同系列のブログを探しているならこちら(にほんブログ村)
マクロスF 第16話「ランカ・アタック」の感想です。

DVD&Blu-Ray1巻は今日発売!

マクロスF(フロンティア) 1 (Blu-ray Disc)
バンダイビジュアル [監督] 総監督:河森正治/監督:菊地康仁, [俳優] 中村悠一, [俳優] 遠藤 綾, etc.
82分/Blu-ray
発売日:2008-07-25
価格:¥ 3,881 [22%off]
マクロスF(フロンティア) 1(DVD)

あらすじ


S.M.Sのオーナーと会うアルト。そして、グレイスとブレラはランカの担当として付き添うことに。そして、ついにランカも戦場に出ることに。

見所


ついにランカが戦場へ。歌で戦うマクロスの本領発揮(?)です。そして、逆に立場が危うくなっていくシェリルの切なさもなかなか。

あと、エンディングテーマが変わりました。

名言


「びっくりしてるね。デカルチャーって顔してるね」
オーナーのナイス名言。

「シンデレラの久々のお目見えだ」
完全に超時空シンデレラとなったランカ。学校への送り迎えも車と豪華になりました。

「サイボーグ相手に喧嘩売るのは、絶好調の少尉さんでもさすがにやり過ぎでしたか」
ブレラに取り押さえられるアルト。さすがにサイボーグは強かった。

「それは、極秘事項だ」
なぜ歌を知っていたのか尋ねたランカへのブレラの答え。禁則事項ってやつですね。

「へぇ、心配してくれたんだ」
シェリルは本当にいいお姉さんキャラ。ツンデレにもほどがある……

「ヤック・デカルチャー」
ランカの歌がバジュラに有効だと分かった瞬間のクランの言葉。やっぱりゼントラーディ。

「前にも言ったはずだ、お前はあの子に相応しくない。ランカは、オレが守る」
ブレラのセリフ。一体、彼と彼女の間には何があるんでしょうか。非常に気になります。

感想


ブレラ少佐って、すげーなブレラ。ついにランカも戦場に出て……。逆に自分のお株を奪われていくシェリルは切ないものがありますね。これからどうなるのか、気になります。

ランカの歌にホールド波。そして、オーナーが語るホールド断層をなくして宇宙を一つにしたいという願い。もしかしてラストは……とかんぐってしまいます。オーナーがつけていた指輪とシェリルのイヤリングについている石。確か以前にあの石から断層を超えて歌が聞こえてきて……。あの石がキーアイテムなのは間違いなさそうです。

結局ブレラの謎は一つも明かされず。一体何者? いつ明かされるのか気になります。

そして、今回からの新エンディングテーマがなかなかカッコイイです。今までのスローテンポのものも良かったですが、今回のもかなり良い。菅野よう子氏の本領発揮な感じです。発売が待ち遠しいです。

次回は「グッバイ・シスター

マクロスF(フロンティア) 2(blu-ray Disc)
バンダイビジュアル [監督] 総監督:河森正治/監督:菊地康仁, [俳優] 中村悠一, [俳優] 遠藤 綾, etc.
95分/Blu-ray
発売日:2008-09-26
価格:¥ 5,586 [24%off]
マクロスF(フロンティア) 2(DVD)