あららニッキ

本や漫画や映画アニメを紹介していきます。基本ネタバレありですのでお気をつけ下さい

作品名:や行

ゆるめいつ(1) / saxyun

分割前はこちら→twitter つぶやきまとめ 〜2009-09-03

「ゆるめいつ」僕にはゆるすぎました #
よければクリックお願いします→rankbanner

よつばと(8) / あずまきよひこ :感想

あずまきよひこ「よつばと」8巻の感想です。

よつばと! 8 (8) (電撃コミックス)
アスキー・メディアワークス [著] あずま きよひこ
コミック
発売日:2008-08-27
価格:¥ 630
続きを読む
よければクリックお願いします→rankbanner

よつばと(7) / あずまきよひこ

よつばとの7巻です。

簡単に漫画を紹介すると
子供「よつば」と愉快な仲間たちが繰り広げる日常を題材にした漫画です。

今回も、糸電話を作ったり、牧場に行ったりと
よつばにとってのワクワクが満載です。
もちろん読んでるこっちもワクワクしてるんですが……
新キャラ「しまうー」も登場。
もちろん、いつものキャラたちも登場です。
個人的に好きなヤンダも、もちろん出てます!

読むたびに「子供の頃ってこうだったよなー」と思います。
まさに子供心に溢れた作品です。
よつばの表情がまた良い!
漫画を読んだことが無い人にも胸を張って勧めることが出来る漫画だと思います。

  • あずま きよひこ
  • 定価 : ¥ 630
  • 発売日 : 2007/09/27
  • 出版社/メーカー : メディアワークス
  • おすすめ度 : (43 reviews)
    懐かしくとてもいい
    やっぱり面白い☆
    もはや円熟
    印象に残らない作品
    日常の大切さ
よければクリックお願いします→rankbanner

夜桜四重奏(3) / ヤスダスズヒト

大分と間が開いてしまいましたが、
取りあえず「夜桜四重奏(ヨザクラカルテット)」の3巻です。

簡単に漫画を紹介すると
人間離れした運動能力をもつ16歳の町長「槍桜ヒメ」と
「比泉生活相談事務所」の愉快な面々
(唯一普通な人「比泉秋名」、
 人の心が読める妖怪「サトリ」の少女「アオ」、
 そして言霊使いの「五十音ことは」)が街を守ったりするお話です。
と、1巻の紹介をそのままコピぺ。
詳しくは1巻の記事2巻の記事を。

この巻では、秋名の秘密である「お役目」について、や
霊桜「七郷」について、
ヒメのマフラーの秘密などが明かされていきます。

そして、襲ってくる町長選候補相手との戦いが
なんとも熱い!
力を合わせながら戦っていくところなど、見ものです。
個人的にはことはの
「あたしの名は『言霊使い』。
 あたしが『当たる』と言ったら
 絶対に、当たる!!」
のセリフが格好よかったです。

ヒメのマフラー周りの話なんかは、普通にいい話。
ただ、もったいないのがその他のエピソード。
若干、急ぎすぎている感じもしました。
例えば、ヒメが実は○○だった(ネタバレなので一応伏せます)
という話だと、それ以前にそうではない、ということに
余り触れておらず、しかもそう重要ではない話題だったので
実は○○!! と言われてもこちらに○○ではないことが当たり前
という下地が作られていないので、驚きが半減。
龍槍周りも同様で、読者側に下地が出来切っていない状態での展開
なので、いい話なんだけど共感がイマイチ、という
ちょっともったいない感じがしました。

その点、マフラーは1巻の最初からヒメのトレードマークとして
出ているので、それについてのエピソードは
見慣れているものの種明かし、という点ですごく良かったです。

個人的には獅堂さんの強さが気になる今日この頃。
本気を出したらどうなるんだ???
気になる点はありますがキャラクターたちがいい味を出しているので
多分、次も買う気がします。

  • ヤスダ スズヒト
  • 定価 : ¥ 560
  • 発売日 : 2007/09/21
  • 出版社/メーカー : 講談社
  • おすすめ度 : (5 reviews)
    アオの耳をホニホニしたい……
    じっくりあせらず
    おもしろくなってきたぞ
    ここからが本番!!
    キタァー
よければクリックお願いします→rankbanner

