現在も沖縄のラジオはローカルに徹した地元密着型
パーソナリティの個性を前面に出しつつ、
フリートーク形式で情報をリスナーから集め
盛り上がるという形式を採用しています。

しかし、この方式のルーツが米軍統治下で始められた
民間英語放送ラジオ局KSBKだったことを知る人は
今では少ないでしょう。

今回は基地内のアメリカ兵の生の声を拾い上げ、
軍に睨まれても言論の自由を貫き、復帰の1年後に消滅した
KSBKを紹介します。


■米軍人、軍属向けに開局したKSBK

 

KSBKは1955年9月1日に出力500ワット(後に3キロワット)
周波数880キロワットで開局、敷地は琉大構内の
KSAR (琉球放送)局舎内に置かれてスタートしました。

19756800_1337312243034005_6886353867826922866_n
写真:宮城悦二郎 沖縄戦後放送史より引用

琉球放送は制約はあるものの、一応民間放送であり、
その傘下としてKSBKがあったのです。

KSBKは基地内に7~8万人いた米軍人軍属向けの商業ラジオで
日・沖の企業も、英語放送を通して商品をアメリカ軍人・軍属に
売りこむ事が出来ると続々とスポンサーになりました。


■アメリカ人スタッフが威張り腐って廃局の危機



しかし、上役が沖縄人、部下がアメリカ人という特殊なKSBKは
すぐに沖縄社会の矛盾とぶちあたります。
アメリカ人スタッフが威張りくさって、親会社の琉球放送の指示を聞かず
会社の運営がギクシャクしだしたのです。

 それに加えて、沖縄人サイドに英語を理解できる人間も少なく
両者の溝はますます拡大し、営業も振るわずいよいよ開店休業状態
開局1年もしない間に 二人のアメリカ人支配人が無気力な
局運営と金銭トラブルで首になりました。 

■リチャードソンの指揮下で本格商業放送に生まれ変わる



3代目の支配人になったリチャードソンは有能な人物でした。
彼はアメリカ軍のアクセサリであり、赤字にさえならなければ
上出来とされた
KSBKを本格的な商業放送局として、
産まれ変わらせる為に、以下のような手を打ちました。

・多すぎる局員を減らして徹底した経費削減
・ラジオマンのモラルを維持できる人員管理システムの構築
・ローカルニュースと音楽を中心に据えた番組編成
・予算を圧迫する高価なアメリカドラマを使わない

これは、当時のラジオの主要なリスナーだった若いGI  の
ハートをつかむ事になりました。
当時の米軍兵士の関心事は本国のプロパガンダ放送や
退屈なドラマより流行の音楽、そして今、話題に出来そうな
沖縄のローカルニュースだったからです。

 こうして、米民政府の第二放送局でしかなかった
 KSBKはリスナーに熱狂的に支持されていきます。

 

■パーソナリティを前面に出し読者参加イベントを多用



 KSBKの特徴はミュージック&ニュースステーションだけではなく
個々のラジオパーソナリティの個性を前面にだしてリスナーに
印象づける手法やリスナー参加型のイベントを多数行った
点にもありました。

それは、名護から那覇までの「歩け歩け運動」や
米軍クラブからのショ―の中継、RBC新社屋の屋上での
ダンスパーティーの開催、
KSAR とリンクしたNHK交響楽団演奏のサイマルキャスト
を行い局のPRをしています。

■パーソナリティのおバカ企画



当時としては、人気優先のおバカ企画もあり、
1967年の11月には、アナウンサー アート・ベル(22歳)が
連続ディスクジョッキングの世界記録に挑戦、
115時間の世界記録を1時間上回る116時間の記録を打ち立てます。

この時、局の前の1号線(現58号線)を走るアメリカ人の車は、
警笛を鳴らしてベルを激励し、多くのリスナーが放送局に激励に
やってきたそうです。

それに味を占めたのか、ベルは翌年の1968年の5月に
3名の米兵と共に、RBC前の駐車場で57時間19分間
シーソーゲームをやり続けるという世界記録を達成しました。
これなんかは、一点の曇りもないおバカ企画です。

