同系列のブログを探しているならこちら(にほんブログ村)
コードギアス 反逆のルルーシュR2 第15話「Cの世界」の感想です。

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume01 (Blu-ray Disc)
バンダイビジュアル [監督] 谷口悟朗, [俳優] 福山 潤, [俳優] 水島大宙, etc.
60分/Blu-ray
発売日:2008-08-22
価格:¥ 3,234 [23%off]

あらすじ


V.V.との戦いの最中、いきなり別の場所へと飛ばされたルルーシュ。そこでルルーシュはシャルルと対峙する。そして、ルルーシュがそこで見たものとは。

見所


シャルルとルルーシュのやり取り。

そして、ついに明かされるC.C.の過去と彼女の本当の願い。そして、その後の展開も見逃せません。

名言


「俺は……あいつのようには!」
リフレインを使ってカレンを従わせようとしたスザク。しかし、それではゼロと同じ行為だと分かり葛藤し、自ら注射器を捨てる。

「だって、僕はお兄さんだから」
V.V.も思ったよりも健気なキャラだったようで。

「王道で来るがいい。王の力を知りたいのであれば!」
ついにV.V.のコードを奪ったシャルル。もう貫禄どころの話じゃありません。

「わが願いは死ぬこと。わたしの存在が永遠に終わることだ」
明かされるC.C.の願い。死ねない人間の唯一の望み。

「そ、総督は……私です」
イレブンに不利にならない政治をしようと頑張るナナリー。健気です。最後には笑って終わってほしいキャラクターNo.1です。

「そんな顔で死ぬな、最後くらい笑って死ね。必ず俺が笑わせてやる、だから」
ルルーシュかっこいい。

感想


シャルルがパワーアップ! と思っていたらそんな事が些細な事に思えるくらいの展開の速さと密度でした。C.C.の過去も明らかになり一気に加速。

そして、C.C.との関係が進むと思った瞬間ラストの落とし方。常にこっちが思っていること裏切ってくる脚本に完敗……いや乾杯状態です。

ニーナが開発した新しい兵器(?)フレイヤとかもさりげなく紹介。今後の展開が気になって仕方ありません。

次回は「超合集国決議第壱號

↓は新オープニングテーマです。
WORLD END
KRE(SME)(M) [アーティスト] FLOW
CD
発売日:2008-08-13
価格:¥ 1,223