デッキ集

2010年11月28日

スーパーヒーロータイム

先週記事に書いてたスーパーヒーロータイムなデッキを公開します。

〜クリーチャー 〜
光牙忍ハヤブサマル×2
ピース・ルピア×3
雷鳴の守護者ミストリエス×1
コッコルピア×4
ピアラ・ハート×2
ショーブ・アイニー×2
ボルシャック・NEX×2
爆竜トルネードシヴァXX×2
翔竜提督ザークピッチ×2

〜進化クリーチャー〜
神羅ライジング・NEX×2
超竜サンバースト・NEX×1
凰翔竜機バルキリー・ルピア×4

〜呪文〜
超次元シャイニー・ホール×3
炎晶バクレツ弾×1
超次元ボルシャック・ホール×2
超次元ムシャ・ホール×1
地獄スクラッパー×2
雷撃と火炎の城塞×2

〜城〜
セイント・キャッスル×2

〜超次元ゾーン〜
時空の雷龍チャクラ×1
時空の精圧ドラヴィタ×1
時空の剣士アクア・カトラス×1
時空の魔陣オーフレイム×1
時空の火焔ボルシャック・ドラゴン×1
時空の若武者ボルメテウス・若武者・ドラゴン×1
時空の翼マスター・ルピア×1
時空の嵐ストームXX×1


元はライジングNEXが使いたくて組んだつもりが、超次元が絡み出してこのようなデッキに・・・。
動かし方としては普通にコッコからスタートで超次元でサイキックorボルシャック・NEXからの展開といった形になります。まぁウルトラNEXの発展形のような構築ですね。
あと展開してたら普通にドラヴィタの覚醒が狙えます(笑。
デッキの主役は複数いるので、どいつを主役にして戦っていくのかを考えるのも面白いです。
構築の方もウルトラNEXとムービーデッキで大体そろうので、スーパーヒーロータイムを味わってみたい方はぜひお試しください。また、リエスはエンドラパッピーとかでも代用が効きます。このデッキではチャクラは空気ですww。

それではこの辺で。



ryuzen012 at 01:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年08月21日

白入りムサシ

今回の記事は今更ながらヴァルキリアス・ムサシを使ったデッキのご紹介です。
あと前回のデッキ記事とは少し書き方を変えてみました。

『神速剣舞』

戦極竜ヴァルキリアス・ムサシ×2
ボルバルザーク・紫電・ドラゴン×2
バザガベルグ・疾風・ドラゴン×1
ポッポ・弥太郎・パッピー×4
闘龍鬼ジャック・ライドウ×1
地獄スクラッパー×2

大冒犬ヤッタルワン×3
青銅の鎧(ブロンズ・アーム・トライブ)×3
カブラ・カターブラ×1
斬雪妖精バケット・バケット×2
口寄の化身(シャーマン・トーテム)×1
緑神龍ドルルガン・ムラサメ×2
薩摩の超人(サイゴウ・ジャイアント)×1
ナチュラル・トラップ×2
ハッスル・キャッスル×2

光牙忍ハヤブサマル×2
武力の使徒ウコン×4
雷鳴の守護者ミスト・リエス×1

武装竜鬼ボルグゲンパク×2
無頼聖者スカイソード×2


出たときに手札から2体のサムライをコスト踏み倒して場に出すヴァルキリアス・ムサシですが、普通のサムライで使おうとするとムサシを出す前に勝負がついた、なんていう局面も多くあります。
というわけで思い切ってサムライのクロスギアギミックをばっさり切り捨て、水の代わりに光を入れてマナソース風に仕上げてみました。
ドローソースにはハッスル・ミスト・口寄の3種を使い、小型クリーチャーを展開しながら手札を補充していくという方式を取りました。こちらの方が手札にサムライ2体をキープしつつ出さないといけないムサシを使う上では相性がいいと考えました。そしてハンデスへの対抗策としては、ムラサメ+ゲンパクの間接的な回収で補ってます。
また、光を入れた理由の中にはウコンの存在があります。低コスト・ブロッカー・ムサシの種という利点があり、クロスギアをクロスしないとプレイヤーを攻撃できないとありますが、このデッキでシールドを割り始めるのは総じてムサシが出てからであり、それまではクリーチャーを殴るだけで十分なのでこれはあまり気になりません。
ムサシは扱うのは難しいですが、紫電2体を同時に踏み倒すとギャラリー受けもいいと思いますし、何より2体分のコスト踏み倒したときの爽快感があります。私はそれに嵌って30弾発売当初からこれを崩さず残してます。
皆さんも派手なコスト踏み倒しを味わいたいときは是非ムサシを使ってみてくださいw(マテ
以上で終わります。それではこの辺で。

ryuzen012 at 00:26|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2009年07月28日

