2013年06月30日

自作ラバプレマ計画~画像編~

こんばんは、管理人です。
今日は昨日言ってた自作ラバープレイマットの事でも・・・
材料はまだ買ってないので印刷の目途をつけたところまでです。

詳しくは「続きを読む」から 

とりあえず全裸になります。
それから設定がうまくいく様に祈ります。
o0412064010203257790
何時間も頭を悩ませ、次の日の予定を思い出し絶望します。

はい



はいじゃないがな。
なかなか上手くいかず、同じ間違いをループしてしまいました。
さて、という事で画像印刷の設定と画像の用意までが今回の内容です。


STEP1:画像を用意しましょう。

そのままの意味です。出来れば横に長くて高解像度なお気に入りの画像を用意します。

STEP2:グラフィックソフトを使って編集。
 
フォトショとかそれ系のソフトを用意します。ないならGIMPでも使っていましょう。
今回ラバーマットの元になるのはウルトラプロ社製無地ラバーマット(黒)です。
このラバマの寸法は340×610[mm]なので、目標値は上下それぞれ20[mm]左右それぞれ30[mm]ほどを開けて画像をラバマに印刷する感じです。
なんでも印刷の設定でフチあり設定が良いとか、A4用紙四枚分割で印刷するからびっちり印刷できないとかそんな感じの理由から決定しました。(このサイズだと前例者がいるというのが大きかった) 

さて、まずはグラフィックソフト立ち上げて、新しい画像を作成します。
解像度は300dpi、 高さ3543[px]×幅6496[px]、この数値は欲しい寸法からピクセルを求めた値です。(計算は面倒なので書きません)
 ここにアルファチャンネル追加(レイヤー右クリックで出てくる)して選択範囲反転、消去しときます。
終わったら印刷したい画像を流し込んであげます。大体画像の方が小さいと思いますが、拡大縮小で追加した画像の印刷したい場所を選んでいきます。実際に印刷される範囲は一個目の新しく作った画像の範囲内ってことですね。
ちなみにデッキ置くスペースとかの画像はこの辺で追加するようにしてください。
あえてここじゃ説明しませんが、ミリとピクセルと解像度とインチの関係式使って計算しながら、レイヤー重ねていけば良いっていう、たぶんそこまで難しい作業じゃないと思います。
またこの段階で、使用する用紙に「反転してつかえ」「反転しないでつかえ」って指示が書いてあるので、言う通りにしておきます。

次に四分割作業が待っています。(この辺で一回保存しとくといいかも)
 上のメニューバーの画像からキャンパスサイズの変更で、キャンパスサイズを縦横どっちも半分にします。すると画像が写る場所は左上の四分の一になります。次にファイルからbmpファイルにエクスポートして左上の一枚目完成。
元に戻すを使ってサイズを元に戻して↑の作業を繰り返します。二枚目以降はサイズと一緒に座標も弄ってあげて、四枚全部作りましょう。(例えば、座標を-y方向に画像の半分移動させれば、四分の一個分下に動くっていう単純な事)

次に別窓で新しい画像をもう一個作ります。
サイズはA4のテンプレートを縦にして、解像度は同じく300dpi。
ここにさっき四分割したbmpファイルを流します。
bmpファイルの方が圧倒的に大きいので、またまた拡大縮小で縦1843[px]×横3319[px]にします。
終わったら画像を90°回転させてA4用紙にぴったり入るようにします。

STEP3:印刷

あとは印刷するだけなのですが、念のためにフチあり印刷になっているか、画像設定から解像度が300dpiに近い数値になっているか確認してください。もし解像度が300dpiよりかなり多くなっている場合(小数点以下くらいは誤差範囲)は画像のサイズを小さくすると良いかもしれません。(ラバーマットの何も印刷されていない枠を増やすって事ですね)
印刷出来る範囲を超えて設定すると、無理矢理解像度上げて縮小してくるんですよね、迷惑この上ない。
また、用紙の説明書に書いてある通りに、ちゃんと設定しているか確認しましょう。
確認出来たと思ったらもう一回確認しましょう。この手の設定は一回目の確認では致命的なミスに気付けていません。(経験則)
 ここまで来たら印刷です。寸法は縦156[mm]×横281[mm]くらいで印刷されていると思います。
この寸法を単純に二倍すると縦312[mm]×横562[mm]で上下それぞれ14[mm]左右それぞれ24[mm]余白を残してアイロン転写する計算になります。
・・・
もうちょっと枠大きくてもいいかな・・・その場合はサイズ小さくすればいいんですけどね。 
実物が手に入ったら、薄くけがき線入れて確認しましょう。どんな不都合があるか分かりません。 
もちろん、本番やる前にちゃんとテスト印刷しましょう。大体一発で何とかなるものじゃありません。
どうしてでしょうね?
 

さて、基本的な印刷手順はこんなところです。
画像に枠を追加したいとか、いろいろ追加したいとか、そういうのは寧ろ画像編集の領域なので他の場所で調べた方がいいと思います。
基本的にレイヤー重ねてるだけですけど・・・ 
余白無で印刷ってなると、出来なくもないけど・・・前例見てると大丈夫なのかな・・・と不安になります。
チャレンジャーな方は試してみると良いかもしれませんね。 
    • 0 Comment |
    • 0 Trackback |
    • Edit

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/ryuuyuki/3819665 

トラックバックはまだありません。

コメントはまだありません。

絵文字
 
星  顔