同系列のブログを探しているならこちら(にほんブログ村)
魔法遣いに大切なこと〜夏のソラ 第6話「友達」の感想です。

魔法遣いに大切なこと6話

あらすじ


前の研修のこともあってちょっと落ち込むソラ。午前中のみの研修ということで、午後からは友達と一緒に遊びにいくことに。そこで、一人の女の子と出会うが……

見所


友人たちとのまったりな休日。流れるやさしい雰囲気がいい感じです。

名言


「でも、魔法に対する考えやセンスがあるって聞いてるよ」
個人的にお気に入りの山下先生。さりげない言葉が温かい先生です。

「鈴木は、笑顔がいいのにな」
さりげない豪太。そんなセリフ言ってると勘違いされちゃいますぞ。

「ドッキドッキ、縄文土器〜」
ひよりのセリフ。そのギャグはいろんな意味でひどい……。でも、そういうキャラは好きです。

「依頼がなくても魔法を使わなきゃいけないときってあるんじゃないかって」
法律で制限されているので判断がなかなか難しい問題ですね。やらなきゃいけない時、ってのはありそうですが。

「大丈夫、私は魔法遣いだよ。仲直りの魔法、ちゃんとかけておいたからね」
優しいソラ。多分ウソなんでしょうが、ウソも方便ですよね。

感想


何かこのアニメって、時間の流れがゆっくりというか、独特な雰囲気を持ってますね。ゆったりというか、優しい感じ。もちろん、当初話題になった背景のせいではないと思います。

その背景にももう慣れてきて、あまり注目しないようになりました。やっぱり慣れってすごいものです。

ひよりが拝んでいたお地蔵さんって、DMC(デトロイトメタルシティ)のCMで根岸が歌ってるところですよね、多分。

次回は「岐路

↓DVDの予約も始まってます。
魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~ 1(初回限定版)
ジェネオン エンタテインメント [監督] 小林治, [俳優] 花澤香菜, [俳優] 前野智昭, etc.
48分/DVD
発売日:2008-10-24
価格:¥ 4,549 [23%off]