沖縄大辞典

沖縄人のブログ主が沖縄の立場から、 沖縄の政治、文化、歴史、経済など アラカルトを語ります。 毎日、1~2記事更新です。

祝ブログ訪問者40,000人突破!
沖縄の歴史&沖縄情報を発信しています。

沖縄大辞典ブログ 全記事目次


 沖縄歴史年表

 






舜天王統(1187年~1259年)とは何?


 英祖王統(1260年~1349年)とは


三山時代(1322~1429年)とは何?

尚思紹王統の滅亡

尚円王統(1469~1879)を開いた金丸

中央集権へ移行する尚円王統

大交易時代の終わり

秀吉の朝鮮出兵と琉球

島津氏の琉球侵略

どうして琉球は島津氏に敗れたのか?

独立を失った琉球

退廃からの回復 琉球の近世(1673年以後)

天変地異と王府の財政破綻

米軍の土地強奪と島ぐるみ闘争



フィリピンと琉球のヤバい関係

あの沈黙(サイレンス)と琉球には関係があった

琉球処分後 沖縄の王族はどうなったのか?

沖縄タイムスと琉球新報はどうやって出来た?

沖縄の県都は那覇じゃなかった!

国際通りはどうして国際通りと言うの?

琉球人には名前が3つあった!

沖縄県知事応接室の屏風には何て書いてある?

組踊ってぶっちゃけどこを見るモノ?

沖縄の家にコンクリートが多い理由

沖縄戦後四天王って誰の事?

黄金の国ジパングは琉球だった

絶滅寸前 沖縄の銭湯

沖縄でエレベーターが導入されたのはいつ?

早すぎた山入端隣次郎

プラセンタの後始末

尚家と共に栄え滅んだ首里の五大門閥

 言葉は自ら成り下がるものと言われています。
元々は、相応にランクが高い言葉も、多くの人口に
膾炙する間に気安くなりランクが下がるのです。
古く、高野聖とは、徳の高い名僧の意味でしたが
江戸時代にもなると、乞食坊主の意味になりました。

元々は、気品と威厳を兼ねたエリート層、
セレブ(名士)も、現在では金さえ持っていれば、
呼ばれるような俗な言葉になりましたしね。

同じく、隠語でバカを意味するようになった
フリムンも、元はそういう意味ではないのです。


フリムンとは気が触れた人ではない



フリムン


フリムンと言うと、フリが触れに繋がると思われます。
つまり、フリムン=触れた者で、気が触れた人です。
ところが、これは明確に間違いであり、
実際のフリムンのフリは=惚れでした。

惚れ者とは、何かに夢中になっている人を意味し
のぼせている人を意味します。
福岡では、博多どんたくに命を賭ける男衆を
のぼせもんと言いますが、これも祭りに惚れてしまい
年中祭りの事しか考えていないのぼせ者から来ている意味でした。

うちなぁぐちのフリムンも惚れ者、のぼせ者から来ていて
何かに夢中になり、周りの事が目に入らない人を意味し
いわゆるモノが分からない馬鹿とは意味が違うのです。


誰でも何かに夢中になればフリムンになる



どんな堅物や夢がない人でも生涯に一度くらいは、
何かに夢中になり、フリムンになるものです。
どこかで覚める人もいれば、死ぬまで覚めない人もいます。
恋愛が多くはそうですし、何かのマニアはフリムンが
生涯続く人の事を意味しています。

それを周囲の人が見て、呆れつつ、
あれは、フリムンになっていると距離を置いて眺めるのが
本来のフリムンの意味だったのです。

触れ者というバカ扱いの冷たさはなく、
言葉の中に「一時の事だから」という暖かさがあります。


イシハラマサミツの感想




もっとも、フリムンも処置無しになると、
サラブリムン、ソウブリムンという極大の惚れ者になります。
こうなれば死ぬまで覚める事はなくなるので、
周囲は、なるべく近づかないでおこうという事になります。
フリムンは一時のハシカ、サラブリムンは、
一生続くビョーキという事でしょうね。


ブログ主も歴史フリムン、歴史サラブリムンでしょうか
あぎじゃびよーい

石原









沖縄には、一時期8万人とも言われる軍人軍属が住んでいて、
その膨大な人数の消費生活を支える為に、
ラジオやショッピングセンター、
映画館のような娯楽施設が造られました。

