を 見つめて、

あれから 彼女は 何を考えていたのだろうか~

中身の入ってない、・・・愛・・・



今度、もし、 いつか見えることがあったら~

今度は シャンパンの銘柄が 変わってないことを願いたい。

「ウ”-ウ”クリコ」とかに~、

クリコ未亡人とゆう名のついた、有名なシャンパン~。

こちらは、黄色いラベルである。


男と女は 儚く かつ 難しい~・・・


今宵は 家に帰って、

KRUG でも 飲むこととしよう~!

私の最も好きな お酒のひとつ・・・


なんと奥深い この響き~・・・

~シャンパン~






第9話 壁のワイン画



今夜は 花冷えの 寒い夜~

まだ 店は ノーゲスト・・・

ふと,入り口の横にかけてる 手描きの ワインの墨絵・・を見た・・・


これを M から戴いたのは ちょど4年前の今頃~


彼女とは その前の年に 出逢った~


世界中を 飛び回るデザイナーの 彼女・・・

世界中の ワインも識る 彼女・・・


ある 大きな仕事で この地を 訪れ~

そんな 夜に 初めて 訪れた。。。


独りで 来て~ 

『何か ワインを 一本~ いただけますか~』

日曜の 夜~ であった・・・


僕が セラーから 取り出したのは、

1969の LEROYの ボーヌ・ロマネ~

ルロアのワインは その品質でも つとに有名・・・

ボーヌ・ロマネ~とは、あの ロマネコンティ~を有する地区のワイン~


ちょうど 成熟の域に達していた この ブルゴーニュ・・・

彼女の 雰囲気に マッチしていた。



彼女は その ワインを 口にして、

『 こんな ワインは 初めて~~~』

と 歓喜していた。。。

その夜は~

彼女との ワイン談義で 華が咲いた~



それ以来の 付き合いである~


彼女は あの ワイン以来、

ワインの 何かに 目覚めたらしい~

今だに~  そこいらのソムリエを 凌ぐほどの

ワイン通~である。


M とは その後 その年の クリスマスに 会ったきり・・・

もう 5年も 前のことである。


でも ワインを通じての 四季折々、季節ごとのやりとりは

いまだに 続いている。

彼女らしい~素敵な お手紙を たくさん戴いた~



イタリアに得意な彼女の お薦めのワインも

たくさん戴いた~

ぼくからは 様々な 1969の生まれ年のシャトー物を・・・


壁に掛けている 『 ワイン画 』の 『 エシェゾー 』は

その中の 一本 である。

やはり その銘柄も ブルゴーニュ・・・

ロマネの畑の 隣村の ふくよかな ワイン・・・



その ワインの画は ある記念の日に

彼女が 描いて 送ってくれた・・・

墨絵のなかの 淡い 赤・・・

その エシェゾーの残りの

実物のワインで 色染めしてくれたらしい~


奥深き ワインの 絵・・・

SAMSARA ARTの 一部~である。


彼女は 今 イタリアに住んでるらしい・・・

デザインとワインを 人生で 極めるために・・・

まだ 独身~ である。


私の 尊敬する女性の ひとりです。



21e3cd96
6ecc8837




真夜中のARTな空間&バー

1988年以来何も変わらぬ稀有な空間。
雑踏から離れた閑静な立地に在る 仄暗くシックな大人のバーです。
なんとなく感性がお合いしそうな直感のされた方
上質な酒や雰囲気や音楽に関して鼻の効く方は是非
少しばかりの勇気をだして
細いエントランスへ続く階段を
期待を込めて上がってきてくださいませ。
ドアを開ければ そこは新しい人生と人生の出会いの幕開けでございます。

此処は2階に或る赤いネオンサインに囲まれた大きな窓フルオープンの
開放的なカクテルバーです。
フードメニューはございません。
世界の銘酒の数々で埋め尽くされている特殊な空間です。
シングルモルトやカルバドスのビンテージ物も粋です。

眼下には大通りに面していますので
車のヘッドライトや人々が一晩じゅう大河のように流れています。
母校鶴丸高校のOBの方々も是非お集いくださいませ。

この空間は様々な大勢の永年の大切なお客様方の想い出バンク。
皆さまの深き思い出のワンシーンの詰まったこの空間。
大切に維しお守りしております。

此処は この店を愛してくださっているお客様総ての方々のために
存在しています。
それ以上でも以下でもございません。
良い店とは素敵な方々がお集まりになる場所です。
BARとはヒトそれぞれ魂の置き場とでも申しましょうか、
そう感じる夜は多々ございます。

