January 04, 2012

2011-2012

96時間
Mr.&Mrs. スミス
ハンナ
サヨナライツカ
第9地区
500日のサマー
近距離恋愛
インディ・ジョーンズ 最後の聖戦



ガキ、SATC

手当り次第。初めても二度目も。
サヨナライツカの直後に第9地区を観て余韻が台無しになった。
それでいいのだと思う。

s03987ay at 02:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日々。 

July 05, 2011

Since

I haven't been here for a while, things has been changed. As I got personnel transfer from a branch to a dept at HQ office, now I'm working at Tokyo. These days some pictures comes up to my mind any time day or night. Not sure because of this season, summer, or just my age.
Anyway, picturing the desolate sea, cows with starry sky, the night train, ruins, coconut, flying balloon, undersea swimming, old tea house, red dress, grand bazaar, mosques, ferry, and so many things  splendent, I always dream my life in somewhere wonderland. I think I missed something.

s03987ay at 23:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

July 02, 2009

アナザーワールド パラレルワールド

視点を変えるだけで変わる世界。
とても仕事が手につかず、ハーゲンダッツをつまむ平日の午前中。


s03987ay at 11:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日々。 

June 29, 2009

オファー殺到

とはいえこの夏は映画をつくることにします。
身に余る光栄。


s03987ay at 00:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日々。 

June 02, 2009

課題図書

(当然渋谷の書店は前日と言わず前々日と言わず確認済みなわけだが)
五反田のすべての書店を回り、電話をかけ、
まんきつでオンラインストアを探しまくった結果、ようやく八重洲ブックセンターで注文することができた。

やると言ったらやらなければならないのである。



s03987ay at 22:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

May 06, 2009

葉の下の神

帰札。飲んで。飲まれて。

s03987ay at 23:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日々。 

March 23, 2009

都会の縁

孤独もあれば縁もある。
近所のカフェに通って3ヶ月、
ついに親知らずを抜きました。

こんなにもあたたかい縁が存在しているとは。


s03987ay at 23:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日々。 

January 12, 2009

都会の孤独

それは、まんきつで一人夜を明かすとき。
寮がオートロックなんかであるばかりに。しかも管理人が全く機能していないがばかりに。そして友達がほとんどいないがばかりに。
様々な要因が絡まりあって、私は今五反田のまんきつにいる。
この都会のジャングルで一夜を明かさなければならないかと思うと、先ほどまで楽しく酒を飲んでいたことがまるで嘘のようだ。
いっそ、今このときが虚構であればよいのにと思う。



s03987ay at 00:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

January 08, 2009

不幸

不況である。
折からの金融危機の煽りを受けて私が勤務する会社も一段と労務管理に気を遣い、入社一、二年目などは有無を言わさず定時退社である。
さてそうするとクリーニング屋とツタヤと薬局に寄っても18:30には家に着くわけで、かねてより通っているカフェバーにて四時間ほど過ごしてしまうわけである。バイトでもしたほうがよほど経済合理的だ。

ともあれ、そのようにして本日は「ためらいもイエス」を読みつつだいぶいい具合いに酒がまわったわけだが、諸々の事情が重なり合って本日思い至ったことは、不幸と豊かさということである。
ああなんとありきたりなテーマだろうかしかし今日の私にはこれについて考えることが課せられていたようだ。



s03987ay at 00:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日々。 

December 28, 2008

怖い

価値の算定
無価値を知ること

s03987ay at 02:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日々。 

December 15, 2008

次の町まで君はどんな歌をうたうの?

映画 きょうのできごと が大好きなので柴崎友香もチェックしているわけだが、最近五反田のカフェに行きつけているのでこの週末は「フルタイムライフ」と二本立て。
柴崎作品としては、きょうのできごと以来最も好感の持てる作品。
やはり、視点が適度に第三者的であること、登場人物とのほどよい距離感、があったほうがじんわり染みて柴崎的で良い。気がする。
次の街まで
きょうのできごと
ショートカット

今のところ順番はこんな感じ。

s03987ay at 23:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日々。 

December 06, 2008

近況

仕事はパッツンパッツン プライベートはきゅうきゅう そして風邪。サタデーナイト24。

s03987ay at 22:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日々。 

November 24, 2008

備忘録

春の日のクマ バタフライ・エフェクト 大奥 迷子の警察音楽隊 秒速5センチメートル カジノ・ロワイヤル ジャンパー ディスタービア バンテージ・ポイント テイキング・ライブス 28日後

s03987ay at 00:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画。 

彼が二度愛したS

アイズ・ワイド・シャットのが全然いい。 いずれにしても、中途半端かな。

s03987ay at 00:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画。 

11月24日、午前0時

ホワイトハウスを見ていたら、何やら外が騒がしい。 バカな学生が騒いでおる、と思ってテレビを消した。 バースデーソングの合唱が聞こえてきた。 バカな学生かもしれないが、こんな風に祝ってもらえるその人は幸せだ。 誕生日おめでとう。 でもそのあとのSAY YESは余計だ。

s03987ay at 00:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日々。 

July 16, 2008

I am regend

驚くほどつまらん

s03987ay at 21:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画。 

July 14, 2008

AKIRA

そらあんなもんアメリカ人が見たら度肝ぬかすわな

s03987ay at 17:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画。 

June 08, 2008

土曜の夜

休みの日は何してるのと問われて引き込もっていると答えるのが最早おさだまりの問答になっているが、しかしやはりあえて言うならば、土曜の夜は家にいるべきである。 なぜと言えばこと東京という大都会ともなればその抱える人口も大したもので、土曜の夜ともなるとその大量の人口の大半を占めるアホどもが光に群がる蟲がごとく都心に大量発生するからである。 その大量のアホの中でアホな事由に巻き込まれることのないよう常に警戒網を敷きながら緊張状態の中移動、宴席に際しても帰路の安全を自ら担保できるだけの状態を維持しつつ臨まねばならず更に終電間際の駅などに於いては最早治外法権、何が起こっても文句は言えぬのである。恐ろしや。そしてそんなアホを尻目に自らもそのアホの一部であるとの認識を強要される恐ろしさ、煩わしさ。 これが藤沢ならいざ知らず五反田ですら怪しいもので渋谷新宿となるとそれはもう神は死んだとなるがごとく、そういう諸々で土曜の夜は自宅に引き込もるべきなのである。

s03987ay at 00:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日々。 

June 04, 2008

ディスクロージャー

観る必要なし。

s03987ay at 23:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画。 

スキヤキ・ウェスタン・ジャンゴ

これほど興味を惹かれたのは恐らく「パンク侍、斬られて候」を読んだ直後だからであろうというのは容易に説明が着くが、それにしてもこんなにもバカバカしいのに何かを語り得ることができるのはさすが映画の成せる業である。

s03987ay at 23:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 映画。