2006年02月14日

『ミュンヘン』

「今はいがみ合っている者同士でも、人間的なコミュニケーションを続ければ、いつかはそれが、殺し合いの抑止力になる」
そう感じさせられるシーンがいくつも。

ミュンヘン・オリンピック、自国の代表選手たちをパレスチナのゲリラに殺害され、イスラエルの情報機関・モサドは報復を決意。
報復(暗殺)チームのリーダーに指名された男・アヴナーは、妊娠中の妻を祖国に残し、標的を一人ずつ追い詰め、殺害していく。


個人的に、最も印象的だったのは、3つのシーン。


アヴナーがPLOの男と深夜、階段の踊り場で会話するシーン
二人の会話は平行線。それなのに、信じられないほどホッとさせられました。
このシーンを挟む、凄惨な殺戮シーンと対比したせいかな?

二人が会話してた頃、アヴナーの仲間と、PLOの別の男が、ラジオの選局でいがみ合い、一触即発の雰囲気に。それでも最終的には、ユーモアが奏功し、妥協点を見つけ、平和な就寝を迎える。
「最初は平行線の者同士でも、殺し合わず、平和的に話し合うことをやめなければ、いつかは噛み合うときが来る」
そんなことを象徴してるのかも。


爆殺するターゲットに気さくに声をかけられたアヴナーが、起爆の合図を仲間に送ることに動揺するシーン
アヴナーを演じた俳優、迫真の演技!
たった数秒、ほんの少しの単語を駆使した、わずかなコミュニケーションしか交わしてない。それなのに、憎むべき怨讐であることを忘れ、アヴナーは手を震わせる。
報復のための暗殺をモサドに命じられた自分と同じように、同胞を殺害したゲリラもまた、普段は気のいい親切な男で、上層部の命令に従っただけかもしれない。
暗殺を命じる権力者と違い、現場の者同士は殺し合う前に、人間的なコミュニケーションをとってしまうこともある。

本当に憎いのは、対立する政府に属する国民同士ではないのかもしれない。ゲリラや情報機関のメンバーを含めて。
平和的な解決を放棄し、「どちらがより強いか」を国際社会で誇示しようとする権力者こそ、本当に戦うべき相手なのでは? 自国、他国を問わず。

・アヴナーは上官に、手作りの食事でもてなそうと、自宅に誘う。「わたしはあなたを、料理でもてなす義務があります。平和的に話し合いましょう」(このセリフ、正確に再現できてないかもしれませんが)
このシーンでアヴナーが口にした「義務」という言葉、私には「祈り」と同義ではないか? と感じられました。
殺戮を繰り返したアヴナー、「生存」、「種の保存」という、最低限の本能に支配される存在に。
落雷を敵襲と勘違いし、爆弾を仕掛けられる可能性のあるベッドで就寝できず、クローゼットで朝を迎える。
妻と肌を重ねても、愛しい彼女の姿など、もはや眼中にない。殺戮の被害者の姿を自分の姿と重ねてしまう。妻への愛情ではなく、獣のような表情で、必死に身体を動かす。

「人間を殺してしまった。それゆえ俺は、染色体に後天的な変化をきたし、人間ではない獣になってしまったのか」
そんな不安と恐怖を覚えたからこそ、元の自分に戻りたくて、「義務」という言葉を使ったのかも。

仲間からは、娘の出産の祝福を、暗殺任務の成功の祝福と一緒にされてしまった。
もしかしたらアヴナー、「俺の娘も、いつかはオランダ人の殺し屋女性と同じような運命を?」と、漠然とではあれ、感じたのかもしれない。