そこに居るバーテンダーとはホスピタリティの精神と行動に尽きます。
あらゆることにです。
どうぞ何なりとご要望ご希望をおっしゃってくださいませ。

素敵なお客様に接していられるのが毎日の心の張り合いです。

理想とするカクテルとゆうものは
まず 香り高く 美しく 心地よい刺激も交え トロリとさらリと艶のあるとこ。
身体の粘膜全体が ときとして美味しさに酔いしれ 結果幸せに満たされること。
そんな酔いを与えられる魔法のような美しいARTDRINK
そのような感覚は時にエロテイックでさえもあります。
飲み込んだあとには残り香の余韻
そして 身体と精神をを駆け巡る快楽の悦びとエネルギーに満たされます。

バーとは粋な心得の大人の 或いは それを目指す若者に集って頂く場所であって
無粋に騒いだりするための場所ではございません。
総ての男性は常にレディファーストの精神と行動を持って
マナーを大切に紳士的に周りや店にも接してください。
それが心地よいお時間を得る約束です。
品格のある艶やかな美しさやダンディズムを放つお客様は
素適度はかなり高いです。
それが人間的魅力に繋がります。

群れから離れ 1人訪ねる此処はエルミタージュ。

悦びとは流動 耀きとは交感 それはもっとも深い感動です。
万物は流動し交感し合っているのです。

バーとは日常と非日常の境目。
その特殊な空間では 男と女の生き様が垣間見えます。

扉の外では互いの名も知らぬまま
ただ擦れ違うだけだった人生が
扉を開けた瞬間から
人生と人生が交差し始めます。

時を超えて結ばれる者たちは いにしえよりこだまする
神々のお召しに導かれて・・・

心と身に貫かれ感のある特別な夜のCocktailとは
凝縮の塊りの液体であり 美と色と香りと愛の融合する
人生のワンシーンにおいてのARTな特別なドリンクだと捉えてます。

ご自分を振り返りたい時
人生にワンクッション置きたい時
何らかの静かな決意をした時などには
是非 ふらりとお立寄りくださいませ。
心から深く優しくお迎えして さりげなく手助けお手伝い致します。

ディ-プな夜に、ウエットな夜に、まどろみの夜に、
アナタを癒やす媚薬のようなバーでありたいと願ってます。

此処は 一期一会の 小宇宙的空間。
夜毎 全国から様々な業界や分野の方々がお見えになります。
今宵も様々な会話と笑顔の華が咲くことでしょう。
素敵な夜が演出できる人生を。

皆様を幸せに導き 生きる勇気やエネルギーの光をキラキラと発する
希有な空間でありたいと決意してます。
bfac112d
068c3293
317dceef
s_1001
f3a02362-s
2b771dbc
dc5cf448
0ad09b91
2e42c986
90f7b329-s
66ee7227
image
52c16543
8064c37b
971e2273

現世と来世

何故に現世と来世を分け隔てる
人は前世より生まれ来たる
欲深い者たちにとっては時はあまりに短いが
愛し合う者たちにとっては時とは永遠なり


Why think separately of this life than the next,
when one is born from the last?
Time is always too short for those who need it, but for those who love, it lasts forever.


MIkael

稀有な空間

30年何も変わらぬ稀有な空間。飲み屋街を外れた閑静な立地。なんとなく感性のお合いしそうな直観のされた方、上質な酒や音楽や雰囲気に関して鼻の利く方は是非、少しばかりの勇気を出してわかりにくいエントランスの細い階段を上ってきてくださいね。ここは2階にある大きな窓のフルオープンのバーです。小さなビルのワンフロアーで雑居ビルではございません。眼下には大通りに面していますので車のヘッドライトが一晩中河のように流れています。責任持って心から温かくお迎え致します。
バーの日々の営業や、永い年月の間には、ただお洒落な会話や美味しい酒を出してればいいなどの綺麗言では済まされないシュールな瞬間や、シリアスな夜も多々記憶にございます。それがバーとゆう空間の醍醐味。人生と人生の交差点です。皆様の深き思い出や様々なシーンの詰まったこの空間。ただただその想い出を大切にお預かりしてるだけです。


cf897a79

九州 鹿児島 天文館 バー サムサーラ BAR SAMSARA

BAR SAMSARA バーサムサーラ since.1988

洋酒バー カクテルバー サムサーラ BAR SAMSARA 鹿児島 天文館 鹿児島市の歴史文化ゾーンに隣接。近隣に医学院跡地の中央公園、県立博物館、県立美術館、黎明館、県立図書館、史跡の城山、島津斉彬公の照国神社、西郷隆盛銅像、県文化センター宝山ホール、キリスト教伝来の地ザビエル協会など、雄大な桜島を前面とする、中原別荘とゆう老舗温泉ホテルの別館の真向い、照国表参道近くの大通り沿いです。 

