あららニッキ

本や漫画や映画アニメを紹介していきます。基本ネタバレありですのでお気をつけ下さい

アニメ

映画感想「百日紅〜MISS HOKUSAI〜」 原恵一


sarusuberi_1_poster_large

公開中の映画、「百日紅〜Miss HOKUSAI〜」を観てきたのでその感想です。公開中作品なのでネタバレはありません。
映画公式サイト→映画「百日紅〜Miss HOKUSAI〜」公式サイト ※音が出ます

監督:原恵一
原作:杉浦日向子「百日紅」
続きを読む
よければクリックお願いします→rankbanner

アニメ感想:涼宮ハルヒの消失 / 石原立也、武本康弘

劇場アニメ「涼宮ハルヒの消失」の感想です。ネタバレありなので気になる人は見ないようお願いします。また、基本的には見た人用の感想です。

続きを読む
よければクリックお願いします→rankbanner

アニメ感想:とある科学の超電磁砲 第18話「あすなろ園」

とある科学の超電磁砲第18話「あすなろ園」の感想です。超久しぶりの感想記事です。

あらすじ


寮則を破るたびに、寮監から厳しい罰則(体罰付き)を受けている美琴たち。いい加減、我慢の限界だという黒子は、腹いせとばかり、とある事件の調査に乗り出すことに。美琴を巻き込み、目指した先は第13学区の児童養護施設・あすなろ園。「置き去り(チャイルドエラー)」で学園都市に置き去りにされた身寄りのない子どもたちを集め、保護している施設だった。調査を進めようとするふたりだったが、偶然、ボランティア活動であすなろ園を訪れていた初春と佐天に巻き込まれて、子供たちの相手をすることに。そんな中、美琴は木山とのやり取りを思い出してしまい……。(公式サイトより)


名言


「名前はマルコですわ!」
黒子のセリフ。言葉遣いは上品なのに、ピザ好き=イタリア人という安直な発想をするあたりも可愛い。

「愛の結晶って、なんか嫌らしいですね」
佐天さんのセリフ。意外とませてるのか?

「これだから彼女いない歴=年齢の男は困るんですのよ」
黒子のセリフ。

個人的に良かった場面


冒頭ファミレスで会話している黒子と美琴のところで、黒子が空になったグラスの氷をストローでガツガツ。そのはずみで氷がグラスから飛び出して美琴のほうへ行き、それで黒子から美琴にカットが繋がるところ。

他、卵を落としたところを焦って必死に取るところや、「もらったー!」と心の中でフルスイングするあたりの寮監の反応周りの早いテンポでちょこっとコメディチックな味をさらっと入れるあたり。

「苦節29年〜」のところで狙ったように入るピアノ曲

見合い相手(予想)の場面で早々に「マルコ」とあだ名を付けてしまうところ。次から「お見合相手」と言わずに「マルコ」と短くまとめられる。

個人的突っ込みどころ


モノレール乗ってくのにその前にピザ買ったら冷めちゃうだろ……。そして、モノレールの車内にはピザの匂いが充満……。冷凍なのか!?

感想


固法先輩、鉄装に続いて寮監のお話。サブキャラの話が続きます。オリジナルの話らしいので、設定をヘタにいじれないメインキャラは話を作りにくいのですが、サブキャラなどは最悪設定あとづけしてしまっても構わないのでいじりやすいんですね、わかります。

強い女性の弱い面、というのはやはり魅力的。親近感UPです。

それにしても、今回は全く能力を使わない話でした。さらにいえば学園都市でなくてもいい話。別に東京でも話がなりたっちゃいます。

そして、メインは黒子と寮監。美琴の出る幕はほとんどありませんでした。主役っぽかったのはチャイルドエラー周りの回想のあたりくらいでしょうか? 頑張れ美琴。美琴自身、どちらかというと自分から動くのは不良を成敗するくらいなので、動かしにくいのでしょうか? 黒子や佐天さんをとっかかりにしたほうが話は作りやすそうに感じます。

というか、もうちょっと美琴を魅力的に描いてもいいのに。サブキャラばかり人気が上がっていく気が……

そろそろ能力VS能力、という学園都市ならではの展開を見たいものです。

TVアニメ「とある科学の超電磁砲」新OPテーマ::LEVEL5-Judgelight-
fripSide
ジェネオン・ユニバーサル (2010-02-17)
売り上げランキング: 23

よければクリックお願いします→rankbanner

アニメ感想:マイマイ新子と千年の魔法 / 片渕須直

ということで余り話題になっていませんが見に行ってきました。→公式サイト

感想は……素晴らしい!

