同系列のブログを探しているならこちら(にほんブログ村)
ストライクウィッチーズ 第1話「魔法少女」の感想です。ということで、7月開始のアニメの感想第1弾はストライクウィッチーズから。

ストライクウィッチーズ 限定版 第1巻
角川エンタテインメント [監督] 高村和宏, [俳優] 福圓美里, [俳優] 千葉紗子, etc.
50分/DVD
発売日:2008-09-26
価格:¥ 6,224 [24%off]

あらすじ


なぞの物体ネウロイに襲われるようになった世界、人類は「ストライカーユニット」を作って対抗していた。そして、それらを使用する舞台を「ストライクウィッチーズ」と呼んだ。

そんな世界、主人公の宮藤芳佳(みやふじよしか)は強力な魔法の資質を持ちながらも、父親を亡くしたことから戦争を毛嫌いしていた。そんな中、その資質を求めてウィッチの坂本が勧誘に来る。それと同時に、なくなったと思っていた父親と坂本が一緒に移っている手紙が送られてくる……

父親の手がかりをつかむため、坂本がいる軍とともに行動することに。

見所


「パンツじゃないから恥ずかしくないもん」というキャッチフレーズまでありますが、どうみてもパンツです、ありがとうございました。何かとお知り付近がアップになりがち(見所?)。

初回ということもあり、戦闘シーンは気合が入ってました。機銃を掃射しながら飛行とか、カッコイイ。

名言


「学業生成期は中の中。運動も中の中。特技は……料理か」
主人公の芳佳のプロフィール。まあ、普通の女の子ってことですね。

「戦争だけは絶対しませんから!」
芳佳の口癖。普通にこういうセリフを言うくらい戦争が嫌いな芳佳。

「だが、わたしたちは鳥にあらず。青空を書ける魔女、ストライカーウィッチーズ」
徽章にも魔女の箒の柄が使われていますが、そういうコンセプトの様子。まあ、魔法がある世界ですから。

「ペリーヌは減ったら困るから脱いだら駄目だよー」
「ペッタンコのくせにー」
貧乳をネタにされるペリーヌさん。

感想


とりあえずオープニングが大ヒット。いい曲ですね! これはCDを買ってしまいそうです。

空を飛べる技術まで開発したのに、使っている武器は結構現代風だったり。と思いましたが、多分弾丸とかがすごいんでしょう、と自己補完。

ストライカーユニットをつけるとネコミミとシッポが生えたのには笑いました。そうか、あれはれっきとした軍事装備なのか。

かなり展開が速く感じましたが、まあ1クールなら仕方がないでしょうか。ついていけないことはないですが、ちょっと強引に感じるところが残念。

気を張り詰めて見ないでよさそうなので、まったり見ていこうと思います。キャラデザも好みなので。

次回は「私にできること

↓はお気に入りのオープニングテーマ。
TVアニメ ストライクウィッチーズ オープニングテーマ「STRIKE WITCHES」エンディングテーマ「ブックマーク ア・ヘッド」
Columbia Music Entertainment,inc.( C)(M) [アーティスト] 石田燿子(オープニング・テーマ)
発売日:2008-08-20
価格:¥ 1,260