秋田釣行

昨年は久しぶりに9月に入ってから秋田へ通った。


今年も9月に入ったら秋田へと考えていたのだが、
天候にめぐまれなくて釣行できないでいる。



なんとか、
今週末は釣行したいのだが、
どうなるか、




ルアー


なんとなく買ってしまった。



P9130550



UL調子のロッド。








P9130551





リール。

最新のリールは久しぶり。







P9130553



とりあえず、スプーンで、








ルアーやるならチャップや忠さんに、
教えてもらうべきだった。















閉伊川 本流

好調な閉伊川なので、
週末の土、日はお客さんで混むとおもい
夕方に釣行した。



向かったのは、いつもの腹帯。

竿を出したのは腹帯橋の上流の岩盤。


ここは橋上が急瀬になっているので、
掛かったらその場で下がることなく抜くことが強いられる。


ということで、

タックルは、急瀬クラスの銀影競技 T H 9m。

この竿は先調子なので、
胴調子のメガトルクに比べて、
私にはその場で止めることができ、
オトリをピンポイントへと引ける竿だ。


先ずは手前からオトリを上流へと引いていく。

すぐに掛かるということはなく、
瀬の中心へと1歩、2歩、と進んでいく。


ちょっと引きすぎかな、
そうおもいオトリを止めてまつことに。


すると、すぐに掛かった。

今シーズン、この腹帯放水口付近は、
掛かるアユのサイズが大きいのと小さいのと極端だ。


掛かったアユは大きかった。

1匹目ということもあり、
慎重にためて抜く。

掛かったアユは23c。

これをオトリにして引くと、
すぐにガガガというアタリ。

掛かったアユは16c。


やはり、掛かるサイズがまばらだ。




で、


その後もポツ、ポツ、掛かる。




釣果は、



IMG_0411



短時間で以外にも数が出た。






小国川

夕方に竿を出すことに。


掛かるであろう瀬からオトリを入れていく。

上流から下流へ移動しながら実績のあるポイントに
オトリを入れていくが、最初の1匹はすぐに掛かったがあとが続かない。


最初の瀬の肩にもどりオトリを泳がせることに。

じつは私、泳がせが得意だったりする。

普段は勝負が早い瀬で竿を出すが、
米代川の鷹巣の年券を購入して通っていたころは、
泳がせいっぺんとうだった。

そのころの鷹巣は上流へオトリを泳がせれば掛かったからね。


で、


泳がせるとすぐに瀬肩で掛かる。

そのまま上流へと泳がせると、
ポツポツ掛かる。





釣果は、


P7240262





小国川

朝一番で本流の腹帯放水口に入ったが、
釣果は5匹とふるわず小国川へと移動してきた。


P7220255



得意の場所だ。







ここでのタックルは、
久しぶりの銀影競技スペシャル S。


P7220256




この竿。

残念なことに、
年に1度くらいしか出番がない。





ゆずってもいいけど。

型落ちだけどキズ無しだから10万くらいでゆずりたいが、
弟子価格なら8万かな、

8万なら安いとおもうけど、
こればっかりは微妙だね。





で、

釣果は1匹だけ。


さて次はどこへ行こう。








閉伊川 本流

今回も上流部へ。




鮎の姿は確認できるものの、

やはり数は少ない。


タックルは銀影競技 TH 9m。

仕掛けは水中糸フロロ006。


川岸に立ち、掛かるのかと不安をいだきながらオトリを入れる。


足場を確認しているとかってに掛かった。

これは、とおもったが、
そうはうまくいかない。

ポイント毎にオトリを入れればすぐに掛かるが、
1ヶ所で連続はない。

しかも、バラシが多発する。



さくっとオトリをとおしての
釣果は、


P7210252



閉伊川 本流

私がおもっている最上流部へ。





P7150245







釣果は、

56匹。



ここは、

解禁日だった。





ギャラリー
  • ルアー
  • ルアー
  • ルアー
  • 閉伊川 本流
  • 小国川
  • 小国川
  • 小国川
  • 閉伊川 本流
  • 閉伊川 本流