四角くて、白い壁の外観を持つ、外人住宅もその一つです。


外人住宅



1950年代から1970年代に造られた外人住宅



外人住宅は、アメリカが基地の固定化を考えた
1950年代より大規模に進められました。
大体は、四角い外観を持ち、白い壁、大雑把な間取りと、
広い庭を持つという形をしていました。
総鉄筋コンクリートなので、台風にも強く、
次第に基地の外にも広がり、沖縄のコンクリ住宅の
原型になっていきます。

復帰にあわせて使われなくなるが



1970年代に沖縄の日本復帰が決まると、外人住宅は
建造されなくなり、段々朽ちていく事になりますが、
元々、単純な構造で間取りも大雑把な外人住宅は
リフォームが簡単というメリットもあり、
SHOPなどに転用するなどで入居者がいて、
牧港には外人住宅の集合したSHOP街もあります。

外人住宅のデメリット



台風には強い外人住宅ですが、デメリットもあります。
まず床下、それに天井裏がない構造なので、
夏は暑く冬は底冷えします。
もう一つは通気性が悪いので、室内がカビやすく傷みやすいです。
白アリなどが湧く可能性もあるので、換気には注意を払わないと
あっという間に住めなくなる恐れもあります。


イシハラマサミツの感想



住むのではなく、お店として使うなら、いいかも知れません。
ちょうど、コンビニが潰れた後に再利用がしやすいように
大まかな構造はリフォームに適しているからです。


石原




沖縄ではピザと言えばシェイキーズです。
デリバリーはありませんが、食べ放題が有名で
1280円でサラダバーからドリンク、ピザ各種、
カレーやスープ類が楽しめます。
全国展開しているシェイキーズですが、
全22店舗の中で、沖縄に4店舗があるのが特徴です。



bd1d318d8f8a0bd6ee4975f5aa96a2d3_s


アメリカ由来のシェイキーズは1973年に日本上陸




シェイキーズは、アメリカカリフォルニアのサクラメントで
1954年にシャーウッド・ジョンソンが開業しました。
名前の由来は、ジョンソンが来店したお客とよく握手をしていた
シェイクハンドから来ているそうです。

その後、1973年には、日本に上陸し赤坂に一号店を開店
ディキシーランドジャズの生演奏を売りに当時珍しい、
ピザ専門レストランとして人気を博しました。

しかし、2000年前後に勢いが停滞し、合弁会社だった
麒麟麦酒の
子会社のキリンフードサービスに経営権が譲渡、
独立店舗から、ショッピングモール内店舗に移行するなどし
東京エリア、関東エリア、沖縄エリア、静岡、岩手、
京都、大阪、福岡など22店舗で営業しています。




沖縄で強い地盤がある理由とは?



シェイキーズが沖縄に4店舗と集中展開している理由ですが
やはり客にアメリカ人が多いからではないかと思います。
繁忙期にも、外国人の家族連れが非常に多いからです。
もう一つは、今時、1280円で食べ放題というのが
かなり割安という事もあるのでしょうね。
ブログ主も、時々行きます。
ピザ専門店だけあり、ピザの種類も豊富ですが、
一番、最後はカレーでしめてしまうのが、
ゴハン党の悲しさというものでしょうか?

イシハラマサミツの感想



シェイキーズは食べ放題でも時間制限がないので、
友達と打ち合わせをする時などは最適です。
焼肉とかだと時間制限があり、
どうしても食べる事に集中しますが
シェイキーズだとそういう事もないですしね。


石原


沖縄人の視点から沖縄の歴史を描く
この問題は古くて新しい話です。
古くは沖縄戦の終結直後に食べる事もままならない時代
米軍統治下で開始された歴史教育から始まりました。
その中心にいたのが、沖縄歴史教科書のパイロット版
沖縄歴史参考資料を執筆した島袋全発です。



島袋全発



かつてない程の沖縄記述が盛り込まれた教科書



戦前の沖縄の歴史教育は、非常に貧弱であり、
教える事があっても、日本史に付属した郷土史の扱いでした。
最近もネットでは、琉球国時代を無かった事にする説もあり、
ああ、歴史は繰り返すのだなとつくづくデジャヴです。


さて、沖縄戦を経て軍政を敷いた米軍は、
沖縄の復帰運動を抑制し、沖縄を長期占領する為に
日本と沖縄の分断工作を兼ねて、沖縄独自の歴史教育に
力を入れる事になります。