小学三年生の新子(青木新子)と島津貴伊子(しまづきいこ)が中心となった子どもたちの話なんですが、描きかたが非常にうまい。いわゆる「子どもたちの王国」が瑞々しく描かれています。こんなに瑞々しい子どもたちの世界を見たのはジブリの「となりのトトロ」以来かもしれません。

個人的にはあらすじなどの前情報なしで見に行って欲しい作品です。いろいろな出来事によって喜怒哀楽と感情を動かす子どもたちを見てあげて下さい。

個人的にすごいと思ったのは千年前のお姫様の父親が和歌を詠むシーン。ぶっちゃけ和歌を詠む姿なんてニュースでやってる歌会始めの姿しかしらず、「何かかしこまっていて昔の人達はなんでこんなことやってたんだろう?」と違和感があったのですが、この映画では非常に楽しそうに「娯楽、嗜み」として和歌を詠んでいる。和歌を楽しむとはこういう事なんだなあ、というのを初めて知った気がします。

ラスト付近で懐中電灯を照らしながら二人して走っていく新子と貴伊子の姿は本当に希望に満ちみちていて、こちらも嬉しくなってしまいました。

短所を言うのであれば音楽の使い方がちょっと単調だったところくらいでしょうか。あとは、ちょっと最初から新子が飛ばし過ぎたかなぁ、といった感じ。

「マクロスF」「東のエデン」など深夜枠からの劇場版や「カール爺さん」「クリスマス・キャロル」と大物も沢山公開されていて話題にはなりにくい状態ですが、これを読んだ方には是非選択肢の一つに入れて欲しい作品です。

そういえば監督が演出補として参加した「魔女の宅急便」のネタも少し入ってました。

何はともあれ、ノスタルジーという言葉だけ片付けてしまうのは勿体無い非常にいい作品でした。

マイマイ新子 (新潮文庫)
高樹 のぶ子
新潮社
売り上げランキング: 117336

マイマイ新子と千年の魔法 オリジナル・サウンドトラック
サントラ Minako“mooki”Obata 紫織 杉並児童合唱団
CRESCENTE (2009-11-05)
売り上げランキング: 7287
よければクリックお願いします→rankbanner

アニメ感想:君に届け 第1話「プロローグ」

  • 08:06  「君に届け」風早がいいやつ過ぎる! これは惚れてしまう。っていうか爽子も普通にかわいいじゃん。周りの男子は何を見てるんだ!!!  #


  • という感じで始まった「君に届け」。とりあえず、デフォルメキャラになったりと想像していたよりもコメディタッチでテンポもよく、非常に楽しめました。

    背景の影の色が単純に黒で塗りつぶすのでなく色を置いていて非常にきれい。淡い背景にハイライトのないベタ塗りに近いキャラクターが乗っているのは、いい意味でキャラが浮いて見えていい感じ。

    風早がすごいいいやつだけど、やっぱりこの作品が人気なのは、何だかんだいって、爽子が勇気を出して素直に行動するところだと思う。

    とりあえず良作になりそうな予感です。

    • 椎名 軽穂
    • 定価 : ¥ 420
    • 発売日 : 2009/09/11
    • 出版社/メーカー : 集英社
    • おすすめ度 : (16 reviews)
    よければクリックお願いします→rankbanner

    アニメ感想:とある科学の超電磁砲 第2話「炎天下の作業には水分補給が必須ですのよ」

    オープニングで背景の建物として真四角のCGが並んでいるところを見ると必ず気になってしまう。現代っ子は気にならないのかなあ

    エロス!


    ロリ美琴かわいい!

    というか、よく考えたら水泳部員だからって何で水着で出てくるんだ?プールは掃除中だから陸で練習中だったのか? そんな格好でうろつくなんて……けしからん!

