永住外国人への地方選挙権付与に反対する「一万人大会」(呼びかけ人=評論家の佐々淳行氏ら)が17日、東京都の日本武道館で開かれ、与野党議員が参院選を前に反対の姿勢をアピールした。

 国民新党代表の亀井静香金融・郵政担当相は「拒否権を発動しているから(選挙権付与法案は)成立しない」と与党の立場を強調したが、持論の郵政改革に言及すると会場から「関係ないだろ」とヤジが相次ぐ一幕も。

 みんなの党の渡辺喜美代表は「日本は外国人でも日本国籍を取れば首相になれる開かれた国だ」と指摘し喝采(かっさい)を浴びた。平沼赳夫たちあがれ日本代表は「命がけで頑張る」と訴え、自民党の大島理森幹事長も「断固反対」を唱えた。

 一方、民主党の松原仁衆院議員も反対を表明したが、小沢一郎幹事長ら党幹部が付与に積極的なため、会場は「小沢に言え」などのヤジの嵐に。連合傘下の労組で民主党支持のUIゼンセン同盟幹部も壇上で反対を明言した。

【関連ニュース】
全国知事会議:外国人への地方選挙権付与 賛否表明見送り
山岡国対委員長:外国人選挙権法案は今秋以降に先送り
連立政権:社民、国民新両党 存在感出すも支持率伸び悩み
インタビュー:渡邉美樹に聞く:民主党政権に望むことは「信」(1/2ページ)
ファイル:内政・外交・安保 知事会、外国人選挙権の賛否見送る

火山噴火 関空ローマ便が出発便再開へ(毎日新聞)
橋下知事「大阪市長を政治的に徹底的に攻撃する」(産経新聞)
みんなの党、参院選目標10議席以上(読売新聞)
被災地での支援マニュアルを作成-全国ホームヘルパー協議会(医療介護CBニュース)
裁判所批判の阿久根市長 「この件については答えない」(J-CASTニュース)