鹿児島市 中心地 天文館 歴史文化ゾーン 城山 照国表参道近くに佇む大人の隠れ家BAR。現在30年営業中の 昭和オープンの洋酒しかない小じんまりしたバー空間です。大通りに面した全面ガラス張りのワイドな窓を囲む深紅の赤いネオンサインが目印です。艶やかで五感を心地よく刺激する非日常的空間です。無限の美しいカクテルと世界の銘酒のワンショットの数々。ボトルキープはございません。身体に響くソウルフルな音楽。仄暗いシックな空間に光り輝くCocktailとゆう想いを込めた美しい液体はお互いの人生をRespectに導き,トキメキ、癒し、慰み、快楽を与えてくれます。小宇宙的空間の美意識と精神性を大切にしアナタの感性を心地よく貫きます。 アナタにとって極上の酒と酔いと癒しのお時間をお約束します。ディ-プな夜にも、シュールな夜にも、センチメンタルな夜にも優しくお迎えします。様々な人生が夜毎交差する街外れのサンクチュアリ   鹿児島市 東千石町5-14 2階 099-227-1667


77932533


開高健の御言葉5








          大好きな 日本の文豪 開高健様のお言葉を



 

                   読め。
 

                  耳をたてろ。
 

               眼をひらいたまま眠れ。
 

               右足で一歩一歩歩きつつ、
 

                  左足で跳べ。
 

                トラブルを歓迎しろ。
 

                   遊べ。
 

                   飲め。
 

                 抱け、抱かれろ。
 

               森羅万象に多情多恨たれ。
 

              補遺一つ。女に泣かされろ。



 

         バーとは綺麗ごとや気取ったもんではなく

            上の文豪のお言葉のような感情を
             
         確認する生き方のひとつかもしれません。 








14240482_1655558041426815_1239212015_n
10453678_549390395241777_2000845808_n
14134789_1359775204040171_825222591_n
12825958_969080689794624_1442172536_n
13181228_1137792552939519_461624092_n
12751601_1516426471994644_1206674632_n
12822461_1569020963415044_1257335378_n
12383487_228159724198976_792034410_n
BBBAAAACCCAA
SAMB
calvados
SAMC
samsara japan best bar
img_597501_4200173_116

SAMF
SAMB
img_597501_4200173_86
381809_224565740951676_100001947545629_494801_972189832_n
img_597501_4200173_72
AAAAAAFGHJzkxc
MALT
img_597501_4200173_113
saaaaaaakkk
 

Bar Samsara since.19885

image
image
image
image
image


image
image
image
image
image
image

image
image
image

image
image

Somebody else's guy5

   

 

SAMSARA FUNK Night5



SAMSARA FUNK Night



  

変わらない空間がバーの真髄5

BAR SAMSARAは30年

此処は自分にとっても

最も心地のよい空間




パワースポットです。

希有な空気と空間



此処に来れるヒト

そして

来れなくなるヒト


事情もご縁も生々流転

 
これからも

心の襞に深みを感じる粋なバーとして。



世の中色んなことやテクノロジーや 様々な事象が日々変化していってます。

ヒトの環境や風貌や心までもが日々変化していってます。

年月を経れば尚更のことです。


宇宙のすべての存在は生々流転 すべての事象が動いているものなので

それが当然のことであり、それが摂理です。 


バーなんて空間も あってもよし なくてもよし。


変化してゆくところもあれば しないところもある。 


ただ そこで過ごした様々な人々の思い出のワンシーンは

ヒトの心の中では変化しないものです。


色褪せない心のメモリー。


変わらない空間では

一瞬で過去の思い出にタイムスリップできます。


その 「場」 で 酒を飲むときの 魂の置き場。


時間と空間を飛び超える不思議な稀有な感覚。



酒はどこで飲んでも一緒。 銘柄やレシピの違いはあれど。

ただ感じ方が違います。ヒトは、

どこに我が身を置くか で。





心地よいかよくないか 幸せか幸せでないか 満たしてくれるかくれないか


それが美味しさと満足感と幸福感に繋がります。


恋愛も然り 仕事も然り 人生も然り

飲み屋さんもいろいろございますが

やはりバーは特殊な空間。


なにせ酒と、空気と、人生しかないのですから。


お客様ご自身の飲んでる後ろ姿と横顔が

店の雰囲気をつくるのです。



30年何も変わらない 様々なカウンターの疵 











此処は皆様の思い出バンク









こんな狭い空間に いろんな方々の人生や歴史が交差して紡がれてゆきます。 




















 
              
 
          
     


 
        

 

 

 



 




 


 













12822337_980490878701783_1378776157_n(1)
14676783_1788906894723013_8745540569939312640_n
13741268_1818354561742704_966696533_n
        14719354_168481373606079_9021963063087071232_n
15043720_210603472715295_5635433576993390592_n
  calvados
 SAMK
fdc
AAAAAAFGHJzkxc
img_597501_4200173_48
MAP BAR SAMSARA
 

Deepな夜 Wetな夜 微睡みの夜

P027486004 (1)
calvados
a23
img_597501_4200173_48
AAAAAAAAAAAFGzhxjc
img_597501_4200173_119
MARTINI
img_597501_4200173_84
samsarakkkk
SAMSAM
img_597501_4200173_52
あAAAACCC
aaaaaasdfdffcd
AAAAAAAAAfgfijkk
AAAAAAFGHJzkxc
SAMSARASSSSSS