以上、かなり主観的なレビューであることを、お断りしておきます。
約3時間を長いと思わせない傑作でした。

ryuya777 at 05:13コメント(23)トラックバック(85) 
ま行の映画 | 実話を元にした映画

トラックバックURL

トラックバック一覧

1. 映画館「ミュンヘン」  [ ☆ 163の映画の感想 ☆ ]   2006年02月14日 05:50
1972年ミュンヘンオリンピック、パレスチナゲリラによってイスラエル選手11人が犠牲になる。イスラエル機密情報機関“モサド”は暗殺チームを編成しパレスチナゲリラ11人暗殺が実行される。。。という事実に基づいたお話です。 ミュンヘンオリンピックのときに...
2. 映画「ミュンヘン」  [ ミチの雑記帳 ]   2006年02月14日 09:01
映画館にて「ミュンヘン」★★★★ スティーヴン・スピルバーグ監督が、1972年のミュンヘン・オリンピックで実際に起きた事件の真相を、史実に基づいて映画化した問題作。 私自身おぼろげにしか記憶がないミュンヘン・オリンピック開催中のイスラエル選手団襲撃事件を、当...
3. ミュンヘン  [ Akira's VOICE ]   2006年02月14日 10:32
事実以上の驚きは無い。 でも,響くメッセージは胸に刺さる。
4. ミュンヘン /MUNICH  [ 我想一個人映画美的女人blog ]   2006年02月14日 10:44
試写ホールの古椅子に座って観たらさすがにお尻痛くなった〜{/ase/} 退屈〜ってことにはならなかったけど、やっぱり長い。2時間44分{/ee_3/} 「長いなぁ、、、。」と思い始めた頃、意外とあっさり終わってしまった、、、 「ターミナル」といい「宇宙戦争」といい最近ど...
5. ミュンヘン  [ 色即是空日記+α ]   2006年02月14日 14:22
【わたしは正しいのか?】 1972年、ミュンヘンオリンピックでイスラエルの11人のアスリートが殺された。政府が下した判断は 『報復』。事実に基づいたストーリー。   2時間44分、長いけれどわかり易くぎっちりつまってます。 今なお続くテロと報復、その....
6. ミュンヘン  [ 不良中年・天国と地獄 ]   2006年02月14日 15:10
2月7日(火)新宿ジョイシネマ2にて1972年のミュンヘン・オリンピック。選手村で、《黒い9月》と名乗るパレスチナ・ゲリラが、イスラエルのコーチや選手11名を殺害しました。本作はその事件をモデルにしています。このとき、平和の祭典オリンピックは、一瞬にし...
7. ミュンヘン  [ A Date With Tracey ]   2006年02月14日 15:25
いやぁ〜〜‥‥‥‥ さすがスピルバーグっ!! ‥‥などと、しょっぱなから文字をデカくして大絶賛してしまおう! そう、『ミュンヘン』! ミュンヘン、ミュンヘンミュンヘン!いやあ、すげぇじゃねーかコレ♪♪ 1972年のミュンヘン・オリンピックにおいて発生...
8. ミュンヘン  [ 映画をささえに生きる ]   2006年02月14日 17:05
2 「おはよう、アヴナー君。今回の君の使命だが、11人ばかりパレスチナ人を殺してもらう。君もしくは君のメンバーが捕えられ或いは殺されても、当局は一切関知しないからそのつもりで」。というわけでスパイ大作戦inイスラエルの始まり始まり。
9. 『ミュンヘン』"Munich"  [ ちんとんのホームビデオシアター ]   2006年02月14日 19:22
映画の主人公が殺人や殺戮行為をする時は、無理もないと思える"理由"が用意されてい
10. ミュンヘン  [ 欧風 ]   2006年02月15日 06:00
今週は3本も試写会があって、「わーい、タダだー」と浮かれながら試写会場にせっせこ通っている訳ですけれども、全部問題なく観に行けてしまう私も社会人としてどーなのかと思いますが、まあ、それは考えない事にして(^_^;)、月曜の「最終兵器彼女」に引き続き、火曜日に観...
11. 『ミュンヘン』  [ 映像と音は言葉にできないけれど ]   2006年02月15日 07:08
ミュンヘンオリンピック。この時代に生きた人間なのですが、どちらかといえば「負けてたまるか」に関心があったので、事件の裏までは知りませんでした。
12. 劇場鑑賞「ミュンヘン」  [ 日々“是”精進! ]   2006年02月15日 07:31
「ミュンヘン」を鑑賞してきました。スティーヴン・スピルバーグ監督最新作。「ハルク」「トロイ」のエリック・バナ主演。今作は、1972年のミュンヘンオリンピック開催中に、パレスチナゲリラ”ブラック・セプテンバー”による、イスラエル選手団殺害事件を描き、それ...
13. ミュンヘン  [ UkiUkiれいんぼーデイ ]   2006年02月15日 08:04
イスラエルとパレスチナをめぐる民族間の積年の憎しみ、またその戦いというものの本質は、私などにはまだまだ理解することなどできそうもない。 第三者には分かり得ない深く終わりの無い争いが続いている。 2時間44分という長さも気にならないほどの圧倒的な迫...
14. ミュンヘン  [ cinema capsule ]   2006年02月15日 09:01
ミュンヘンオリンピックで実際に起こったテロ事件。 史実を元に描かれる報復と精神のバランスを崩していく 男の姿を描く。 ★「ミュンヘン」 2005年アメリカ 164分 監督:スティーブン・スピルバーグ 出演:エリック・バナ    ダニエル・クレイグ    キアラン...
15. 『ミュンヘン』を観てきました  [ やっぱり邦画好き… ]   2006年02月15日 09:20
?今日は邦画を観ずにスティーブン・スピルバーグ監督の米国映画「ミュンヘン」を観てきました。1972年のミュンヘンオリンピックの起きたイスラエル選手団襲撃事件に対する復讐のお話です。かなり重量感のある映画で、見応えは充分でした。 今年に入ってから「ヒトラー??最期...
16. 『ミュンヘン』  [ ラムの大通り ]   2006年02月15日 09:34
※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方が…かも。 ----この映画、今日から公開だよね。 フォーンも観たけど、どうだった? 「う〜ん、ぼくは勘違いしていたね。 まずは物語を要約してみよう。 ミュンヘン・オリンピックの開催...
17. 『ミュンヘン』  [ 異国映画館 ]   2006年02月15日 09:44
2005年 アメリカ 公開日:2006/02/04 劇場鑑賞06/01/20           ミュンヘン   監 督 : ...
