医療や福祉、ITなど今後の雇用拡大が期待できる「新規成長分野」を中心とした就職面接会が2月下旬から3月上旬にかけ、東京、大阪、愛知で開かれる。

 就職面接会は厚生労働省が開くもので、一般求職者、公共職業訓練の修了(予定)者、緊急人材育成支援事業での訓練の修了(予定)者、新規学卒者を対象とする。医療法人や社会福祉法人などが求人に参加し、東京で71社、大阪と愛知では120社を予定している。募集職種例は、看護師、介護職員など。
 東京は今月22日、大阪は3月1日、愛知は3月4日に開催する。
 参加費は無料で、事前申し込みも不要。
 詳しくは厚労省のホームページで。


【関連記事】
医療・介護などの規制改革へ向け分科会新設―行政刷新会議
医療・介護で新規雇用約280万人―政府が新成長戦略の基本方針
厚労省内で開催の介護就職相談会に538人
政府が緊急経済対策を閣議決定
医療・介護は「新たな成長産業」―民主マニフェスト確定版

四国電力 伊方原発3号機 MOX燃料取り付け作業始める(毎日新聞)
危険運転致死で同乗者逮捕=4人目ブラジル人出頭-名古屋ひき逃げ・愛知県警(時事通信)
医薬品行政の「現場の生の声」、アンケート結果を公表―厚労省検討委(医療介護CBニュース)
産廃投棄、メーカー課長も逮捕=無許可業者に依頼容疑-福岡など3県警(時事通信)
祝日法改正案、今国会にも提出 ○○地方のGW、あれ!?来週だった(産経新聞)