10632124_919218811530649_1325409493_n
14693823_1812615552288250_1722511318553985024_n
image

image
image
AAAAAAAAAAAfzgxhcjvk
P027486014 (1)



1988年以来何も変わらぬ稀有な空間。

雑踏から離れた閑静な立地に在る 仄暗くシックな大人のバーです。

なんとなく感性がお合いしそうな直感のされた方

上質な酒や雰囲気や音楽に関して鼻の効く方は

少しばかりの勇気をだして

細いエントランスへ続く階段を

期待を込めて上がってきてくださいませ。



ドアを開ければ そこは人生と人生の出会いの幕開けでございます。




内装 照明は艶っぽく女性受けしますが、

必然的にカップル様が多い空間です。



眼下は大通りに面していますので

車のヘッドライトや人々が一晩じゅう大河のように流れています。

雨の日には車のヘッドライトが

路面に反射して綺麗

そんな時のBGMはSADE。






















理想とするカクテル




身体の粘膜全体が美味しさに酔いしれる、そして幸せに満たされる。






飲み込んだあとには残り香の余韻。











 




バーとは日常と非日常の境目。


男と女の生き様が垣間見えます。


















ご自分を振り返りたい時。

人生にワンクッションを置きたい時。

何らかの静かな決意をした時などには

是非ふらりとお立寄りください。


心から深く優しくお迎えします。





















梅雨時のBGM

 











 


 

薫り立つ艶やかなバー5


77932533

21719
fdcd4d01-s

ff71e1ce-s
cf897a79
971e2273 (1)
2aec4553
68e23efa

a23
aaaaaaaadscvcv
AAAAAAFGHJzkxc
img_597501_4200173_48
14240482_1655558041426815_1239212015_n
14659224_1190448407682583_4512599684094623744_n
13722040_135613356880032_250467323_n
13532021_590031881157889_772842329_n
12825800_576295429196298_771845824_n
12751585_588839751292660_1687207535_n
結局のところ
人が好きで人を看るのが好きでやってます。
楽しい会話が好きでやってます。
バーはシンプルな空間
一期一会
付かず離れずの微妙なカウンター越しの距離が心地いい
最短60cm
30年何も変わらない様々な疵の入った天然木のカウンターです。
仄暗いシックな空間のなかに
ブルーの細いスポットライトが斜めから光の筋としてあるだけ
人とグラスと酒とバーテンダー
ただそれだけ
至ってシンプルです
今宵全体を五感で感じ
ガチな人と人との触れ合い、接点、会話、心の琴線に触れる瞬間に
身をまかせながら
今宵も深けていきます。

もうすぐ夏ですね

今宵も素敵な夜を~

蛍の舞う夜 

ダウンロード (2)
ダウンロード (1)
2e42c986
0bc17824 (1)

濡れた紫陽花の美

ajisai



Fifty Shades of Grey



BDSM描写のクールな恋愛小説アメリカ映画
Fifty Shades of Grey 

主人公のGrey が見初めた彼女(アナスタシア)を追いかけて、彼女の実家の近くにホテルのロビーにいる事を確かめ、会いに行く、その時の台詞。
ホテルのボーイ 「Someting to drink, Sir ? (何かお飲みになりますか?)」
Grey 「Gin and Tonic.(ジントニックを)」
Grey 「Hendricks, if you have it. Otherwise Bombay Sapphire. (もしあればヘンドリックス。無ければボンベイ・サファイア)」
Grey 「Cucumber with Hendricks. Lime with Bombay. (ヘンドリックスにはキュウリを。ボンベイならライム)」

ハンドクラフトジン 華やかでフローラルな香味が特徴のジン フラワー系のボタニカルによる花のような香り、さらにバラの華やかな香りも加わりとても上品で複雑な香り 11種のボタニカルとバラのエキスを使用 ジュニパーベリー、レモンピール、カモミール スコットランド製のプレミアムジン

タンカレーよりベルガモットの香りが少し強い香水のようなジン

IMG_20180430_200222





 


 

 

 




e960d99b
14052198_142106299573373_132198036_n
b736a25f-s










バーが初めてでも優しい空間5

昭和から

         オープン30年の鹿児島のガチな洋酒バー ですが

                  バーが初めての方にも

アットホームな優しい空間です  

バーは貴女のサンクチュアリです 

8064c37b
de2e9061
P027486893
P027486880
img_597501_4200173_48
samsara-club-night

AAAAAAAAAfgfijkk
AAAAAAAAAafdgfgh
13597588_206985249697588_253515593_n
14693823_1812615552288250_1722511318553985024_n
14722945_1831832360416812_7097441501113745408_n
13722040_135613356880032_250467323_n
13743473_159576594468691_2062825287_n
8f098f5f-s
image
image
image
image
image
image
image
image
img_59
14240553_517498698460714_1129404628_n
14134789_1359775204040171_825222591_n
BBBAAAACCCAA
SAMK
SAMA
SAMD
381809_224565740951676_100001947545629_494801_972189832_n
AAAAAAFGHJzkxc

ccccccc11

祖父の代からは65年 洋酒 バー SAMSARA

 