18. ミュンヘン  [ 何を書くんだろー ]   2006年02月15日 11:18
「ミュンヘン」 評価 ★★★★☆ 『あらすじ』  1972年、ドイツのミュンヘンで開催されるオリンピックのため、選手たちが次々と選手村へと集まる 中、ブラック・セプテンバー(黒い9月)と名乗るテロ集団によって、イスラエル人の選手、コーチ、大...
19. ミュンヘン  [ こっちゃんと映画をみまちょ♪ ]   2006年02月15日 12:05
頑張れ浅田真央!五輪の星となれっ!ちみなら出来るゾ!できるぞぉ〜!いけぇぇぇぇッ! えっ? 彼女、出れないんですか?・・・っていつの話しじゃ   しかし何ですな。日本がミキティだの、荒川静香の稲葉ウアーだのと盛り上がっている中、こんなトコに盛り上が...
20. 悲しみの連鎖「ミュンヘン」  [ 今日はどこへ行きましょうか ]   2006年02月15日 14:27
ブラック・セプテンバー報復『ミュンヘン』 重いだろうな…とは思っていましたが、本当に重い映画でした。 もちろん、取り扱っている内容からして、軽く扱えるはずもありませんが。 ふつうの生活を送っていた人間が、ある日「暗殺者になれ」と言われ、いとも簡単に引...
21. 「ミュンヘン」  [ てんびんthe LIFE ]   2006年02月15日 16:48
「ミュンヘン」一ツ橋ホールで鑑賞 感想を書く事がこんなにも困難極まりないと思わせるスピルバーグ監督作品。「シンドラーのリスト」だってもう少しストーリーが解るのでこの作品よりは書きやすいと思います。とにかくスピルバーグ=誰にでも受け入れやすいエンタメ作品...
22. 「ミュンヘン 」 Munich  [ 俺の明日はどっちだ ]   2006年02月15日 17:25
頭脳警察の PANTA が、♪ 銃を取って叫べ! あるいは、♪ さようなら世界夫人よ と歌っていたあの頃、連合赤軍の浅間山荘事件が起きて心情的に多くの人たちの中に70年安保の終焉を感じ、またイスラエルのテルアビブ、ロッド空港での日本人ゲリラ奥平剛士、安田安之、岡本公...
23. ミュンヘン  [ WILD ROAD ]   2006年02月15日 18:52
4 『ミュンヘン』 2005年アメリカ(164分) 監督:スティーヴン・    スピルバーグ 音楽:ジョン・ウィリアムズ 出演:エリック・バナ    ダニエル・クレイグ    キアラン・ハインズ    マチュー・カソヴィッツ    ハンス・ジシュラー ...
24. ミュンヘン MUNICH  [ 或る大学生の独り言 ]   2006年02月15日 19:24
スピルバーク監督のミュンヘンという映画が、最近CMで流されていますね。 「1972年のオリンピックで11人のアスリートが殺された」という文言がありますが、それに僕は何か引っかかるものがありました。 どこかで聞いたことがあるような・・・と。 で、思い出...
25. ミュンヘン(評価:◎)  [ シネマをぶった斬りっ!! ]   2006年02月15日 20:22
【監督】スティーヴン・スピルバーグ 【出演】エリック・バナ/ダニエル・クレイグ/キアラン・ハインズ/マチュー・カソヴィッツ/ハンス・ジシュラー/ジェフリー・ラッシュ 【公開日】??arc??
26. 社会派超大作「ミュンヘン」見てきました  [ よしなしごと ]   2006年02月15日 22:09
 30個目のアカデミー賞受賞なるか?スティーブンスピルバーグの「ミュンヘン」を見てきました。
27. 社会派超大作「ミュンヘン」見てきました  [ よしなしごと ]   2006年02月15日 22:29
 30個目のアカデミー賞受賞なるか?スティーブンスピルバーグの「ミュンヘン」を見てきました。
28. ミュンヘン  [ 週末に!この映画! ]   2006年02月15日 23:04
期待値:77%  ホントのアカデミーノミネート作品。 スピルバーグ監督渾身の2時間44分映画。 予告
29. ★「ミュンヘン」  [ ひらりん的映画ブログ ]   2006年02月16日 01:12
公開初日のナイト・ショウで観てきました。 スピルバーグ監督の映画という事で、夜中にしてはまずまずの入り。 原題は「MUNICH」。 2005年製作のサスペンス・ドラマ、164分もの。
30. ミュンヘン  [ No Need To Argue ]   2006年02月16日 03:01
4 2005年/アメリカ/164分/日本公開日:2006-02-04 〜 (MUNICH) 監督:スティーヴン・スピルバーグ プロデューサー:スティーヴン・スピルバーグ/キャスリーン・ケネディ 脚本:エリック・ロス 撮影:ヤヌス・カミンスキー 音楽:ジョン・ウィリアムズ 出演:エ...
31. これぞスピルバーグの底力!「ミュンヘン」を観る  [ ちょっとだけ勝手に言わせてもらいます(Blog版) ]   2006年02月16日 06:23
 昨日はスティーブン・スピルバーグの新作「ミュンヘン」を観てきた。正直、本作は観
32. [映画]「ミュンヘン」レビュー  [ レビュートラックバックセンター ]   2006年02月16日 07:29
「ミュンヘン」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *監督:ステ
33. ミュンヘン MUNICH  [ travelyuu とらべるゆう MOVIE ]   2006年02月16日 09:19
監督・製作のスティーヴン・スピルバーグ エリック・バナ主演 ミュンヘン1972年9月5日早朝 オリンピック村で パレスチナ過激派組織「黒い9月」がイスラエル選手団11人を捕らえ パレスチナ人 234 名の解放を求めます そしてテロリスト達は ミュンヘン空港からエジプト・...
34. MUNICH -ミュンヘン-  [ 日々日和 -nicHi nicHi Biyori- ]   2006年02月16日 20:49
MUNICH 平和とは何なのか。 ミュンヘン。 本日観て参りました。 ネタばれになります。 見ようかなぁとお考えの方、これ以上は読まないで! 1972年ミュンヘンオリンピックでのおきてしまった出来事。11人ものユダヤ人アスリートたちが...
4 とりあえず・・・長ッ!(笑) 2時間44分の社会派ヒューマンドラマにはスティーブン・スピルバーグ監督の並々ならぬ思い入れを感じます。長いんですけど、絶えず緊張感を漂わせ中だるみもほとんど感じられないのは流石といったところでしょうか。 +++ちょいあらすじ
36. ミュンヘン・・・・・評価額1750円  [ ノラネコの呑んで観るシネマ ]   2006年02月16日 22:11
