スパイクは、プレイステーション・ポータブルソフト『CONCEPTION 俺の子供を産んでくれ!』を発表しました。『CONCEPTION 俺の子供を産んでくれ!』は、キャラクターデザインに『サモンナイト クラフトソード物語』シリーズで知られる大塚真一郎氏、音楽に『デビル メイ クライ』などの甲田雅人氏を迎え、プロデュースを『ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生』の寺澤善徳プロデューサーと齊藤祐一郎アシスタントプロデューサーが担当する学園RPG。「より強く、多くの子供を作る」ことがキーワードだといいます。

幼くして両親を亡くした主人公「弓削イツキ」は、同級生のイトコ「粉月マヒル」の家に居候しながら学園生活を送っています。高校生活最後となる卒業式当日、マヒルに屋上へと呼び出されたイツキは衝撃の告白を受けます。「私、妊娠したみたい・・・」。そんなところから物語は始まります。イツキは直後、「グランバニア」と呼ばれる異世界へと飛ばされることになります。また「穢れ」と戦うため、主人公はグランバニアに存在する十二星座の巫女と子供をつくることに。より強い星の子をつくるには、好感度イベントでそれぞれの巫女とコミュニケーションをとり「絆の力」を強める必要があるとのこと。タイトルからシステムまで、かなりギリギリなところをいく本作。どのような展開を見せるのでしょうか。