<前節>


では、どんな行動をしていけばいいのか・・・それは、好きなことでいいから、石の上にも3年続けてみることです。


過去を振り返れば、私の傾向性として、勉強でも部活でも習い事でも辛抱して続けるという訓練がまったくできていませんでした。その結果、嫌ならやめる・・・面倒ならやらない・・・飽きると次のことがしたくなってくる、という始末でした。


ですが、社会に出て、料理の道は10年続けた結果、一流の気持ちがわかるようになりました。苦しくとも、3年、5年、10年と続けていくと、何かがつかめてきます。ただ、ここで大事なことは、「目的意識を持って」というのが大前提です。


しっかりとした目的意識を持って、何事でも頑張っていますと、何事にも通じる一筋の法則性が見えてくるものです。それを自分のものにできていければ、やりたいことが今世の内に見つかっていくことでしょう。間違いありません。


趣味がゴルフなら、3年でハンディをシングル(片手)にすると決めて、自己鍛錬と思って頑張ってみてください。もし、それが達成されたらもの凄い自信になるはずです。

実際私がそうでしたから・・・。そのかわり、バカ、というほどにやらないといけません。


何事も成功のルーティンは同じなのです。


目的意識を持った継続性のなかにこそ、その法則は隠されています。


あなたの今世の魂の使命(ミッション)は何ですか?人にそれを聞きますか・・・。できることなら、自分で決めましょう、今この場で。


未来はいくらでもクリエイトできます。


あなたの魂の自由度でその差が出てきます。魂の自由度とは、心の柔軟さともいえるでしょう。自由で屈託のない心をお持ちなら、いくらでも未来をクリエイトしていけるはずです。


まず、何を継続していくか決めてください。


仕事をしながらでいいのです。些細なことでもいいのです。目的性がはっきりとしていればそれでいいのです。


そして、スピリチュアルな意味での日常の生活を正していってください。


なぜなら、先程も書きましたように、心の柔軟さに加えて、心の静寂性も大事だからです。日々の生活を整えて、一定のリズムを作っていってください。生活を整える・・・すなわち運気が上がっていくことになるからです。自助努力によって、運気を上げていくことができるのです。


そうしたことを努力して、自分の魂のミッションをしっかりと意識していけば、かならず天職が見えてきます。それは、決して花形な仕事ではないかもしれませんが、大事なことはかたちではなく、プロセスです。あなたがこの世で何を学び、何をつかんできたかの、プロセスなのです。


高次な魂存在がすべてこの世において名声を残したかといえば、そうでもないのです。しかし、名声は残してはいなくとも、この世で積んだ徳は大きく、周りの人たちには大いなる愛を遺しているはずです。そんな生き方もあるのだということなのです。


ペタしてね