久々に本気のスピルバーグは、やはり凄い。 暗殺者になる使命を受け入れる事で、永遠の重荷を背負ってしまった一人の男の長く悲しい心の旅を描く、ある種のロードムービー。 「ミュダd ^@
37. 映画「ミュンヘン」  [ 茸茶の想い ∞ ??祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり?? ]   2006年02月17日 00:36
原題:MUNICH 1972年9月5日、ミュンヘンオリンピックでのパレスチナゲリラ"ブラック・セプテンバー"による人質事件、そして報復の暗殺の物語が綴られる・・。 この映画、事件の関係者のコメントに基づいて創られたという。パレスチナゲリラの獄中...
38. ミュンヘン  [ cinema review folder ]   2006年02月17日 01:16
 世界的時事問題はかなりわからんので、相当パンフなどを読み漁った(苦笑、てへへ)。  1972年のミュンヘン・オリンピック、選手村にパレスチナのゲリラらしき者達が潜入、イスラエル代表選手達を人質に、政府にはパレスチナ政治犯たちを釈放せよと声明、然しなが...
39. ミュンヘン(2005年)  [ 勝手に映画評 ]   2006年02月17日 07:04
タイトル ミュンヘン ---感想--- 1972年のミュンヘンオリンピックで起きた11人のイスラエル人アスリートの殺害事件。この物語は、その後のイスラエル政府の報復作戦を描いた、事実に基づいた「シンドラーのリスト」「プライベートライアン」に続く、スピルバーグの歴史モノ...
40. 【ミュンヘン】目には目を。。。  [ 見取り八段・実0段 ]   2006年02月17日 20:52
1972年のミュンヘンオリンピックで、パレスチナゲリラによってイスラエル選手11人がテロの犠牲になった。その事実に基づいた映画。実際に、このような事件があった事は全く知らず。。。ミュンヘンオリンピック事件(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』...
41. スピルバーグの新作、「ミュンヘン」  [ HOSPITAL 460 ]   2006年02月18日 01:22
23日に全米で公開された、スティーブン・スピルバーグ監督の「ミュンヘン」が話題になっているそうです。 1972年、ミュンヘンオリンピックでのパレスチナゲリラ選手村襲撃事件を題材にしています。 ゲリラはイスラエル人選手を人質にしますが、全員射殺するという...
42. 『ミュンヘン』 2006・2・5に観ました  [ 映画と秋葉原とネット小遣いと日記 ]   2006年02月18日 07:50
『ミュンヘン』  公式HPはこちら  ENTTER SITEでFlash版 ●あらすじ 1972年9月5日、ミュンヘン・オリンピックの選手村で、パレスチナゲリラ(黒い九月)のテロにより、イスラエル選手団11人死亡した。イスラエルの機密情報機関(モサド)は、報復の
43. ミュンヘン  [ シャーロットの涙 ]   2006年02月18日 08:42
1972年9月5日ミュンヘンオリンピック開催中に「ブラック・セプテンバー」によるイスラエル選手団襲撃事件が起こった。イスラエル秘密情報機関「モサド」は暗殺チームを結成。・・・報復を実行していく様を事実を元に描き、そこに真の平和とは何かを問うテーマを織り込むヒュ...
44. 『ミュンヘン』  [ なんでもreview ]   2006年02月18日 14:06
「この国の未来のため」という正義。
45. 【劇場鑑賞12】ミュンヘン(MUNICH)  [ ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! ]   2006年02月18日 14:39
2 1972年ミュンヘン・オリンピック 世界は11人のアスリートが 殺されるのを目撃した この映画は、その後の物語である。
46. ミュンヘン  [ 映画と本と音楽にあふれた英語塾 ]   2006年02月18日 15:06
新宿ジョイシネマ2 2006年2月9日(木)午後8時からの回 ゴウ先生ランキング: A- 公式サイト: http://munich.jp/ パンフレット: 700円
47. ミュンヘン  [ 5125年映画の旅 ]   2006年02月18日 23:11
4 スピルバーグという男は、時々こういう恐ろしい 映画を送り出してくるから侮れない。 『プライベート・ライアン』や『シンドラーの リスト』で用いた直接的残酷描写を、テロ行為と その報復という下地を元に描いたのが この『ミュンヘン』です。 映画の冒頭こそ政....
48. ミュンヘン  [ はむきちのいろいろ日記 ]   2006年02月18日 23:14
1972年9月、ミュンヘン・オリンピック開催中、武装したパレスチナのテロリスト集団“黒い九月”がイスラエルの選手村を襲撃、最終的にイスラエル選手団の11名が犠牲となる悲劇が起きる。これを受けてイスラエル政府は犠牲者数と同じ11名のパレスチナ幹部の暗殺を決定、諜報機...
49. 「ミュンヘン」  [ それ、いいかも? ]   2006年02月19日 09:23
「ミュンヘン」 謀略史観的な書物では、モサドといえば世界中の情報工作機関の中で最も優秀で最もプロ意識の高い冷徹な集団として描かれるが、この映画に登場する工作員たちはそれにはほど遠い。 水も漏らさぬ完璧な計画を立てるでもなく、表情ひとつ変えずに敵を始末するわ...
50. ミュンヘン  [ 映画通の部屋 ]   2006年02月19日 09:55
「ミュンヘン」MUNICH / 製作:2005年、アメリカ 164 PG-12指
51. ミュンヘン  [ きょうのあしあと ]   2006年02月19日 11:15
「私は正しいのか?」 監督:スティーヴン・スピルバーグ 脚本:トニー・クシュナー、エリック・ロス 出演:エリック・バナ、ダニエル・クレイグ、キアラン・ハインズ、マチュー・カソヴィッツ、ハンス・ジシュラー、ジェフリー・ラッシュ、他 劇場:TOHO CINEMAS 川崎 ...
52. ミュンヘン  [ SAKULAKO BIG WAVE music&movie&book ]   2006年02月19日 11:28
ミュンヘン観に行ってきました。 初日なので混んでました。 実はミュンヘン事件のことをまったくと言っていいほど知らない状態で観たのですが それが私にとって結果的に良かった気がします。 まったく知らない異国の昔に起きた事件がリアルに感じられました。 エリック・バ...
53. 映画『MUNICH』劇場鑑賞  [ 蛇足帳~blogばん~ ]   2006年02月19日 21:45