当店は1988年開業。

 
その前は青学時代に東京六本木。

 
この町内で生まれ育ち祖父は1953年日本初テレビ放送が始まると同時に

 
大型テレビを設置した本格洋食レストランカフェバー

吹き抜けあり2階造の「テレビ喫茶」を此処天文館東千石にオープン。

 
関西からコック多数引き連れて。

 
当時は鹿児島では洋食文化の走りだったそうです。
 

その代から計れば65年の歴史です。

当店は昭和の時代を跨ぎ、そして平成の最後も跨いでいきます。

BIG SAMSARA

image
41682944-s
893cecbb-s
img_597501_4200173_86
img_597501_4200173_119
SAMSARASSSSSS
13597588_206985249697588_253515593_n
12818898_1731275507095763_828270614_n
13534111_287481228308573_915609576_n
13696562_1152117954851881_1473621762_n
12784010_486831014833429_1591346813_n
image

 

C₈H₁₀N₄O₂

大雨も上がりコーヒー飲みたくなりました
皆様素敵なGWを

s_1001
1b2de673 (1)
6ecc8837
0bc17824 (1)
f3a02362-s
2609791b
8fc279f2-s (1)
31db0762 (1)
10cda38f-s
6eb0d61d-s
66ee7227
image
14624815_1837684076461411_7107904969159737344_n
e3937f9c-s
13731279_272895729759723_881464633_n
ajisai
img_59
あAAAACCC

GWは・・・


5月6日【日】
お休みさせていただきます。
あとは平常営業です。

351c7762-s (1)


31d1f2bd-s

6eb0d61d-s
ダウンロード (1)
00704
image
d907c0ca
cccc2

41682944-s

14624815_1837684076461411_7107904969159737344_n
e3937f9c-s
kasasa
SAMF
a23
img_597501_4200173_72
samsara-club-night
samsarakkkk
SAMDDDD
AAAAAAFGHJzkxc
SAMSARASSSSSS
img20031226205722
13597588_206985249697588_253515593_n
10632124_919218811530649_1325409493_n
8f098f5f-s
image
image
image
image
AAAAAAAAAAAfzgxhcjvk
ajisai
src_26588270
kkkkkkkkkkkkrtfgy

14719354_168481373606079_9021963063087071232_n
12822337_980490878701783_1378776157_n(1)
img_209822_1681331_0
image

img_59
15056779_206476646466227_1741014389852471296_n
15046897_1627491513943227_7217202433619918848_n
14262669_303865056647558_1102848315_n
calvados
SAMA
SSSSSSSAMSARA
SAMJ
381809_224565740951676_100001947545629_494801_972189832_n

癒される雰囲気

極上の時間を、最高のパートナーとお過ごしください。
6ecc8837
73d94cbf
4f175be8 (1)
7f8ab206-s (1)
0bc17824 (1)
f3a02362-s
2609791b
38266a6d-s
31db0762 (1)
90f7b329-s
BIG SAMSARA
image
a23af4cf
TTTTTTTTARI
8db3dbdb
09d3d45c
P027486893
mo50
img_597501_4200173_86
img_597501_4200173_119
SAMSARAGRANT

13597588_206985249697588_253515593_n
10632124_919218811530649_1325409493_n
13744093_596646520515331_143208865_n
13731279_272895729759723_881464633_n
13525486_1732831953631452_606883172_n
12751585_588839751292660_1687207535_n
image
BR15
image008
AAAAAAAAAAAASAMSARA
13713973_312836275728608_1064576470_n
a23
13876696_1109355139139394_5763600724780403779_n
13962486_1117641034977471_4895636201522652774_n
image
13741268_1818354561742704_966696533_n
12822337_980490878701783_1378776157_n(1)
image
iiiiiiiiiiiiiii
sam-info-sys
シェーカー
SAMSAMssss

ロマンティックレッドな空間

貴女のパワーチャージを・・・bfac112d
916a703f
c15fe869
73d94cbf
6da1dd68
803c1f18
6ecc8837
7daaecaf
FB_IMG_1504038577848
FB_IMG_1504038572535

洋酒バー 鹿児島 天文館 サムサーラ

IMG_20171225_194905_698
IMG_20171225_193144
IMG_20171225_192831
IMG_20171127_201719
P027486893
image2_1
FB_IMG_1504038523167
FB_IMG_1504037989903
FB_IMG_1504037394540
FB_IMG_1504037069275