夜桜四重奏(2) / ヤスダスズヒト

5f1d2d6d.jpg

今日紹介するのはヤスダスズヒト氏の「夜桜四重奏(ヨザクラカルテット)」です。
No.1ツンヘココミックだとか。

簡単に漫画を紹介すると
人間離れした運動能力をもつ16歳の町長「槍桜ヒメ」と
「比泉生活相談事務所」の愉快な面々
(唯一普通な人「比泉秋名」、
 人の心が読める妖怪「サトリ」の少女「アオ」、
 そして言霊を使える「五十音ことは」)が街を守ったりするお話です。
と、1巻の紹介をそのままコピぺ。
1巻のときの記事はこちら

今回は1巻で言及されなかった世界観周りが次第に明らかになっていきます。
なぜ、桜新町にはいろいろな妖怪・鬼などが普通に生活しているのか。
超一般人の秋名の謎。
そして、霊桜と呼ばれている「七郷」とは何なのか?

また、新キャラとして恭助の妹の桃華が登場。
区長さんとかもでてきます。
鈴ちゃんの名札の謎なども明らかに。
やはりこの漫画のキャラクターは個人的に大好きです。
ヒメのツンヘコが一番ですが。

1巻がキャラクターの説明の巻だとすれば
今回の2巻は世界の説明の巻になっています。
そして、この巻の最後からいよいよ話が動き出します。
続きが楽しみです。

この作品のページ(Amazon)
よければクリックお願いします→rankbanner

よつばと(6) / あずまきよひこ

fcd16b5d.jpg

よつばとも気がつけば6巻。
今回もすばらしい。

ということで、簡単にこの漫画を紹介すると
元気の申し子「よつば」と周りの楽しい仲間たちが繰り広げる
ハートフルな漫画です。

今回は前回の続き。
季節は夏の終わり。
リサイクルしてみたり、自転車に乗ってみたり、学校に行ってみたり、
本棚を作ってみたり、とよつばも大忙し。
自転車を手に入れさらにパワーアップ。
天敵ヤンダも登場。

個人的に今回の当たりはジャンボの台詞
「めんどくせえから面白いんじゃねーか」
あと、風香が副会長ということも判明し、僕の中でのポイントはさらにアップ。
風香かわいい。

しっかりと怒るとーちゃんも素敵。
いい大人がたくさんいる漫画は素敵です。

大人から子供まで楽しめる、いい漫画です。
童心に返れます(というほど僕は年を取っていませんが)。

この作品のページ(Amazon)
よければクリックお願いします→rankbanner

ユリア100式(2) / 萩尾ノブト 原田重光

ec3cde53.jpg

ということで「ユリア100式」の二巻です。

この漫画を簡単に紹介すると
秋葉歩博士によって作られた汎用人型ダッチワイフのユリア100式が
まじめな学生、久保瞬介によって拾われ
てんやわんやでちょっとエッチな日常を送る、という内容です。

今回は最新式ラブドールの「ユリア105式」が登場。
いろいろな点で100式に勝る(?)105式もまた瞬介を狙ってきます。

その他、遊園地に行ったり地元に帰ったり
許婚のまりあの実家に行ったりとイベントは盛りだくさん。
そのたびにいろいろと問題を起こしていきます。

一巻ほどのインパクトはなくなってしまいましたが
軽いノリでちょっとエッチなギャグ漫画を楽しみたい人には
いい漫画だと思います。

ユリア100式(1)
この作品のページ(Amazon)
よければクリックお願いします→rankbanner

夜桜四重奏(1) / ヤスダスズヒト

523a4e11.jpg

というわけで久々の紹介はこの漫画。
ヤスダスズヒト氏の「夜桜四重奏(ヨザクラカルテット)」です。
ヤスダスズヒト氏のことはイラストレータとして知っていましたが
初連載ということもあり、個人的には期待していた作品です。

内容は人間離れした運動能力をもつ16歳の町長「槍桜ヒメ」と
「比泉生活相談事務所」の愉快な面々
(唯一普通な人「比泉秋名」、
 人の心が読める妖怪「サトリ」の少女「アオ」、
 そして言霊を使える「五十音ことは」)
が街を守ったりするお話です。
まあ、始まったばかりなのでこの巻では書くキャラの紹介エピソードのような話がほとんどでした。