Steve Spielberg監督作品の映画『ミュンヘン』を観て来ました。 1972年の「ミュンヘン・オリンピック」で実際に起きた、パレスチナのゲリラ「黒い9月(Black September)」によるイスラエル選手団の人質殺害事件を基にしていて、今も続いているイスラエルとパレスチナの紛....
54. 「ミュンヘン」  [ ヨーロッパ映画を観よう! ]   2006年02月19日 22:51
「Munich」2005USA スティーヴン・スピルバーグ(シンドラーのリスト/1993)が監督、主演は「トロイ/2004」のエリック・バナ。原作はノンフィクション小説“標的(ターゲット)は11人/モサド暗殺チームの記録”。この事件は世界中で放映され、当時TV で見た記憶がある。バ...
55. 「ミュンヘン」  [ 試写会帰りに ]   2006年02月20日 01:47
中野ZEROホール「ミュンヘン」試写会。 1972・ミュンヘン・オリンピックで11人のアスリートが殺害された。深い悲しみの中、イスラエル政府が下した揃断は報復だった……。史実に基づいた物語。スティーブン・スピルバーグ監督。 スピルバーグ監督の最高傑作と言われている損....
56. ミュンヘン  [ ネタバレ映画館 ]   2006年02月20日 01:48
 また爆弾の量を間違えちゃったよ・・・ってシャレにならないんですけど・・・
57. 『ミュンヘン』  [ flicks review blog II ]   2006年02月20日 01:53
 ミュンヘン・オリンピックというと思い出すのは水泳のマーク・スピッツと日本のバレーボール、それからパレスチナ・ゲリラが選手村で引き起こしたイスラエル選手団の拘束と殺害。??
58. ミュンヘン  [ toe@cinematiclife ]   2006年02月20日 01:53
第78回 アカデミー賞 作品賞、監督賞 ノミネート作品 1972年のミュンヘンオリンピックで実際に起きた事件を元に描かれたこの映画。 その事件は、「オリンピック選手村で11人のイスラエル代表が殺された」というものであり、犯人はパレスチナ人だった。 当時、生まれたばか...
59. 「ミュンヘン」  [ カズアマタノツヅリ ]   2006年02月20日 04:51
スティーブン・スピルバーグの新作映画「ミュンヘン」を見る。 ミュンヘンオリンピックでのイスラエル選手団の 殺人事件という実話が基になっている。
60. 『ミュンヘン』★★★★・91点  [ ヘーゼル・ナッツ☆シネマ カフェ ]   2006年02月20日 10:22
『ミュンヘン』公式サイト 制作年度/国;'05/米 ジャンル;社会派ドラマ               配給;アスミック・エース  上映時間;2時間44分  PG−12 監督;スティーヴン・スピルバーグ 出演;エリック・バナ/ダニエル・クレイグ/ジェフリー・ラッシュ観...
61. ミュンヘン鑑賞  [ *+She Said+* ]   2006年02月20日 20:07
この前『ミュンヘン』を観てきました ストーリー 1972年のオリンピックで11人のアスリートが殺された。 深い哀しみの中、政府がくだした決断は<報復>── この映画は史実に基づいた物語である。 1972年9月5日、ミュンヘン・オリンピック開催中、パレスチナ...
62. ミュンヘン  [ エリ好み★ ]   2006年02月20日 22:54
席がなくて、前から三列目で観たのが悪かったのか、終わる頃にはどんよりでした(-"-;)
63. ミュンヘン  [ がちゃのダンジョン 映画&本 ]   2006年02月21日 09:27
『ミュンヘン』 (2005)MUNICH上映時間164分 製作国アメリカ ジャンルドラマ/サスペンススティーヴン・スピルバーグ監督最新作『MUNICH』1972年9月5日、開催中だったミュンヘン・オリンピックで、パレスチナゲリラ"ブラック・セプテンバー 黒い九月"によ...
64. ミュンヘン  [ みかんのかんづめ ]   2006年02月21日 09:41
分かっているんだけど やめる事は出来ないんだ ?? ストーリー ?? 1972年9月5日、ミュンヘン・オリンピック開催中に、 パレスチナゲリラ“ブラック・セプテンバー 黒い九月”による イスラエル選手団襲撃事件が起こる。 人質となった選手11名は全員死亡...
65. ミュンヘン  [ えいがの感想文 ]   2006年02月21日 09:49
監督: スティーヴン・スピルバーグ 出演: エリック・バナ ほか 「ミュンヘン」 1972年のミュンヘンオリンピックでのパレスチナ・ゲリラによるイスラエル選手11人殺害事件のその後、イスラエル暗殺部隊5人による報復の過程を描く、史実に基づいた作品。 スピルバーグ...
66. ミュンヘン・・・・・・スティーヴン・スピルバーグ  [ ぷち てんてん ]   2006年02月21日 20:54
☆ミュンヘン☆(2005)スティーヴン・スピルバーグ監督エリック・バナ・・・・・・・・・・・・・アヴナーダニエル・クレイグ・・・・・・・・・・・スティーヴ(車両のスペシャリスト)キアラン・ハインズ・・・・・・・・・・・カール(後処理専門)マチュー・カソヴィ...
67. Munich  [ ゴンノブログ ]   2006年02月22日 07:25
Munich ミュンヘンオリンピックでの人質殺害事件とそれにまつわる一連の復讐事件をスピルバーグ監督が映画化した問題作、"Munich"[IMDb](邦題:「ミュンヘン」)を観てきました。 (先日と同じ AMC Aventura 24 での観賞です。) ...
68. 賛否両論 スピルバーグ監督作品 映画「ミュンヘン」  [ bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ ]   2006年02月22日 10:07
賛否両論や宣伝は控えめになど 話題の多いスピルバーグ監督の 「ミュンヘン」ご覧になりましたか? 「宇宙戦争」に続く新作ですが 流れは「シンドラーのリスト」「プライベートライアン」の 歴史の裏に隠されたシリーズです。 作品は2時間44分の  このシリーズ特有の超...
69. ミュンヘン  [ 【極私的】Movie Review ]   2006年02月22日 10:51
原題…MUNICH 監督…スティーブン・スピルバーグ 出演…エリック・バナ/ダニエル・クレイグ/ジェフリー・ラッシュ 極私的満足度…△ 事前勉強が必要だったかも? トリノ冬季五輪を目前に控えたこの時期に封切、なんともグットタイミングというか何というか…オリンピッ...
70. ミュンヘン  [ 映画と本と音楽にあふれた英語塾 ]   2006年02月22日 15:18