Saudade

郷愁、憧憬、思慕、切なさ、などの意味合いを持つ、ポルトガル語およびガリシア語の語彙。 ポルトガル語、およびそれと極めて近い関係にあるガリシア語に独特の単語とされ、他の言語では一つの単語で言い表しづらい複雑なニュアンスを持つ

s_1001
1b2de673 (1)
6ecc8837
0bc17824 (1)
1b77609d-s (1)
2a8b4328-s (1)
7f8ab206-s (1)
20f797e8 (1)
068c3293
4f175be8 (1)
351c7762-s (1)
2609791b
21e3cd96
2772c55b-s
b2ae1156-s (1)
971e2273 (1)
56466e32-s
acf1758c (1)
f3a02362-s (1)
4f175be8 (1)
971e2273 (1)
1b2de673 (1)
s_1001

SINGLE MALT WHISKY

IMG_20180404_005117
cd458265
a23af4cf
38266a6d-s
91d26d54
317dceef
8fc279f2-s (1)
dc5cf448
画像1 158
41682944-s
mo50
img_597501_4200173_86
img_597501_4200173_119
img_597501_4200173_84
SAMSARAGRANT
AAAAAAAAAafdgfgh
AAAAAAFGHJzkxc
AAAAAAAARYUUISKY
226894_344568178993071_1745287005_n
10632124_919218811530649_1325409493_n
93a8ab40-s
BARSAMSARA2017
BBBBBBBBBOW
SAMD
img_597501_4200173_48
MAP BAR SAMSARA
samsamsamryuk

エクスクルーシブな空間5

カクテルと洋酒のワンショットの生粋のバーです

結婚式2次会・3次会 他 各種パーティー・クリスマスパーティー・忘年会・新年会 歓迎会 送別会 etc

雰囲気を確認したい方には・・・  

https://bar-samsara-kagoshima.owst.jp/

もご参考ください

※下見の場合のワンドリンクはサービスと致します 2名様まで
 

結婚式2次会・3次会 他 各種パーティー・クリスマスパーティー・忘年会・新年会 etc~ お1人様5000円

にてカクテルその他ワンショットフリープランがご利用可能です。10名様より貸切も可能です。

個性的パーティー的企画にご利用はいかがですか。最大28名様まで貸切できます。お気軽にご相談ください。

豊富なカクテルの饗宴

あと女性6名以上を含むメンバーにはシャンパンパンチボールも

たまには洋酒バーでの本格的な飲み。 

素敵な二次会・三次会はいかがでしょうか

フードメニューはございません。タコスチップは付きます。お変わり自由。オードブル等持ち込みも可。 

企画演出はご自由にどうぞ。 

スタンダードなカクテルやウイスキー・ワインその他もご用意致します。 

好きなBGMのリクエストも可 CD持ち込みも可です。 

ちょっとした小パーテイ 

ちょっと大人な贅沢な合コン 

ちょっとした接待に 

もう早いお時間たくさん食べておなかいっぱい でも 酒と雰囲気にはコダワルって方々には最適。 

夕方5時からのプラン開始可能です 日曜も予約可 深夜のプランも可 ラストAM3時 

お昼のランチタイムでも ご予約承ります。 

お昼カフェタイムのご予約は 外が明るいと全面ガラス張りのため 照明的雰囲気がでませんので 

その分 おひとり様2500円で承ります。 

PTA会合 ちょっとしたお集まり ちょっとした女子会など ご自由にお昼間スペースを企画ご利用ください。 

様々な特殊なパーティにもできる限りご対応致します。 

結婚式2次会 3次会 アフター 新年会 忘年会 歓迎会 送別会 お好きにご利用してくださいませ。



img_597501_4200173_48
a23
 
 「月やあらぬ 春や昔の 春ならぬ わが身ひとつは もとの身にして」 

在原業平 

 
桜島前面 照国神社前 西郷隆盛銅像近く 明治維新から150周年を記念して 医学院跡地 薩摩藩私学校跡地 中央公園前に30年バーを構えています。生まれ育ったのもこの町内。城山も遊び場でした。鹿児島の昭和の匂いのする街外れの洋酒バー

True Law

We have now seen and heard and taken refuge in the True Law

The vast body of the universe is the source of all that exists

All existents are in a state of interdependence and are subject to the Law of transmigration

The great universe that great realm of nature possesses consciousness

That consciousness controls the great body of the cosmos and causes all that exists to be in a state of  harmony

All  creatures of every kindexist in infinitely great compassion

The great body of the cosmos is the actual body of consciousness of God and at the center of consciousness is the  heart of God 

We should realize that the heart is compassion  and love and that body and consciousness are indivisible identical  with each other 

This great consciousness is the  Great Universethe Great Spirit of  Godand the Buddha Being  God  and the Buddha the body of consciousness  is the body  of God 

We should know that in this phenomenal universeour solar system is no more than a small organ of the great body of the cosmos and that the earth  is a tiny cell of a larger organ