それは、強力な米軍支配の圧政の中で、
初めて行われた沖縄が独自に民族の歴史を描くという
壮大な試みになりました。


米軍の4つの注文をクリアした教科書の内容



沖縄歴史教科書の作成にあたっては、米軍より、
軍国主義の排除や、日本との関わり合いを載せない事、
国粋主義を去る事などの注文がつけられますが、
それらをクリアしたものとして、島袋全発は、
以下の六十五項目からなる教科書のパイロット版、
沖縄歴史参考資料が書かれます。





沖縄と琉球
開闢神話
隋史の琉球伝
やまとの呼称
日本との交通疎遠となる
天孫氏とは何か
為朝渡来伝
浦添旧都説
英祖の治績
三山分立
西威王のゆくへ
天女物語
三十六姓
察度王の像
尚巴志の一族
尚巴志と鉄材
樊安知
北山監守
中山門と尚姓
南山王の系統
多魯毎と嘉手志川
第一尚氏の系統
志魯布里の乱
久茂地の起原
モモトフミアガリ
尚徳王の出征
尚圓王の来歴
世謡
尚宣威の退位事情
尚真王の治績
首里城の美化
赤犬子
八重山征伐の事由
君南風の従軍
大島征伐
首里城の改修と倭寇
尚元の嗣立事情
守礼之邦
薩摩関係
二年一貢
明清革命
僧侶の談義
中山世鑑
聖廟
系図座
第二尚氏の王譜
国師蔡温
蔡温の著述
朝薫の五組
屋嘉比の工々四
程則徐学監となる
中山伝言録
自了と殷元良
陶器と漆器
階級制度
官生制度の改革
尚温短命
坊主御主
島津斉彬と牧志朝忠
ベッテルハイム
廃藩置県まで
学校教育
地方制度の改正
土地整理
衆議院議員選挙

これは非常に充実しており
現在でも実現できていない
沖縄歴史教科書に恥じない内容でした。


生きる力を教えられなかった教科書




しかし、米軍の圧力の下で執筆された教科書には、
当然のごとく、書けない部分もありました。
特に、蔡温と羽地朝秀については、記述が簡素であり
薩摩侵略から、いかにして民族の魂を復興させたのか?
という重要な部分については記述できませんでした。

これは、沖縄独自の歴史を教えるのは構わないが、
それが転じて独立運動にでもなったら困るという
米軍の意向に忖度した結果であると言われます。
1946年、終戦直後の沖縄において、米軍の意向に逆らう事は
大袈裟ではなく生死にかかわったので、
やむを得ない部分がありました。

島袋全発の沖縄人観



島袋全発自体は、民族性と経済の関係を論ずというテーマで
以下のように書いています。



特定の統治権に支配せらるる多数人類の団体を国民と云ふ。
故に朝鮮人や台湾人や樺太人も皆日本国民であるけれども大和民族ではない。
然らば琉球人は何であろう。
琉球人はむろん日本国民であるけれども大和民族であるとするのには疑いがある

これは重要な指摘であって、全発は日本単一民族論を取っておらず、
国民と民族を分けて考えています。
そして琉球人とは、日本国民ではあるが、大和民族であるとは疑わしい
文面から見ると、朝鮮人や台湾人、樺太人同様に固有の文化と歴史を持つ
大和民族とは別の民族であると考えているのです。

全発の歴史教科書には、その事が濃厚に出ていると言えるでしょう。
また、日本国民であり琉球人である事はなんら矛盾しないと考える
全発の考えは、今でも十分に受け入れられる考えだと思います。

イシハラマサミツの感想



歴史の教科書に公平中立などというのはあり得ません。
それを忘れて他民族や他国を持ち上げ、自国を加害者国と教え貶すという
不毛な教科書が日本にはありますが、税金の無駄と言えるでしょう。

どのような国の歴史教科書であれ、自国を誇り、先人の思いを汲み、
受け継いだ国をより平和に発展させていこうという点に主眼があるのは当然で
そうでない歴史教科書など有害なだけです。

沖縄の歴史教科書とは、島袋全発が忖度して教えられなかった
国難を乗り越えた先人の知恵を重視し、真に生きる力、日本国や、
アメリカの思惑に流されない、沖縄人を作り出す為にこそ、
紡がれるべきであると考えます。


石原




5月15日は、沖縄の日本復帰記念日です。
もっとも騒いでいるのは沖縄だけで、
これは日本の祝日ではありません。
すでに、沖縄がかつて米軍統治下にあったという事実さえ
知らない若い人が大半です。

すでに過去になった米軍統治時代ですが、
当時の1ドルの価値について考えます。



1ドルは実質360円以上の価値があった



United_States_one_dollar_bill,_obverse
(画像:1ドル紙幣Wikipedia)