19884136_1337312019700694_5453434603829626714_n

写真:宮城悦二郎 沖縄戦後放送史より引用

さらにKSBKは、リスナーの情報提供者に88セントの謝礼を出す
などして局のPRにつとめ、軍の機密情報の漏えいを唆すと
軍からクレームをつけられた程でした。

※ちなみに謝礼金88セントは、KSBKが
周波数880キロサイクルだった事にちなんでいました。
ここまで宣伝だったのです、随分ふざけています。


■リスナーに望まれる自由な放送を届ける



1958年、沖縄の経済がB円からドル経済に移行した事で、
基地内の経済と県経済はより密接になりました。
それにともない、KSBKをは県内企業のスポンサーが増加していき
1960年代の終わり頃からは、スポンサー料の70%を
県内企業が占めるようになり、米軍(クラブ関係)は僅か10%でした。

これにより、KSBKは軍の「スポンサーを降ろすぞ」という
脅しを無視できるようになり、より自由で公平なリスナーに
望まれる放送を実現できるようになります。

リスナーもプロパガンダまみれで偽りの琉米親善番組よりも
パーソナリティが本音で語るKSBKを支持しました。
権力におもねるメディアは必ず堕落して見放され、
自由にモノを言うメディアが支持されるという、
メディアの在り方を、KSBKは現しています。

■KSBKの看板番組 オピニオンライン



このKSBKの人気番組が3時間のリスナー参加型放送
オピニオンラインでした。

内容はタイトルの通りにリスナーが、
その時々の話題について自由な意見を述べて
議論する番組でした。

1969年から始まった、この番組は沖縄の施政権の返還が
決定した時期であり、ベトナム戦争への批判が、
アメリカ兵からも出始めていた時期であり、
公民権運動の高まりで黒人兵の権利意識の向上、
ブラックパワーが台頭し始めていた時期でした。

このオピニオンラインは、必然的にアメリカ社会が抱えている
矛盾をリスナーが爆発させるハケ口として機能します。

話題は多岐にわたり、政治問題から、電気、水道、PX(軍売店運営)

基地内での服装や、「オルガスム」というような極めて、プライベートな
話題までが延々三時間議論されました。


当時のオピニオンラインの人気司会者
ボブ・ウェイルズは、以下のような感想を残しています。

19748567_1337312023034027_4835614056763736282_n

写真:宮城悦二郎 沖縄戦後放送史より引用

「リスナーの希望で翌日の話題を決めたり、
私が新聞や雑誌の切りぬきを選んで問題提起した事もありました。
できるだけホットな話題を選んでいましたね。

議論はエンタテイメント(娯楽)でもあるのです、沖縄問題を
一般のアメリカ人に理解させるのにはかなり役だったと思います。

なにしろ一般のアメリカ人の間では、どうして、アメリカ軍将兵の
血であがなった島を返すのか?どうしてアメリカ政府は日本に弱腰なのか?
沖縄県民はアメリカがどんなに沖縄に尽くしたか分からないのか?
そのような声が圧倒的な意見でしたから」


中には、匿名を良い事に電話を掛けて一方的にアメリカ軍司令官を
口汚く罵って電話を切る困ったリスナーもいたそうです。

ボブは常に中立・公平を心掛けましたが、ゲストによっては、
「アメリカ軍にとって好ましからざる」人も登場する事になり、
リスナーとの間でベトナム戦争
への批判、アメリカ政府への批判、
人種問題など、
米軍を刺激せずにはおかない話題が噴出
聴取率は伸びましたが
オピニオンラインは
確実に軍に睨まれる存在になりました。


それでも、ボブの記憶では、アメリカ軍は公式にはRBCに
一度の苦情も出さなかったのだそうです。

■KSBKの放送の終了



RBCとしては、日本復帰後も、大人気のKSBKを存続させるつもりでした。
しかし、郵政省は「一局にテレビ一波、ラジオ二波は前例がない」を理由に
再三の要請を却下しました。

これには、アメリカ軍の圧力もあったのではないか?と言われますが
確かな事は分りません。
電波枠が取れなかったKSBKは、放送免許期限満了の1973年、
10月31日、御前0時、17年の歴史に幕を閉じました。

ダイアナ・ロスのタッチ・ミー・イン・ザ・モーニングの最期の歌詞
「我々には明日はない、しかし我々には昨日がある」が終わった所で
時報は0時となり、通夜に集まったリスナーは泣いたのでした。



 

■まとめ



ローカルニュースと音楽をメインにして、パーソナリティの
キャラクターを前面に出し、リスナー参加型のイベントを多く企画する。
これって、現在の沖縄のラジオで主流をしめているやり方です。
KSBKは、そういう意味で、沖縄のラジオに影響を与えていると思います。

ただ、人気番組のオピニオンラインのような長丁場の議論番組は
現在の沖縄には見当たりません、やってくれないかなー 


沖縄の歴史