Being a cell of the body of consciousness the cell itself has consciousness 

Because the great body of the cosmos is the body of Godthis phenomenal world that is the planet Earth is also the body of God

 

Being the body of Godit is the great temple of GodThe great temple is the training ground for the souls of every being

Spirits of every kind are gathered here

Transmigration of these spirits through the cycle of the three realms of pastpresent and future allows the refinement of the souls in the phenomenal world so that the Buddha−landUtopiamay be built in accordance with the will of God

We should further realize that all existents in the body of the cosmos pursure spiritual training in order to create a world of harmony conforming to the will of God 

 

We should know that the three realms of past  presentand future are the stage for the transmigration of life and that transmigration is eternally unchanging

The realm of the past is the worlds of reality and phenomena we passed through when training ourselves in previous states of existence

The realm of the present is this phenomenal worldwhere life and matter are identical Everything heat and light and the environment itself −is itself the energy of God and the training ground  for  our consciousness of life

We should give thanks for the environment of compassion and love bestowed upon us by God and the Buddha

The realm of the future is a state of a different dimension and is the world of the spirits that have left their physical bodies of the phenomenal world

There are levels of mental states according to the degree of harmonization of consciousness

They are the areas of the amount of light created by the degree of harmony between our heart and the hearts of God and the Buddha

Spirits at one with God and the Buddha are filled with the light of God and are Gods messengers of light who wisely guide other spirits from the world of reality They are called tathagatas and bodhisattvas

The phenomenal world has been entrusted to them by God and the Buddha.

They are compassion and love and guide the spirits in both this and other realms

There are also heavenly gods who protect the spirits from evil and assist righteous sentient beings

Those of Gods messengers who have a physical body in this world preach the True Law the Truth of God and lead being to the light of harmony

We should realize that we now in this phenomenal world are voyaging across the sea of life in the physical vessel given us by the parents we chose while in the other realm in order to refine our consciousnessour souland to create the BUDDHA−LAND in conformity with the will of God

The master of our physical body is our own consciousness.

In the center of consciousness is the heart We should be aware that the heart makes contact with the world of reality and that the spirits assigned to protect and guide us always lead us wisely

Because they lead us wisely our heart is faithful to ourselves

Howeverthe hearts of many are controlled by their physical bodiesand they forget the promises made in the realm of the past and pass through this phenomenal world concerned only with self−preservationselfishnessand selfish desires governed by the evil in their hearts and acting against the will of God

We suffer from birthsicknessold ageand deathforgetting our own true natureThe cause of this is the defilements

The defilements originate in the six sense organs the eyesearsnosetonguebodyand mind

To harmonize the six sense organs is to pay attention to right mindbased on the Middle Way

To pay attention to the mind is to reflect on ourselvesWe should realize that a reflecting mind purifies the soul

We are not aloneWe should be aware that guiding and protecting spirits are with us in our consciousness

We should thank them and understand that reflection helps us receive their guidance more adequately

We should realize that correct understanding of the six sense organs leads to the enlightened state buddhahood

We should thank God and the Buddha for their great compassion and realize that a spirits of harmony among all that exists is the will of God

We should have a sense of gratitude to our ancestorsphysically linked to usand show devotion to our parents

We should harmonize our body and mindalways lead a sound lifeand create a peaceful environment

All that exists−animalsplantsminerals−is the source of energy for the sustenance of our physical body

Aware of a sense of gratitude to these energy sourceswe should spiritually train ourselves in our daily lives

By leading daily lives that are harmoniouswe will more strongly receive the source of our hearts  energy  from God and the Buddha

Physical suffering becomes spiritual sufferingWithout physical sufferingwe are apt to feel attachment to sensual desires

Neither joy nor suffering is the basis for true enlightenment

Abandoning both extremes and entering the Middle Waywe extinguish the defilements of self−preservationselfishnessand selfish desires

With all phenomena we must exercise right view right thoughtright speech right workright livingright effortright mindfulnessand right meditation

It is in this wayin the life of the True Law that we receive the light of God and the Buddha and from the shore of delusion reach the other shore of enlightenment 

At that momentour heart is harmonized with the hearts of God and the Buddha and peace of mind results

Entering the world of lightthe heart reaches the perfect state of concentrationSamadhi).