米軍統治時代、沖縄では1ドルは360円計算でしたが、
実質的な価値は、この10倍はあったようです。
というのも当時を知る人の思い出話には、
「1ドルあれば、バスで那覇まで行き、
沖縄すばを食べて映画を見て帰れた」
という有名な話があります。

現在、これをやろうとすると
どこから那覇まで行くかにもよりますが
大体4000円位かかりますから、
1ドル=4000円は、まあ妥当でしょう。


子供にとって1ドルは夢の大金



当時の子供達のお小遣いは、5セントや10セント
アンパンやうずまきパンが5セントで、
ヨーゴのような乳酸菌飲料も5セントでした。
1銭町屋と呼ばれた駄菓子屋のお菓子は大抵1セント、
10セント持っていれば、駄菓子屋では
友達に奢り放題出来たそうです。

そんな中で、プライドを保っていたのがコカ・コーラで
安売りはしないという方針の下10セントでした。
亜流のコーラが5セントだった時代に強気の販売方針ですが
現在でもしっかり残っているから大したものです。
お年玉は多くても50セントで、知らない親戚だと10セント、
5セントもあったそうです。

10セントで1銭町屋ではお大尽ですから、
1ドルは子供には憧れの大金だったのです。

イシハラマサミツの感想



引っ越す前のブログ主の家は、米軍統治時代に造られ
当時の価格で200ドルだったと親父から聞きました。
1ドル4000円計算でも80万円、土地抜きの建物の値段ですが
随分安いものだと思いましたね。
それもドルだったから、価値があったという事でしょう。


石原





 皆さんは、塩せんべいはお好きでしょうか?
ブログ主は大好きです。表面にチョコを塗ったり、
そうしないでそのまま塩味を味わう事もあります。
ところが沖縄の塩せんべいは、食品分類では
実はセンベイではないのです。

今回は奥深い沖縄のセンベイの話です。







41tQWFoRU1L


新垣屋手焼き塩せんべい

小麦粉で出来ているので
煎餅ではない沖縄せんべい




実は、煎餅とは米を使って作られるお菓子の事です。
ところが沖縄の塩せんべいは、米は使われていません。
あれは小麦粉に植物油、でんぷんを混ぜたもので、
分類上は煎餅ではないのです。
したがって、あのような形状と歯ざわりの煎餅は、
日本のどこにもありません。
沖縄の塩せんべいは、沖縄独自のせんべいなのです。


チョコをかけたり梅ジャムをかけるトッピングも




シンプルな塩味のせんべいですが、
さらに表面にチョコレートや梅ジャムを塗るなどして
味にバリエーションが出ます。
ブログ主も子供の頃に、よくチョコを塗って食べていました。
大人になった今では、せんべいを食べてもチョコを塗る事は
もうなくなりましたが、現在ではチューブチョコで、
表面に絵を描いて食べるのも流行しているそうですね。


イシハラマサミツの感想



昔懐かしい、米を使わない沖縄塩せんべい、
今でもスーパーでは普通に売られています。
童心を思い出して、食べてみるのもいいですね。


石原










1945年にアメリカが沖縄に駐屯を開始してから72年
基地は減らず、アメリカ軍人に有利な法律は手つかずで
支配はむしろ日本国内以上に強化されています。
普段は見えませんが、アメリカの沖縄への執着は、
アメ車のナンバーにさえ反映されていたのです。



8c7ce51865350cbd529e25ec8c3534a7_s


太平洋の要石という文字



黄ナンバー


沖縄の復帰前、軍人軍属の車のナンバーは黄色で
黄ナンバーと呼ばれていました。
黄ナンバーに関わると事故に遭っても保障もないと
非常に嫌われているナンバーでしたが、
この黄ナンバーには、車の登録番号と共に、
KEYSTONE OF THE PACIFICの文字が
刻まれていました。


これは太平洋の要石という意味であり、
アメリカが沖縄を太平洋戦略の重要な拠点であると
考えていた事に由来するのです。


一万人の同胞の命と引き換えに得た沖縄



アメリカは沖縄戦の最中、1万人という兵士がなくなり、
それは太平洋全域で行われた戦いにおける米軍戦死者の
9分の1に当たります。

アメリカは血で贖った沖縄に執着し簡単には手放さないでしょう。

イシハラマサミツの感想




ナンバープレートに残るアメリカの執着でした。

石原


今でこそ、お風呂もシャワーもガスや石油
電気でワンタッチですが、ブログ主が子供の頃は、
そんなものはなく、風呂を沸かすのは、
薪のボイラーでした。
今より、ずっと不便でしたが、風呂焚きは、
一つのイベントだったのです。

