【ヒューストン時事】米航空宇宙局(NASA)は9日午後(日本時間10日午前)、山崎直子さん(39)の宇宙滞在が1日延び、計14日間のミッションになると発表した。具体的な帰還時刻は決まっていない。
 NASAによると、山崎さんが乗り組んだスペースシャトル「ディスカバリー」は打ち上げ後、地上管制センターとの高速通信などに使う「Kuバンドアンテナ」の故障が判明。機体点検のデータを国際宇宙ステーション(ISS)から送信する必要が生じ、シャトル分離が予定より遅れるため乗員の滞在期間が延びるという。 

日本の高校生「授業・宿題以外勉強しない」 米中韓に比べ突出(産経新聞)
<桜自慢>1位は青森、2位奈良、3位京都…気象会社調査(毎日新聞)
4年前の強盗容疑で2人逮捕(産経新聞)
6カ月長男虐待の父「ベッドから落ちた」 妻らに言い訳(産経新聞)
桜 造幣局の「通り抜け」始まる 見物客1500人 大阪(毎日新聞)