This message is the eternal Truth of GodWe should live according to this truth.)

c15fe869-s

彼岸

RIMG3392
s_1001
8fc279f2-s (1)
6ecc8837
317dceef
38266a6d-s
91d26d54
a419bb62
2609791b
aa178632
07029e8a (1)
561c24c1 (2)

a23af4cf
90f7b329-s
893cecbb-s
cbdf8755 (1)
f3a02362-s
ff0dfd15-s (1)

NibiruSunset1
445457d1bea2d4ebce81d05884b41688
cd458265

Sakura

sakurasaku

慈雨 春爛漫

kujyakumyouou

独立不羈

image
image
BIG SAMSARA
image
5739469e48216656b3dcff1f9b84770b
f13c67ed-s
e1a64cc4
8580a83c
e83db3d8
2ee23daf-s
0bc17824
SAMF
SAMGGG
samsara-club-night
samsarakkkk
img_597501_4200173_117
あAAAACCC
AAAAAAAAAGhjzklxcv
AAAAAAFGHJzkxc
AAAAAgdjc;
12822337_980490878701783_1378776157_n
12751585_588839751292660_1687207535_n
image
image
AAAAAAAAAAAfzgxhcjvk
SAKURAJIJIMA
AAAAAAAAAAAASAMSARA
13962568_1117644318310476_5273267478287175259_n
km2

啓蟄

ff70ab90
10cda38f-s
31db0762 (1)


31d1f2bd-s

桃の節句 

響いて

奏でて

奏でて

響いて

共鳴する空間

BARと言う名のサンクチュアリ

大人の所作 立居振舞い


hjkl
2b771dbc
d62e3499 (2)
f3a02362-s
61063721-s
a23af4cf
e6da5a1e
momoooooo

momooo
ff71e1ce-s
933ac830-s

弥生 満月

月やあらぬ春や昔春ならぬわが身ひとつはもとの身にして

知れぬわ通ひ路関守よひよひごとうちも寝ななむ

 思ひあらば葎の宿に寝もしなむひじきものには袖をしつゝも

 起きもせず寝もせで夜を明かして春のものてながめ暮らしつ 

白玉か何ぞと人の問ひしとき露と答へて消えなましもの



99d8097e-s
8092994e-s
2e42c986
653a0b4d
o0640042814125807536
0ad09b91
6eb0d61d-s
26332dd6 (1)
d04517d5-s
a9f964e6-s
ee2dc1de
dc5cf448
24618c55
2904c1c4
2a8b4328-s (1)
8fc279f2-s (1)
556dc8a7

Butterfly Effect  

もうすぐ春の訪れ 

生命が迸る季節


00704
o0640042814125807536
ダウンロード


















クリサリス 蛹

IMG_20171225_194905_698
IMG_20171206
image
0ad09b91
41682944-s
2ee23daf-s
21e3cd96

image

コープス・リバイバー5

MEMO

12822461_1569020963415044_1257335378_n
No.1(ブランデー2/4/カルヴァドス1/4/スイート・ベルモット1/4)ステア 



☆コープス・リバイバーNo.2(ジン1/4/リレ・ブラン1/4/コアントロー1/4/レモン・ジュース1/4/アブサン1ダッシュ)シェイク 



☆コープス・リバイバーNo.3(フェルネット・ブランカ1/3/コニャック1/3/クレーム・ド・ミント1/3)ステア 



☆コープス・リバイバーNo.4(ブランデー1/3/レモン・ジュース1/3/オレンジ・ジュース1/3/グレナデン・シロップ2ダッシュ/シャンパン適量)シェイク+シャンパン+レモンスライス


 

               The Savoy Cocktail Book

2018年 5

a23
BR4
img_597501_4200173_48

It is not length of life ,but depth of life.
13694413_1779947575554349_1639688169_n
13696820_1170333802988960_1866991430_n
13722040_135613356880032_250467323_n
13704158_1671986776455794_1182468824_n


13696562_1152117954851881_1473621762_n
13713973_312836275728608_1064576470_n
13745130_1671535753169059_919751561_n
13740926_527861777423517_204109865_n
14240553_517498698460714_1129404628_n
13724737_1031539883620788_1118748182_n
803c1f18-s
image
image
ecc7c99a
41682944-s
52c16543
514b75c9
09d3d45c
calvados
img_597501_4200173_72
aaaaaasdfdffcd
13744093_596646520515331_143208865_n
image
image
image

ギャラリー
  • 非日常の隠れ家バー
  • 非日常の隠れ家バー
  • 非日常の隠れ家バー
  • 非日常の隠れ家バー
  • 非日常の隠れ家バー
  • 非日常の隠れ家バー
  • 非日常の隠れ家バー
  • 非日常の隠れ家バー
  • 非日常の隠れ家バー
プロフィール

BAR SAMSARA

街外れのお洒落な洋酒バー。男性の粋とダンディズムを大切にする稀有な空間。シックでロマンテックな雰囲気とロケーション、大人の隠れ家として最高のバー。仄暗く時にエロティックな落ち着く空間。母校鶴丸高校や青山学院大のOBの方々も是非。非日常を意識した媚薬的空間

最新コメント
QRコード
QRコード
LINK
APNEA HUNTER -pole spearfishing log http://suimenjijii.blog.fc2.com/
鹿児島 バー サムサーラ
https://bar-samsara-kagoshima.owst.jp/
非公開メッセージ【Secret message】

You are irreplaceable to me.

名前
メール
本文
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
最新トラックバック
Skype Me