新宿ジョイシネマ2 2006年2月9日(木)午後8時からの回 ゴウ先生ランキング: A- 公式サイト: http://munich.jp/ パンフレット: 700円
71. 始まりでも「ミュンヘン」終わりでもない  [ 再出発日記 ]   2006年02月22日 15:21
「ミュンヘン」監督スティーヴン・スピルバーグ出演エリック・バナダニエル・クレイグジェフリー・ラッシュマチュー・カソヴィッツ1972年9月5日、ミュンヘン・オリンピック開催中に、パレスチナゲリラ“ブラック・セプテンバー 黒い九月”によるイスラエル選手団襲撃事件...
72. ミュンヘン  [ メルブロ ]   2006年02月22日 16:12
ミュンヘン 上映時間 2時間44分 監督 スティーブン・スピルバーグ 出演 エリック・バナ ダニエル・クレイグ キアラン・ハインズ マチュー・カソヴィッツ ジェフリー・ラッシュ 評価 8点(10点満点)  「シンドラーのリスト」「プレイベート・ライアン」で....
73. ミュンヘンが最有力候補か  [ Gotz BLOG for LOHAS ]   2006年02月22日 17:51
スティーブン・スピルバーグ監督の新作映画「ミュンヘン」が、第78回米アカデミー賞の最有力候補に挙げられている。しかし、アカデミー賞候補であるにもかかわらず宣伝は控えめだ。普通、映画の公開前には大々的なキャンペーンが行われるものだが、今回は政治的な理由からミ...
74. ミュンヘン・・・試写会にて  [ ESCAPE TO VICTORY ]   2006年02月22日 17:59
上映時間が2時間44分。 CM・予告を含めると3時間近く。 入場前には必ず用を足しましょう。 ラスト30分ぐらいでトイレに立つ人が非常に多かったので。      (さて、ここから映画の中身の話。ネタバレあります) この事件が発生したときは、生まれてい...
75. 「報復」に同調出来ない◆『ミュンヘン』  [ 桂木ユミの「日々の記録とコラムみたいなもの」 ]   2006年02月22日 19:59
2 2月18日(土)TOHOシネマズ名古屋ベイシティにて 1972年9月5日、開催中だったミュンヘン・オリンピックで、パレスチナゲリラ"ブラック・セプテンバー 黒い九月"によるイスラエル選手団襲撃事件が起こった。11人のアスリートが殺された。深い哀しみの中、政府が下した決断...
76. 【映画】ミュンヘン  [ セルロイドの英雄 ]   2006年02月22日 21:47
"Munich" 2005年アメリカ監督)スティーヴン・スピルバーグ出演)エリック・バナ ダニエル・クレイグ キアラン・ハインズ マチュー・カソヴィッツ ハンス・ジシュラー ジェフリー・ラッシュ満足度)★★★☆ (満点は★5つです)シネプレックス幕張にて 1972...
77. これで、真の平和を問う???? 「ミュンヘン」  [ 平気の平左 ]   2006年02月22日 22:02
評価:65点 ミュンヘン ネタバレあり 「宇宙戦争」のときに、コメント欄がすごいことになったので、あまりスピルバーグ作品を批判するのはよそう、と心に固く誓ったんですけど、相性が悪いのかなぁ・・・ 途中までかなりよかったのに、わかりきった主張をわざわざ主...
78. ミュンヘン 早川書房  [ Nobody knows ]   2006年02月22日 22:31
最近、また読書三昧。 ときどき、どっぷり本に浸りたくなるときがあるが、きっと今がそうだ。これは、1972年のミュンヘン・オリンピックの選手村を、パレスチナ・ゲリラ「黒い九月」がイスラエル選手団11人を殺害した事件を元に書かれたノンフィクション作品である。もうす...
79. ■★■「ミュンヘン」を観て〜果てしなき戦い〜(*_*)  [ ■□■UEKO・f★のシネマシティ・&ホットティ ]   2006年02月23日 05:03
「標的は11人ーモサド暗殺チームの記録」イスラエルの秘密情報機関・元暗殺隊長の告白に基づく復讐の記録!映画の参考元になった本ですね!夕べは久しぶりに夫を誘って行って来ました!思っていた以上に長くは感じなかったけど、バッチリ目を開けて観てきましたよ〜〜(爆...
80. ミュンヘン  [ 映画鑑賞★日記・・・ ]   2006年02月23日 21:21
監督:スティーヴン・スピルバーグ製作:スティーヴン・スピルバーグ    キャスリーン・ケネディ    バリー・メンデル    コリン・ウィルソン原作: ジョージ・ジョナス/『標的(ターゲット)は11人 モサド暗殺チームの記録』(新潮文庫刊)出演: エリック・....
81. ミュンヘン  [ T嬢の きまぐれ Live☆Like☆This ]   2006年02月23日 22:57
(ネタばれ注意) スピルバーグ が世界にはなつ衝撃の問題作! ってことで予告編ともども楽しみにしてたわけだけど、実際には良くも悪くも 私の想像とすこしばかり違っていた・・・ いわゆるスピルバーグお得意のエンターテイメント的装飾はほとんどない 観る者はあ....
82. ミュンヘン  [ 映画を観たよ ]   2006年02月24日 10:38
事実って怖い。 イスラエルとパレスチナは授業でこの間ちょこっと習ったんだけどやっぱりそんな浅い知識じゃダメだなぁって思いました。 年代的にこの映画が公開されるまで「ミュンヘン事件」っていうのも知らなかったしパレスチナとかの問題をほんの少しだけ理解したのもご...
83.  『ミュンヘン』  [ моя комната (私の部屋) ]   2006年02月24日 13:14
公開直前の完成披露試写。主演のエリック・バナが来日しており、舞台挨拶もあった(素敵な人だー!)。 『プライベート・ライアン』『シンドラーのリスト』など社会的テーマを扱った作品でも傑作を生み続けるスピルバーグの最新作。実話に基づいた問題作である。 19...
84. ミュンヘン  [ ホームシアター映画日記 ]   2006年03月14日 02:18
●映画の満足度・・・★★★★★★★★☆☆8点 映画の一つの醍醐味として、「知らなかった事実を観ることによって知ることができる」というものがあると思います。 この映画の舞台となった「ミュンヘン事件」より後に生まれた私にとっては、この作品はまさにそれに...
85. ミュンヘン  [ ちつ子の調教シネマCAFE ]   2006年03月19日 15:51
5 エンドロールが流れ始めてもあたし、暫く席を立てなかったわ。 強烈な虚脱感に襲われた、というか茫然と何も考えられない状態のまま出口に向ったのを記憶しているわね。 公開初日に友達と観に行ったのだけれど、シアターを出て数分間はお互い....

