今回は、借金ぐせが治らない、というあなたに役立つスピリチュアル生活8つの習慣です。


これは、結構ある相談です。


実は、私自身も経験していて、解決済みの問題でもあるのです。


簡単に結論づけて言うならば、「貸し借りなしの人生をどうすれば送れるのか?」ということになります。


基本的に、人生は貸し借りなしというのが鉄則です。


この問題はふたつの側面から反省をして、習慣化していかないといけません。


ひとつは、お金に対する考え方です。


正見して、お金に対する考えたかを改めるというのがあります。


もうひとつは、心の傾向性です。


厳密に言えば、過去世からのあなたに染み付いた癖があるということ。


心の貧乏から脱却できていないのです。


お金に対する考え方とは、「消費」と「投資」の区別をしっかりと認識しようということ。


消費とは、使えば無くなるもので、経費です。


投資とは使っても、資産の部で残るということです。


借金ぐせのあるあなたに勇気の言葉を贈るなら、たとえ、今まで無駄なお金を使ってきたな・・・と後悔していたとしても、あなたの心の中に、どれだけの資産を遺せたかを考えてみてください。もし、仮に誰にも経験のできないような経験をできていたなら、それはあなたの立派な資産です。


であるならば、その資産を運用してください!


この経験という資産を運用できていないと、借金ばかりが膨らみます。


経験という名の資産を有効に利用してください。ここが、出発点です。


8つの習慣の「正業」の部分には、<消費を徹底的に省くこと。><心の資産を有効利用する。>と書いてみてください。そして、そのためにあなたは明日からどういう行動計画が必要かをきめ細かに立ててください。


その中に、家計簿を付けるは必須にしてください。どんぶり勘定はもってのほかです。


まず、行動!


その次に「正見」として、お金の見方を変えていきましょう。


お金を「愛」だと思ってください。


これからは、自分しか喜べないような自己中な愛は使わないでください。


あなたが愛を使うときは、誰しかが喜んでくれる時だけです。


当分、愛の思いの借金がなくなるまでは、自己投資も含め、自分しか快感を得れないことには、一切愛を使わないこと。動物やペットを飼うことも自分が貸し借り無しになるまでは、自己愛とお考え下さい。


食べ物もそうです。最低限活動できる以外の贅沢品はNGです。着るもの、男性なら性欲を晴らすための贅沢も禁止です。


自分の好きなことやストレスを解消するためにお金という愛を使うのではなく、家族だとか、友人とか、周りの心ある人たちが喜ぶようなお金の使い方を身に付けていただきたいのです。


なぜなら、過去世からの癖だからです。


借金で悩むあなたの魂の傾向性はズバリ感謝が足らなかったことから来ているのです。


貧しくとも清い生活をしていれば、借金では苦しみません。足るを知らない心が借金ぐせの第一歩だと思ってください。ですから、進んでまず分け与える癖をつけてください。分福・惜福・植福の心です。分け与え、惜しみ慎む、未来に福を植える。


これが、豊かになるためのスピリチュアル生活法の第1歩です。


次回は心を浄化していきながら、借金の元を絶っていきます。


<つづく>


ペタしてね