絵は大好きなので見ているだけで幸せ気分なのですが
やはり初連載ということもあってかコマのなかでの動きなどが若干分かりにくい部分がチラホラ。
また、説明不足なのかヒメの行動に疑問を抱いてしまうところも。
特にヒメが怒る場面に多く、「何でこんなに怒って(キレて)るんだ?」と置いてきぼり感を抱くことも多少ありました。
まあ、ヒメの「普段は厳しく、そして何かあるとメソメソ」なキャラは可愛いんですが……(ヤスダ氏曰く「ツンヘコ」だとか)

街には「七郷」といわれる7本の霊桜とやらがあったり、
アオや恭介など普通に妖怪がいたり、
「七郷」から「堕ちる」という現象がおきてものが凶暴化したり、
アオのお兄さん周りの話、などなど
いろいろと隠された過去や設定が話の端々に見えているので、
今後それらがどういう風に展開していくかが非常に楽しみです。
各キャラもいわくつきの過去を持っているようですし……

各話の間にあるキャラ設定もファンにはうれしいサービス。

とりあえず、奥が深い設定が生きてくるであろう次の巻に期待です。

この作品をAmazonで購入する
よければクリックお願いします→rankbanner

ユリア100式(1) / 萩尾ノブト 原田重光

3b8a08dc.jpg

エロい、可愛い、そして面白い。
上記の三つを満たした漫画こそ、この作品「ユリア100式」。
ということで紹介を。

秋葉博士に作られた、汎用人型ダッチワイフ「ユリア100式」。
その機能とは、初めて挿入されたペニスをインプリンティングし、
その人専用のダッチワイフとなること。
B88W52H86。
しかし、プログラムにミスがあり、起動した瞬間脱走。

たまたま通りがかった大学生「久保瞬介」に拾われ、一緒に生活することに。
平和な日常を送るかと思いきや、そこは汎用人型「ダッチワイフ」。
いろいろな性能(機能)により、毎日はエロエロな方向に。
そんな可愛いユリアの暴走気味のラブコメ(?)です。

ユリア自身は気がついていない「エロい」ボケと
まじめな大学生の瞬介のつっこみ、というかたちです。

定期的にはさまれる「ユリア100式マニュアル」が面白い。
テンポもよく、気軽に読めるタイプの漫画です。
それにしても、あれだけ誘惑されても頑なに拒み続ける瞬介は男ですな。
僕ならコロっといってしまいそうです。

とりあえず2巻は2006年の秋発売予定、と書かれているので
楽しみに次の巻を待ちたいと思います。

この作品をAmazonで購入する
よければクリックお願いします→rankbanner

よつばと!(5) / あずまきよひこ

comic_yotubato5

待ちに待った「よつばと」の5巻。
季節は夏の終わり、よつばと仲間たちの楽しい日々が描かれています。
流行の萌えとかはありませんが、元気いっぱいのよつばを見ているだけで元気が出てきます。
前の巻までは名前しか出てこなかった「ヤンダ」も登場。
大人も子供も一緒になって楽しめる、漫画です。
個人的にはヤンダ登場の回の扉絵の風香の絵がお気に入り。
よければクリックお願いします→rankbanner
サイトについて

漫画やアニメの感想を淡々と書いていくブログです。TB、コメント、リンクはお気軽にどうぞ。

トップページへ


◆リンク・相互リンクについて
◆サイト&プロフィール
◆おすすめ作品

↓ランキング参加中にほんブログ村 アニメブログへ
↑クリックで応援お願いします

また、その他連絡の際は「s0iあっとlivedoor.com」までお願いします。送信の際は「あっと」を@に変換してください。

記事検索
人気ページ
月別ログ
リンク
アニメ感想系(順不同)

相互リンク
片思いリンク
漫画感想系
情報サイト
応援中
人気映画
人気アニメ
人気コミック
人気ホビー
人気ゲーム
読んだものとか
ブログパーツ
  • ライブドアブログ