コメント一覧

1. Posted by ミチ   2006年02月14日 09:05
こんにちは♪
TBありがとうございました。
PLOの男と踊り場で会話するシーンはとても印象深かったです。
そしてラストで今はなきツインタワーが見える場での会話も。
スピルバーグはスゴイ映画を作ったなぁと思います。
2. Posted by Yin Yan   2006年02月14日 17:34
こんにちは。
すごい力作でしたね。

>「どちらがより強いか」を国際社会で誇示しようとする権力者こそ、本当に戦うべき相手なのでは?

まったくそのとおりですね。
いったいこの争いを長引かせてるのは
誰なんだ?といつも思います。
スピルバーグも言いたかったのかもしれないけど
なかなか作品のなかでは言いづらいのかも
しれませんね。
3. Posted by RYUYA   2006年02月15日 05:27
>ミチさん
階段の踊り場のシーン、この映画の中で一番好きなシーンです。
このシーンが印象的だったと言う人が私以外にもいると知り、嬉しいです。
スピルバーグの映画、私は苦手意識があったのですが、この作品はすごいと思いました。
4. Posted by RYUYA   2006年02月15日 05:38
>Yin Yanさん
パレスチナ、イスラエルの問題を、普遍的なレベルで語ろうと試みていて、力作だと思います。

「ミュンヘン」という映画だけで世界を変えられるとは思いませんし、この作品が全てを余すことなく語ってるとも思いませんが、良い作品だと思います。
5. Posted by たましょく   2006年02月15日 11:17
 TBありがとうございますm(_ _)m

 「罪を憎んで人を憎まず」なんて言葉も
ありますが、やはり彼らは、その罪の重さ
に耐えきれなかったんですね。

 終盤に入ってからのアヴナーの精神が極
限状態になってゆく様は、ただただ手に汗
握ってしまいました。
6. Posted by でんでん   2006年02月16日 06:25
こんにちは。
トラックバックありがとうございます。

ご指摘のシーン、エピソード、同じように共感できる箇所がありました。ボクも久々に本作はスピルバーグの傑作だと思いました。
7. Posted by HiRocky   2006年02月16日 20:49
TBありがとうございます。

この映画が、ただの報復映画で終わらない点として、暗殺者同士の「コミュニケーション」という普段は描かれない素材が含まれている点が大きいと思いますね。でもそれは実際の世界ではありうることなんですよね。指令を出している側はわからない、現場の人にしかわからない、言ってみれば当事者にしかわからない感情を本当に上手に描いていると思います。だからこそこれだけ評価される映画なのだと思います。

