第71話「捕らわれた遊星」


・捕われた蟹…

#71-1

誘拐を手引きしたオッサンまでだったことに驚いたのは自分だけではあるまい。


・バ、バカな…っ

【遊星のいないところで】

アキ「遊星の身になにかあったら…」
ニート「まったくお前は…遊星のこととなるt」
アキ「なによ!?」
#71-2
ニート「…なんでもない」

【遊星を前にして】
「私にこんな格好をさせて…もし無事に帰れなかったら、タダじゃおかないわよ!?(///)」

#71-3

ツ、ツンデレ…だと……!?


パーティ加入後のダグナー編では、終始遊星クンにベッタリ依存型だったハズのアキが…
わずか半年で上級スキル「ツンデレ」を会得していた…だと……!?

まぁでも。これもある種の精神的成長と捕らえれば…うん。これはこれで。
なんせ、 アッサリ昔の男ディヴァインに寝取られかけるほどに 精神面での脆さがうかがえる娘だったから…ねぇ。


・こうなると、便利な力だよなぁ…

カードのエフェクト実体化って…。

#71-4

…よく考えたら、デュエルディスクとデッキ1つあれば、自給自足で生きていけるんじゃなかろうか。
「ジェノサイドキングサーモン」とか、食材になりそうなモンスターを召喚して…
いや、倒したら粉砕されちゃうからムリか…
残念。

しかしまあ、本体よりもその持ち技「ソーン・ウィップ」の方が有名な「ローズ・テンタクルス」(実際、今週再登場するまでコイツの名前をド忘れしてた;)を選ぶあたり、視聴者にネタを提供してるようにしか思えないんだよなぁ…

【ネタ例1】
ウィップでペシペシ⇒トラックのドアが壊れて蟹が顔を出す「アキ!」⇒遊星にソーン・ウィップ

【ネタ例2】
アキ「私にこんな格好を(ry」⇒蟹「行くぞ!」⇒クラッシュ。(vs鬼柳・1回目)⇒遊星にソーン・ウ(ry
etc...

実際は他に適役がいなかっただけだろうけどさ!


・新キャラキターーーー!!!

遊星クンに勝負を挑む、謎の女Dホイーラー「シェリー・ルブラン」

#71-5

遊星クンをライディングチームに引き抜くべく、誘拐犯の一味を装い現れた彼女。
「停止したら爆発する」なんて、映画「スピード」みたいなブラフをかけてデュエルを強制するあたり、どこかのMと気が合いそうな娘ですが…。

遊星クンを誘拐した輩も、本当の目的は蟹缶ではなく遊星クンの引き抜きでした。
なんかひっぱりだこですね。蟹なのに。(重要なことなので2回ry)


それはともかく、(OPに描かれてる)メット着用時の彼女の姿は、前回の紛らわしい予告と相まってアキにしか見えなかったんですが…。
おかげで、「アキ、ライディングデビューか!?」とか早とちりorz

まあ、今回その兆しはありましたけどね。

#71-6

エモーションてwww


しかし「引き抜き」ねぇ…。
もし彼女のチームメイトが、OPに一緒に写ってたダッサイDホイールに乗ってる青い彼だとすれば…。
この先、チーム分裂の可能性もあるかもしれない。むしろそうしてくれ(マテ

というか…できれば遊星クンとジャックは、もう1回にらみ合って欲しいのですよ…。
遊戯・海馬の初代コンビとこの二人の最大の差は、海馬が終始遊戯への敵意を(程度の差こそあれ)絶やさなかったのに対し、ジャックはもうなんか…ものっそい丸くなっちゃいましたからね…。
いつも行動を共にしているあたりも、ライバルキャラとしてはマイナス…。

ここらでもっかい遊星クンに牙を剥いておかないと、最悪「元」ライバルキャラとして、ヤ○チャクラスの扱いに降格する可能性すらあり得るかもしれない…。
それはさすがにないかw





【シェリーvs遊星】

#71-7

1ターン目 シェリー

シェリー LP 4000 SPC 0
遊星   LP 4000 SPC 0


・「聖騎士の槍持ち」守備表示で召喚! DEF 400 ☆2

・カードを1枚セット




2ターン目 遊星

シェリー LP 4000 SPC 1
遊星   LP 4000 SPC 1


・「スピード・ウォリアー」召喚! ATK 900 ☆2

・「スピード・ウォリアー」の効果発動!
「このカードの召喚に成功したターンのバトルフェイズ時にのみ発動する事ができる。
このカードの元々の攻撃力はバトルフェイズ終了時まで倍になる。」

⇒ 「スピード・ウォリアー」 ATK 900⇒1800

・「スピード・ウォリアー」で「槍持ち」を攻撃!
⇒シェリーの罠「フローラル・シールド」発動!
「相手モンスター1体の攻撃を無効にし、デッキからカードを1枚ドローする」

