取り調べの状況を一部録画したDVDが、名古屋地裁で3月に開かれる裁判員裁判で証拠として採用されたことが13日、関係者への取材で分かった。裁判員裁判で録画DVDが証拠採用されたのは全国初という。
 DVDが採用されたのは、住居侵入と強盗致傷罪に問われた韓国籍の高炳石被告(32)の公判。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
元同僚を刺殺、160万円奪う=タクシー運転手を逮捕
量刑データ、主文に誤りも=入力ミス新たに19件
郵便局に強盗、男逃走=「金出せ」とメモ
同僚から現金奪い監禁=容疑でホスト3人逮捕

<水俣病>最大患者会が和解協議へ…救済策実現に前進(毎日新聞)
鳥取連続不審死、同居男が殺害関与を示唆(読売新聞)
陸山会の土地購入、小沢氏自身が融資書類に署名(読売新聞)
<天下り法人>新制度移行審査を停止 蓄財「持ち逃げ」防ぐ(毎日新聞)
<事故>国道凍結で衝突 23歳男性が死亡 岐阜・下呂(毎日新聞)