同系列のブログを探しているならこちら(にほんブログ村)
コードギアス 反逆のルルーシュR2 第20話「皇帝失格」の感想です。

コードギアスR220話

あらすじ


アーカーシャの剣を起動するべく動く皇帝シャルル。一方、黒の騎士団を追走するアーニャ。しかし、C.C.に近づくと様子が変わり……。そして、政治に興味を抱かないシャルルに対してシュナイゼルがとった行動とは。

見所


シャルルの狙い、そしてアーニャの謎も明らかに。

単独の身になったルルーシュの行動にも注目です。

名言


「お前ぐらいだな、この私をいつも引っ掻き回そうとするのは」
C.C.のアーニャに対する言葉。アーニャもギアスを持っていて……、いろいろと明らかになってきました。

「だがもう遅い、戦争という名のゲームはおしまいよ」
すでに国事には興味のないシャルル。そこまでして皇帝が求めるアーカーシャの剣とは……

「これまでの自分は甘かった。結果より手段といいながら、自分が大事にしていたのは理想や美学だったのではないかと」
「人を殺めるというのが自分の業ならば、ジノ、僕はこれを認めよう。必要なのは、結果だ」
ナイト・オブ・ワンになるために、いろいろと吹っ切れたスザク。すべては中からブリタニアを変えるために……

「この剣に、ルルーシュとナナリーの絶望も込めさせていただきます」
シャルルに対するスザクの言葉。いろいろと明らかになってきて、スザクの行動もわかりやすくなってきました。

「さあ、俺とともに永遠の懺悔に苦しむがいい」
思考空間内に自分もろともシャルルを閉じ込めたルルーシュ。この後の勝機はあるのか……

感想


まずはアーニャの謎がひとつ明らかに。C.C.も復活。これを知ったときのルルーシュの反応が楽しみです。

一方で着々と準備を進めるシャルル。ラストでルルーシュが現れましたが、それとは別としてアーカーシャの剣、そしてラグナレクがいったい何なのか、気になります。

アーニャと出ていくときに「せめてあれだけは」といつもの人形を持ち出すC.C.はちょっとかわいかったです。

シャーリー亡き今、とりあえず僕のお気に入りのアーニャに動きがあったので、ちょっとうれしかったり。後はジノがどう動くのか、シャルルに与したナイト・オブ・ワン、ビスマルクと彼のギアス、そして皇帝への即位を決断したシュナイゼルがどう動くのかが気になります。

次回は「ラグナレクの接続

コードギアス 反逆のルルーシュ R2 volume02 (Blu-ray Disc)
バンダイビジュアル [監督] 谷口悟朗, [俳優] 福山潤, [俳優] 水島大宙, etc.
75分/Blu-ray
発売日:2008-09-26
価格:¥ 5,586 [24%off]

↓はオープニングテーマです。
WORLD END
KRE(SME)(M) [アーティスト] FLOW
CD
発売日:2008-08-13
価格:¥ 1,223