これからもこういったすばらしい映画を作り続けていただきたいですね。

こちらからもTBさせていただきますね。
8. Posted by RYUYA   2006年02月16日 21:26
HiRockyさん、初めまして!
HiRockyさんの意見に全く同感です!
私はどうも、「極限状態で対立する者同士、人間的なコミュニケーションによって友情を芽生えさせる」という映画に弱いようです。
「ミュンヘン」の他にも、「JSA」とか。
どちらの映画も、主人公がハッピーエンドを迎えたとはいえないかもしれません。
それこそが作り手の狙いであり、「映画の主人公のかわりに、現実世界の我々が平和を実現させるべきだ」と言いたいのかもしれませんね。
これからもよろしくお願いします♪
9. Posted by ノラネコ   2006年02月16日 22:17
tbありがとうございます。
コミュニケーションこそが抑止力、その通りだと思います。
私は外国で十数年暮しましたが、やっぱり直接喋って初めて相手を人間として見られるっていうのはあると思います。
それまでは漠然としたイメージしかなかった「○○人」が喋ったとたんに「○○さん」になるんですよね。
一人一人が語り合う事、それを全体に広げていく事、これが遠いようで近道の気がします。
10. Posted by 久美   2006年02月17日 00:49
こんばんわ。
RYUYAさんの映画評、「ミュンヘン」も「美しき野獣」も冴え渡っていますね!
どちらもすごく見たいです。「ミュンヘン」もそうですが、「白バラの祈り」やハリウッド映画のジョージ・クルーニー監督作など正義や戦争について描いた力作がたくさん上映されるのは、世界の映画人の良心の現れのように感じます。やっと9・11以来の揺り戻しがきたとほっとする思いです。
また映画を見たら感想を書かせていただきますね。
ユメオさんもお元気ですか?
パソコンが壊れてしまって、すっかりご無沙汰してしまいました。また寒くなったので、お体大切にしてくださいね。
11. Posted by RYUYA   2006年02月17日 23:19
>たましょくさん
コメントありがとうございます。
人を殺してしまったことで、人の命の重さを悟り、その罪の意識と恐怖に押しつぶされたのかもしれませんね。
アヴナーの精神が崩れる様子に、私の心はシンクロしてしまいました。
12. Posted by RYUYA   2006年02月17日 23:47
>でんでんさん
本当によくできた映画でしたね。
コメントありがとうございます^^
13. Posted by RYUYA   2006年02月17日 23:54
>HiRockyさん
コメントありがとうございます^^
暗殺者も暗殺者である前に人間。だとすれば、コミュニケーションによって情をうつしてしまうことは十分にありえますよね。
これからもよろしくお願いします^^
こういう映画、スピルバーグだけでなく、世界中の監督が作ってほしいですね。
14. Posted by RYUYA   2006年02月18日 06:00
>ノラネコさん
貴重な、さらには実体験にもとづく素晴らしいご意見、ありがとうございます!
「一人一人が語り合う事、それを全体に広げていく事、これが遠いようで近道の気がします」って、本当に素晴らしいお言葉ですね!
これからもよろしくお願いします!
15. Posted by RYUYA   2006年02月18日 06:04
>久美さん
パソコンの修理が無事終わったとのことで、私もホッとしました。
9・11の後しばらく、私は正直、ハリウッド映画に失望しかけたのですが、他国を非難するより、自国政府を監視する手段として映画を作り、なおかつ娯楽性や芸術性を高いレベルで調和させる試みが再開したようで、嬉しい限りです。
平和を願う完成度の高い映画が、多くの国相互間で刺激を与え合い、受け合い、私たちを楽しませて、なおかつ考えさせてほしいですね。
16. Posted by 隣の評論家   2006年02月19日 10:04
初めまして、こんにちわ。
「クムジャさん」にTBありがとうございました。他の作品も含め、TB貼らせて頂きました。中でも、この「ミュンヘン」の記事は特に興味深く読ませて頂きました。私の友人は、「この作品は酷過ぎてダメ!」と嫌ってしまっているので。こちらの記事を読んで考え直してもらいたいですわ(笑)。
17. Posted by RYUYA   2006年02月20日 21:19
>隣の評論家さん
初めまして!
そのご友人に私の記事を読ませていただけるなんて、光栄です!
隣の評論家さんのブログも、かなり参考になります♪
特に、『クラッシュ』を観たくなりました。
これからもよろしくお願いします!
18. Posted by がちゃ   2006年02月21日 09:29
こんにちわ♪
TBありがとうございました。
今年は社会派ムービーが多いようですね。
去年など、(まだまだ続くようですが)ファンタジー、アメコミ原作などにそろそろ飽きてきたということでしょうかね。
19. Posted by RYUYA   2006年02月22日 06:02
>がちゃさん
コメント、ありがとうございます。
ファンタジーやアメコミ作品も悪いとは言いませんが、やはり大人は、社会派ムービーを娯楽として楽しみたいですよね。
最近観た日本の社会派秀作映画では、『誘拐』という、渡哲也、永瀬正敏主演のサスペンスを観ました。
日本人的な浪花節と、手に汗握るサスペンスのサジ加減が絶妙な傑作でした。
日本映画界も、本気を出せば、娯楽性と社会的メッセージを融合させた作品、いくらでも作れる底力を秘めてますよね。
これからも、よろしくお願いします!
20. Posted by Ken   2006年02月22日 23:45
こんにちは、TBありがとうございました!
アブナーがパレスチナ側の人間と他愛の無い会話を交わす2つの場面、すごく印象的でしたよね。あの場面によって復讐合戦が無意味に見えてくる、そういう感じがしました。
観た直後は結構疲労したのですが、もう一度観たくなってきました。
21. Posted by ueko・f★   2006年02月23日 05:02
初めまして♪
Tbサンキュ〜〜でした、
>人間的なコミュニケーションを続ければ、いつかはそれが、殺し合いの抑止力になる」

★スピ監督の表現したいことなのかも知れませんね!
いろんな場面で感じることが出来ました!
22. Posted by RYUYA   2006年03月04日 05:01
>Kenさん
レスが遅くなってすみません・・・
理想に燃えるPLOの男とアヴナー、2人の会話のシーンに、「こんなに短く、他愛もないシーンに胸躍らせてるのは、俺だけか?」と不安でした。
が、このシーンが印象に残ったという人も多いことを知り、嬉しいです。
観終わった後、私もかなり疲れたのですが、たしかにもう一度観たくなりますね。
23. Posted by RYUYA   2006年03月04日 05:08
>ueko・f★さん
レスが遅れてしまい、大変失礼しましたm(__)m
スピルバーグが伝えたいメッセージ、私もそれだと思います。
テロと、それに対する報復の政治的背景などに焦点を当てることもできたかもしれません。
あえてそれをしなかったのは、国家の目ではなく、個人の目を通し、人間的なメッセージを浮き彫りにしたかったからだと、私は解釈しています。
こちらこそ、TB、コメント、ありがとうございます!

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
Profile
メルマガもしてます。

「ストーリーの潤い」


松原渓さんの
コラム&ブログ


web sportiva
「素顔の撫子」


for blue


QRコード
QRコード