薪ボイラー

お湯が沸くまで数時間もかかる薪ボイラー




10歳頃まで、自宅のボイラーは薪でした。
赤茶けた色をしていて、上に水道パイプが繋がり
バルブを捻ると水道水がボイラー内を通過して
お湯が出るという仕組みでした。

薪をくべてから、新聞紙やチラシなどに火をつけ
それを種火にして薪に火をつけるのですが
それが燃え盛るまで1時間以上もかかりました。

種火をつけるのを任されたりしたので、
100円ライターを持って、雑誌などに火をつけて
兄弟と盛り上がったものです。


お風呂は御馳走だった。



こんな大変ですから、もちろん毎日風呂に入れるわけではなく
風呂に入る日は一種の御馳走でした。
子供の頃なので、ボイラー内で燃え盛る火を見ているのが
とても楽しく、何時間も見入っていたものです。

お湯が沸くと、順番に家族全員が入り、
夏場などは、またたくまにお湯が濁っていくのが
分かったものです。
お風呂は小さなイベントでありテンションが上がる
有難いものでした。


イシハラマサミツの感想



小学校4年生から、薪ボイラーは石油に代わり、
スイッチ一つで簡単にお湯が沸くようになりました。
便利でしたが、あのイベント感は消えてなくなり
風呂は日常の一コマになりましたね。



古い言葉にお風呂を頂きましたというのがありますが
まさにそのような感じでした。

石原


薩摩藩は他藩に比較しても武士が多い国でした。
その理由は戦国からの遺風が残り、いつ乱世になっても
単独で敵に立ち向かえるように、武士の数を減らさず
温存したというのが理由の一つでした。
そして、もう一つが琉球と同じ理由だったのです。



薩摩武士



全人口の40%が武士という薩摩藩



薩摩藩は、広い意味での士分を含めると40%が武士でした。
全国平均が5%でしかない事を考えると8倍という高率です。
これだけの人口があると、当然のように名ばかり武士も出現します。
そうなると、当然支給される禄だけでは食えないので、
自身も田畑を耕したり、商売をしたりする兼業武士が増えました。

NHK大河の「西郷どん」の主人公の西郷家でも、
父の吉兵衛の時代に土地を買い入れて財テクをしようとして失敗
逆に莫大な借金を抱えて貧しくなっています。

薩摩藩士=不器用な武人というイメージは大体、虚構であり
大概の薩摩人は経済観念が高い、悪く言うとケチで
がめつい人々が多かったのだそうです。

沖縄には、薩摩の金貸し武士からお金を借りて返せずに
借金の繰り延べを求める船乗りとの武士とのやり取りが
白銀堂の由来として残っています。


献金で士籍を与える政策も・・



ただでさえ、ランニングコストが高い薩摩藩ですが、
徳川から一番遠い所にある外様大名であるので、
非常な警戒をされ、絶えず土木工事などで無償労働をさせられます。
さらに、蘭癖大名、島津重豪は、万事に派手好きであり、
徳川将軍家に娘を送り込むなどしたので、藩の支出はさらに拡大
財政改革なしに立て直しは不可能になります。

火の車の財政を何とかしようと歴代藩主は、藩に献金したものに
士籍を与えるという琉球の「買い士」と似たような政策を取ります。
これにより、お金を持っている町人や農民も武士になり
ただでさえ多い武士人口がさらに増加したのです。


琉球で士族が増えた理由とは?




琉球は近世になると薩摩に輪を掛けた借金財政に陥り
度々、富裕な商人に献金を呼びかけ、士籍を与えています。
しかし、士族人口が増えたのは別の理由でした。
それは、首里士族で家を継げない次男坊や三男坊を田舎に
移住させて農業に従事させたからです。

税金は取らないから自分の食い扶持は自分で稼げというのですが
このような屋取り士族は100年余りの間にどんどん数を増やし
琉球処分を迎える頃には、人口の25%が士族になってしまいました。
薩摩程ではないにしても、かなり士族階級が多いのです。
もちろん、彼らは無税ですから、王府の財政には寄与せず、
総体的に農民階級の負担は増加したのです。



イシハラマサミツの感想



理由は異なりますが、武士人口が多かった薩摩と琉球を
対比させてみました。


石原



↑このページのトップヘ