赤青ヒューマノイド

このカテゴリ、ほとんど死滅しかけてましたが、すごく久々のデッキ記事となります。
今回は前の開放倉庫の大会で使用した赤青ヒューマノイドをご紹介します。

『赤青ヒューマノイド』
3 x 機神装甲ヴァルボーグ
3 x 機神装甲ヴァルディオス
3 x 不死身男爵ボーグ
3 x 炎舌実況DJ・ショー
4 x 爆裂B-BOY
2 x 烈光戦士イザノミヒート
2 x 獅子幻獣砲
3 x クゥリャン
2 x 斬隠テンサイ・ジャニット
1 x コーライル
3 x アクア・サーファー
1 x クリスタル・アックス
1 x 超電磁マクスウェルZ(ゼット)
3 x スパイラル・ゲート
4 x 海底鬼面城
2 x 猛菌剣兵チックチック


青単やヴァルディビートもいいですが、ヒューマノイドも中々いいですよw。
ヴァルボーグが32+1で再録されたということで作ってみました。といってもデッキに使っているのは全てコロコロのプロモ版ですが・・・。
あと32弾のB-BOYからすぐ繋げれるということもありヴァルディオスもセットで投入しました。結構忘れられがちなヴァルディオスですが、ジャニットで戻されない・他のヒューマノイドをパンプアップできるなど結構役に立ちます。ヴァルボーグとヴァルディオスの枚数配分は今後変えていくかもしれませんが・・・。
まず序盤は青単等と同じように鬼面城をセットし、ショーやヴァルボーグなどで攻撃を仕掛けていくといった感じです。青単よりは速度落ちしますが、その分はパワーでカバーします。エンフォーサーは幻獣砲で破壊し、長期戦にはアックスとマクスウェルZも使って対応していきます。
最初は赤単で行くつもりでしたが、デッキのスペースが結構余ったので思いきって青を投入し、この形になりました。ちなみにチックチックはキングで止まらない用のクリーチャーです(笑。
一応こいつからマクスウェルへの進化も出来ますが・・・。
今後のデッキ記事もこのような感じで進めていこうと思います。
それではこの辺で。



ryuzen012 at 23:00|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

2008年11月15日

ギャラクシーマスターの使用デッキ

随分と遅れましたが、ギャラクシーマスター関西大会の使用デッキのレシピを書きます。

【青黒赤緑ロマノフサイン】
クリーチャー 21枚
・ダンディ・ナスオ×4
・アクア・スーパーエメラル×1
・青銅の鎧(ブロンズアーム・ドライブ)×4
・鎧亜の咆哮キリュー・ジルヴェス×1
・アクア・サーファー×2
・斬隠蒼頭龍バイケン×1
・呪紋の化身(カース・トーテム)×1
・黒神龍グールジェネレイド×2
・魔龍バベルギヌス×1
・魔刻の斬将オルゼキア×1
・邪眼皇ロマノフ祇ぁ滷
呪文 19枚
・エマージェンシー・タイフーン×3
・フェアリー・ライフ×2
・母なる大地×1
・サイバー・ブレイン×1
・インフェルノ・サイン×4
・魔弾ロマノフ・ストライク×1
・デーモン・ハンド×2
・ソウル・アドバンテージ×2
・憎悪と怒りの獄門(エターナル・ゲート)×1
・地獄スクラッパー×2

以前は火が無かったのですが、どうも速攻に弱い気がしたのでエターナルゲートと地獄スクラッパーなどを搭載してみました。シールド操作用にスーパーエメラルを1枚搭載。パワー2000なのでブロッカーとしての機能は薄いです。仕込むことが目的ですのでその後はアタッカーに使用したりします。
グールの枚数は色々迷った結果、最低限の2枚まで絞りました。3色だった頃は3〜4枚積めてましたが・・・・。
長い間調整を繰り返してきたデッキだったので、決勝行けただけでも十分な成果を残せた、と思います。
改良したいところは、ドローソースの強化と、ヘヴィメタル型にするか否か、ということです。デスはスペース上積めるかどうかは微妙なところですが・・・・。
さて深夜更新でしたが、今日はこの辺で。

ryuzen012 at 01:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)