・カードを3枚セット



3ターン目 シェリー

シェリー LP 4000 SPC 2
遊星   LP 4000 SPC 2


・「花騎士団の駿馬」召喚! ATK 400 ☆3
⇒「駿馬」の効果発動!
「このカードが召喚に成功したとき、デッキからカードを1枚ドローすることができる」

・「Sp−オーバー・ブースト」発動!
「自分のSPCを4つ増やす。発動ターンのエンドフェイズに、SPCを1にする」

シェリー SPC 2⇒6

・「Sp−スピード・フュージョン」発動!
「自分のSPCが4つ以上ある時、融合を行う」

⇒場の「聖騎士の槍持ち」と「花騎士団の駿馬」を融合!
「ケンタウルミナ」特殊召喚! ATK 2200 ☆6

#71-8

・「ケンタウルミナ」で「スピード・ウォリアー」を攻撃!
⇒遊星の罠「くず鉄のかかし」発動!
「相手モンスターの攻撃宣言時に発動する事ができる。
相手モンスター1体の攻撃を無効にする。
発動後このカードは墓地に送らず、そのままセットする。」

⇒「ケンタウルミナ」の効果発動!
「自分のターンに1度、相手の罠の発動と効果を無効にし、そのカードを再びセットさせる」

「スピード・ウォリアー」撃破!

遊星 LP 4000⇒2700

・カードを1枚セット

「Sp−オーバー・ブースト」の効果発動

シェリー SPC 6⇒1




4ターン目 遊星

シェリー LP 4000 SPC 2
遊星   LP 2700 SPC 3


・「ジャンク・シンクロン」召喚! ATK 1300 ☆3
「ジャンク・シンクロン」の効果発動!
「召喚成功時、自分の墓地に存在する☆2以下のモンスター1体を特殊召喚することができる」
⇒「スピード・ウォリアー」特殊召喚!

・☆2の「スピード・ウォリアー」に☆3の「ジャンク・シンクロン」をチューニング!
「集いし星がry」

「ジャンク・ウォリアー」シンクロ召喚! ATK 2300 ☆5
 
・「ジャンク・ウォリアー」で「ケンタウルミナ」を攻撃!
⇒シェリーの罠「フルール・ガード」発動!
「自分の場のモンスター1体を選択して発動。発動ターン、選択されたモンスターは戦闘では破壊されない(ダメージ計算は適用する)」

シェリー LP 4000⇒3900

・カードを1枚セット




5ターン目 シェリー

シェリー LP 3900 SPC 3
遊星   LP 2700 SPC 4


・「フルール・シンクロン」召喚! ATK 400 ☆2

・☆6の「ケンタウルミナ」に☆2の「フルール・シンクロン」をチューニング!
「高速より生れし肉体よ、革命の時は来たれり!勝利を我が手に!!」
⇒「フルール・ド・シュヴァリエ」シンクロ召喚! ATK 2700 ☆8

#71-9

・「フルール・シンクロン」の効果発動!
「このカードがシンクロ召喚の素材として墓地に送られたとき、手札から☆4以下の通常モンスター1体を特殊召喚することができる」
⇒「見習い騎士」特殊召喚! ATK 1000 ☆2

・「シュヴァリエ」で「ジャンク・ウォリアー」を攻撃!
⇒遊星の罠「くず鉄のかかし」発動!
⇒「シュヴァリエ」の効果発動!
「自分と相手のターンに1度、相手の魔法・罠の発動を無効にし、破壊することができる」
⇒「ジャンク・ウォリアー」撃破!

遊星 LP 2700⇒2300

・遊星の罠「奇跡の残照」発動!
「発動ターンに破壊され、墓地に存在する自分のモンスター1体を特殊召喚する」
⇒「ジャンク・ウォリアー」特殊召喚!

・カードを2枚セット

次週へ続く…。




今回登場した、シェリーが使う「花騎士団」デッキ…。
チューナー固定のシンクロモンスター…
下級モンスター特殊召喚のギミック…
なんだか、遊星クンのデッキと似通ってる点が多々見受けられるような。
このご時勢に「融合」なんて使ってくれたのもいいですね。「ケンタウルミナ」かわいいよ「ケンタウルミナ」

ところで、彼女の効果「罠無効&再セット」を見た瞬間、「誤作動マルファンクション」を思い出したのですが…。
公式HPの「ワンポイントレッスン」を見てみると、「ケンタウルミナ」に踏み踏みされた罠カードは、そのターンは発動できない…となってます。
まあ「くず鉄のかかし」然り、「セットしたターンには発動不可」という、基本ルールからは逃れられないワケですね。

がしかし、「誤作動」の方は「再セットされたカードは同一タ−ンに発動可能」になってるんですよ…。
ヒドくね?わざわざ「500ポイントもライフを払って」ですよ?

…まぁいいや…。

話は変わって…
「花騎士団」なる名前からして「女性騎士団」って感じですが…そうすると「見習い騎士」も女性型モンスターなんですかね?
#71-10
ずいぶんと声低かったけど。