そろそろアイナメが寄ってくる時期になった。


そこで、


そろそろ出動しようかとおもったら、
週末は雨...


雨ということは、
たいがい外海は荒れる。



で、



釣りには行けない、








今シーズンの思い出その2、



シーズン中に書け、
とおもうだろうが、
いろいろと忙しくて書く気にならなかっただけでネタはある!!

今シーズンの釣行回数は、
例年より少ない22回。

30回は釣行するのに、
度重なる台風の影響で竿を出せなかった。


それでも釣果は、486匹だった。

釣行回数のわり数が少ないのは、
自宅前が掛かっているので仕事が終わったあとに、
1時間で4、5匹掛けていたから。


すぐに掛かるので、川につけているオトリ缶の
オトリ交換のみしか竿を出さなかった。


自宅前で掛けてもね、

お客さんも多かったしね、





PA142419



右岸の分流で大きいのが掛かった、








PA142420



このトロにはアユは見えていたけど、
あまり掛からなかった、







PA142422



この瀬は、オトリを入れれば必ず掛かった。









とくに思い出があるのは、


ここ、




PA142424




渇水しているときに、
この波立ちのところをオトリを下流の淵へと
入れよう竿でガーと引いていたらアユが掛かった。

渇水なので、すごいガンガンになっていた。
なんか変だとおもっていたら、
気がついたら竿を下流へといっきにもっていかれた。


そのときの竿はスペシャルのAH、


止めることができず、
鮎に引きずられる。


下流の淵でなんとか竿にのせることができ、
抜く体制に入った。

掛かったのは、間違いなくウグイだとおもった。

この時期にこんな引きをする鮎は、
いないとおもったからだ。



それが、


抜いたら、



鮎だった...


いたんだね、



でっかい鮎!!!



























この時期の平水の閉伊川、
新川井橋下流。

以前は左岸を流れていたが、
昨年の台風でメインが右岸の流れになった。




PA142417




ここで竿をだしたのは、
今シーズン1回だけ。


車で橋を通る度にいつも竿を出したいとおもっていたのだが、
下流が掛かっているのでなかなか入ることがなかった。



やっと竿を出したのは8月20日。


下流の涸川で16匹を掛けて、
場所移動したはいいが入る場所が無くここまで来た。





いつもどおりに瀬肩からオトリを入れていく。

タックルは、

竿は銀影競技TH、
ラインはメタコンポ005、
ハリはスピード7、


竿を出してすぐに掛かるということはなく、
手前を瀬をひらきまで釣り下るが反応はなかった。

もとの瀬肩までもどり、
今度は流れの芯へとオトリを入れる。


すると、


やっと掛かる。

掛けたはイイが、
アユを止めることができずに20mほどひきずられる。
やっと左岸側の瀬のひらきのトロによせて抜く。

サイズは、あまり大きくはない23cだが体高はある。


もちろん、天然だ。


このまま掛かかり続けるかとおもったが、
そう簡単には掛からない。


オトリが変わったことで、
どこでも掛かるかとおもったが、



なぜか掛かるのはここだけ、



PA142418




この波立ちのところ、

ここだけが掛かる。

掛かれば引きずられる。



おもしろいが疲れる。





と、


いうことを思い出した。













嫁の車に鮎ステッカーを貼ってみた。





BlogPaint










PA082305




太った鮎!!!










今シーズンのアユ釣りは終わったのだが、
海のロックにはまだちょいと早い。


そこで暇をもてあまし、
ハナカン周りでもつくろうかと、


PA062302






今シーズンはあまりロストすることがなく、
当初つくった数でまにあった。

ハナカン周りをつくったら、
ハリを巻こう。






アイフォン8にかえてみた。



PA052166








防水なので、
釣行時に写真を撮ることができる。


いままでは、ジープロックの防水袋にアイフォン6Sを入れていたので、
これからは手軽に写真を撮ることができるかな、






先日の釣行が今シーズン最後のつもりだったが、
未練がましくまた来てしまった。


この前と同じ場所。




P9231748



この前は瀬肩が掛かった。








ということで、
瀬肩から釣り始める。




P9231751








で、

すぐに1匹目。



P9231758



あいかわらず、まっ黄黄!

ちっちゃいけど...


しかし、期待の瀬肩は4匹で終わった。

それなら瀬はどうかと釣り下る。


掛からない。



しょうがないのでもとの瀬肩へ戻る。

が、

瀬肩では掛からない。



また、


瀬を釣ることになる。




ちょうどこのころに日が射してきた。

すると状況が一変、
掛からなかった瀬で掛かり始めた。


鮎が小さいのでオモリをかませてみる。

3m引いて、ちょっとためて横にふらせる。
これを上流へと引いていく。


これで、掛かる!!!





釣果は、



P9231767





まあ、

なっとくの釣果ということで、
竿を置くことができたかな。

















↑このページのトップヘ