山口大学の不正経理問題で、同大は27日、教員の懲戒処分などを審議する教育研究評議会を開き、研究費を流用してパソコンやデジタルカメラなど約1億3000万円分を不正に購入したとして、大学院理工学研究科教授の解雇を決定した。
 また、業者に資金をプールする「預け」という手口で不正に研究費をためて、別の研究の消耗品購入に充てていたとして、元医学部長の大学院医学系研究科教授を停職1カ月とした。
 大学の調査によると、理工学研究科の教授は2004年9月から09年12月にかけて、光学機器商社から、発光ダイオードなどを購入したように装い、実際には869点のパソコンやデジタルカメラなど約1億3000万円分を購入していた。購入品の一部約2000万円分について私的流用を認めている。 

【関連ニュース】
新任教員の免職取り消し確定=京都市の上告退ける
採点に女子学生同席、満点に=担当講師を懲戒免職
わいせつ教員176人=過半数は教え子被害-08年度
小学校教員を起訴猶予=飛び込みで女児大けが

<2人死傷>車がバイク2台に追突…殺人容疑などで男を逮捕(毎日新聞)
強盗致傷を窃盗と傷害=適用罪名変更、裁判員判決-さいたま地裁(時事通信)
<原発作業被ばく訴訟>原告の敗訴が確定 最高裁が上告棄却(毎日新聞)
首相動静(2月23日)(時事通信)
郵政民営化で解雇不当訴訟の請求棄却 大阪地裁(産経新聞)