住職の想い

皆様の悩み・苦しみを少しでも救うことができるように、考えていきたいと思います。何かの参考になれば幸いです。よろしくお願い申し上げます。

 6月に入り、不順な天候も増えてきそうです。皆様も体調にはご注意下さい。

 さて当寺には、別に「兼務寺院」がございます。これは当寺の昔の住職のお弟子さん等が住職をしていた別の寺院があります。その方が「尼僧」さんですと後継者がいない場合が多く、亡きあとは、本寺が兼ねて管理・住職も引き継ぐことになります。
 この寺院もその様なケースで兼務寺院になりました。前住職の尼僧さんが亡くなり1年になりますが今まで法要も行いませんでしたが、今回初めての法要を行うことになりました。

 日時 6月25日(日)午前10時より
 場所 富山県砺波市出町中央   瀧本院(たきもといん)本堂にて
 内容 ご本尊、不動明王護摩祈願法要
 お問い合わせは 総持寺までお願いします。 電話 0766-22-4073

  今後も兼務寺院の法要等もご報告していきたいと思います。よろしくお願い致します。

P1040411

P1040410

P1040745


 十三歳の男女の知恵授けの儀式であります「十三参り」の参加者を募集中です。

 日時は4月9日(日)です。お時間は午前11時か午後2時のどちらかをご指定・ご予約下さい。 

 ご祈願代はお1人、5,000円になります。 

 詳細は下記の当寺のホームページをご覧下さい。またはお電話0766-22-4073までお願い致します。

 http://www.soujiji-t.com/katudou_13.html

思ったよりも良い日になった本日に当寺のねはん会が行われました。

皆様の身体健全、無病息災を祈念して護摩焚きを行い、最後にねはんだんごが多数配られました。

おかげ様で無事に終了したことに感謝しております。
写真はご本尊様の御前に飾られた、当寺特製の「BIGねはんだんご」3色です。 この3色は今年の「吉色」になります。
皆様にも福が訪れますように!

 


P1040645
P1040646
P1040647

昨日13日に、16日に行われる「ねはん会」法要で皆様に配られるねはんだんごを檀家信徒等の方、総勢20名で作りました。
約60キロの米を粉に挽いたものを使用しました。
おかげ様で本日は腕が痛みます・・・。しかし当日皆様の喜ばれるお顔を想像して耐えます!
お時間がございましたら、ご参拝下さい。よろしくお願い致します。


P1040634
                                                  
                                                        約60キロ分のだんごです。

P1040640

                     色を3つ混ぜ合わせて作ります。


P1040637

                   当寺で「目玉」と呼んでいる大きなだんごです。
                  普通のだんごと比べると、違いがわかりますね!
      

ここにきて寒い日が続いておりますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか?
お寺では3月の恒例行事と致しまして「ねはん会」が行われます。ねはん会と言いますと「だんご」をイメージされる方も多いと思います。お釈迦様の日である「涅槃会」ではありますが、お釈迦様の様々なご利益を「色」で象徴したものが、ねはん会で参拝者に配られる「ねはんだんご」であります。

また当日は、法要で「護摩」が焚かれます。お釈迦様を偲ぶために、また配られるだんごのご利益をさらに増すために 護摩焚きを致します。その後にご法話もございます。

 1日楽しめる?日になっておりますので、どなた様でもご遠慮なくご参拝いただきますようにお願い申し上げます。 

3日は節分会・星祭りが行われました。天候もまずまずで良い1日に なりました。

星祭りの祈願護摩に始まり、厄年の方の厄払い、豆まき、 福豆入りのお茶タイムと続き、心配された豆まき時のケガも無く!無事に終了致しました。

 この日を境に新たな「春」を迎えるわけですが、それぞれの方々が一年間を無病息災・開運で過ごせますようにお祈り申し上げます!

P1040585
             
                        星祭り祈願護摩

P1040590
               
                          豆まき
            
 
P1040592

                           豆まき
 

3日は節分会・星祭りが行われました。天候もまずまずで良い1日に なりました。

星祭りの祈願護摩に始まり、厄年の方の厄払い、豆まき、 福豆入りのお茶タイムと続き、心配された豆まき時のケガも無く!無事に終了致しました。

 この日を境に新たな「春」を迎えるわけですが、それぞれの方々が一年間を無病息災・開運で過ごせますようにお祈り申し上げます!

 

いよいよ明日3日は節分会&星祭りです。準備もようやく終了して明日を待つばかりになりました。

頑張ります!
 
P1040566
                                                         
                                                                 皆様に撒かれる福豆

P1040568

                          星曼荼羅

P1040573
                 
                       不動明王御前で焚かれる護摩木  
                  

P1040575
 
                        厄年除けの方のお酒です 

 2月3日は節分・星祭りです。各地で賑やかに行われることと思います。

 当寺でも、毎年恒例の行事としまして古くから執り行われております。
 当日の流れとしましては、午前10時から法要が始まります。 法要は厄除け星祈願護摩であります。
法要では皆様が申し込まれる「星札」のご祈願・皆様が祈りを込めて書かれた「護摩木」を祈願致します。
40分ほどで法要が終了します。

 その後に、厄年を迎える方々の厄除けとしまして、住職より「お加持・厄払い」を施します。
 そして豆まきを行ないます。その後に、当寺で恒例になっておりますが、鉄瓶で沸かされたお茶が用意 
されており、その中に住職が豆を「7粒」入れます。その豆入りのお茶を飲むと1年間健康で過ごせるという
事で、皆様早くから順番待ちをされております。

 このような流れになりますが、皆様にはお揃いでお参りいただきますようにお願い申し上げます。 

P1040559
P1040560
P1040561
 

 最近、インターネットでご予約を申し込まれる方で、お間違えが多発しております。
 それは「総持寺」間違えです。どういうことかと 申しますと、同じ名前の「総持寺」と当寺とを勘違いして
 申し込まれる事です。
 特に横浜市鶴見区の曹洞宗の「総持寺」様との間違えが多発しております。 
 申し込まれる際は、ホームページの寺院の住所のご確認をしっかりとお願い致します。

 全国には同名のお寺は多数ございます。くれぐれもよろしくお願い申し上げます。

                 富山県の総持寺 

↑このページのトップヘ