    全体を通してとてもテンポがよくて楽しかった。個人的にアクションシーンよりもこういった日常劇のほうがJ.Cはうまい気がする。それにしてもこのアニメは本当に黒子のおかげでもってるようなもんだな。本当に主役を引き立てるいいキャラだ

    エンディングの2色背景はなんかシャフトもどきっぽく感じてしまう。efのエンディングのイメージがあるなあ

    という感じです。とりあえず黒子のエロストークが冴え渡りました。もうそのままどこまでも暴走&妄想していってほしいものです。それにしても、瞬間的に下着を取るとかなかなか素晴らしいテクニックを持っている。MVPがあるとしたら今週は黒子に間違いないでしょう。

    アップテンポなオープニングの歌が本編のイメージにあっていて耳に残ります。ふとしたところで口ずさんでしまいそう。

    よければクリックお願いします→rankbanner

    アニメ感想:夏のあらし! 春夏冬中 第1話「夏休み」

  • 23:34  こんなに文字が読みにくいオープニングは初めてだw  #

  • 23:43  デジタル時計の裏側からのアングルって新しいな  #

  • 23:49  ちょ、揉み過ぎ! &実写w  #

  • 23:50  「ボートに乗らないか、ホイホイ」 あべさん何やってんすか!  #

  • 23:59  うむ、面白かった。やっぱり同じスタッフ人だけあって所々efっぽいカットとかあるけど。これなら1クール安心して見られそうだ。  #


  • という感じで始まった「夏のあらし!」の第二期。といっても自分は一期を数話しか見ていないのでついていけるか心配だったのですが、けっこういける感じ。キャラクターが増えていたりしますが、そこは華麗に「そういうもんだ」と割り切ってしまえば普通についていけます。

    差し込む光による独特のフレーミングも健在で味があります。個人的に主人公の性格があまり好きではなかったりするのですが、小夜子がかわいいのでそっちでカバー。

    よければクリックお願いします→rankbanner

    アニメ感想:生徒会の一存 第1話「駄弁る生徒会」

    せい☆ぞん

    「初めての……美少女ゲー」


    つうか、男子の制服のデザインがすごすぎる

    すごいな、まるで漫才のようにボケとツッコミの連続だ……

    攻略wiki更新とかw

    つうか、ちゃんと協力に竜騎士07とか入ってるのかww

    「生徒会の一存」1話。とりあえず原作は知らないけど、すごい勢いのボケ&パロディ。とりあえず方向性がしっかりしている分下手なアニメよりは面白い。あとはこの勢いがどこまで続いていくかだけ。

    パロディって賞味期限が短いけど、まあ流れ星のごとく華麗に燃え尽きてくれることを祈って。とりあえずアカちゃんがかわいすぎるので見続けます。

    よければクリックお願いします→rankbanner

    アニメ感想:とある科学の超電磁砲 第1話「電撃使い(エレクトロマスター)」

    最先端科学なのに人を追うのにあんなにキーボード打たないといけないのか。ちょっと違和感

    モブが反応するとか細かいつくりで気合入ってるなあ

    「とある科学の超電磁砲」1話。なかなかクオリティが高くて好印象。これは見続けるしかない。ラノベ的なお約束展開はちょっと鼻につきますが。黒子のテレポート杭打ちが意外にかっこいい。

    決めのアクション周り、コインとか道路がえぐれていくところとかなぜCGにした。ああいう見せ場は嘘パースをかませて迫力優先にしても全く問題ないのに。GAINAXなら確実にやってるな。

    とりあえず美琴がカワイイ。

    よければクリックお願いします→rankbanner

    アニメ感想:天体戦士サンレッド FIGHT.27

    サンレッドきた!

    ウェザースリーのオープニング、めちゃくちゃヒーローものだなあ。このパロディのクオリティは高すぎる!

    ウサコッツ相変わらずかわいいな。ピーちゃんは相変わらずぶっ飛んでるぜ

    元を正せば、かよこの金である!!!!


    相変わらずいいテンポ。というか15分だと本当にあっという間だ

    • 定価 : ¥ 2,289
    • 発売日 : 2009/08/21
    • 出版社/メーカー : 新紀元社
    • おすすめ度 : (2 reviews)

    よければクリックお願いします→rankbanner
    サイトについて

    漫画やアニメの感想を淡々と書いていくブログです。TB、コメント、リンクはお気軽にどうぞ。

    トップページへ


    ◆リンク・相互リンクについて
    ◆サイト&プロフィール
    ◆おすすめ作品

    ↓ランキング参加中にほんブログ村 アニメブログへ
    ↑クリックで応援お願いします

    また、その他連絡の際は「s0iあっとlivedoor.com」までお願いします。送信の際は「あっと」を@に変換してください。

    記事検索
    人気ページ
    月別ログ
    リンク
    アニメ感想系(順不同)

    相互リンク
    片思いリンク
    漫画感想系
    情報サイト
    応援中
    人気映画
    人気アニメ
    人気コミック
    人気ホビー
    人気ゲーム
    読んだものとか
    ブログパーツ
    • ライブドアブログ